サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ポイント増量キャンペーン ~4/15

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2023/03/28
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:15cm/275p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-901094-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

僕たちは昨日まで死んでいた (キャラ文庫)

著者 中原一也 (著),笠井あゆみ (イラスト)

絶望に囚われ、死に執着する人間が放つ不吉な甘い香り――交通事故で兄を亡くして以来、「死の匂い」を嗅ぎ取れるようになった月島(つき しま)。「死」を漂わせる人間とは極力関わ...

もっと見る

僕たちは昨日まで死んでいた (キャラ文庫)

税込 748 6pt

僕たちは昨日まで死んでいた

税込 748 6pt

僕たちは昨日まで死んでいた

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 17.4MB
Android EPUB 17.4MB
Win EPUB 17.4MB
Mac EPUB 17.4MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

絶望に囚われ、死に執着する人間が放つ不吉な甘い香り――交通事故で兄を亡くして以来、「死の匂い」を嗅ぎ取れるようになった月島(つき しま)。「死」を漂わせる人間とは極力関わりたくない…。そう思っていた矢先、経営する飲食店の改装工事で、若い職人の佐埜(さ の)と邂逅!! 精悍で鍛えられた肉体は生命力そのものなのに、なぜかあの匂いを纏っている!? 警戒する月島だけれど、工事後も客として店に現れて!?【商品解説】

死の匂いを感じ取れる男と、生を手放して生きる男の、運命的な邂逅の果て──!!【本の内容】

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

再生のヒントをくれた一冊

2024/04/08 13:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mface - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公2人の生い立ちの辛さに胸を打たれ涙がにじみました。
そレを乗り越えていく中で二人の心根を変えていく流れの中に散りばめられた言葉に感動。
自分も頑張れば、今のつまらない人生を変えられそうな気がしています。
心持ちが変われば再生できる!!
出会えてよかった一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

うまいこと中和

2023/10/09 06:44

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KoLe - この投稿者のレビュー一覧を見る

筋は暗い、それぞれ引きずってるものが重くて暗いのに、折り紙とおにぎりというほんわかアイテムで相殺されているのがすごいなと思います。読んでて気持ちが沈んでも、おにぎりの具と折り紙の形を想像してすぐ浮かんできます。
ゲイだのストレートだのを明確にしてない設定が新鮮でした。出会ってなるようになってそこに性別が関係していないというのが素敵だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まさにタイトル通りの話

2023/06/16 06:48

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やじやじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレあり

特殊能力を持っているりくが主人公の話ではあるが
内容はファンタジーではなくシリアス
他人の「死」の香りがわかるりく
そして「死」の香りをさせている左官の佐埜
二人が出会い、交流を持つのだが、
二人とも抱えているものが人の死にかかわるもので重い。
「出会うまで、二人は生きていなかった」
の言葉通りなのだ。

栗原は人として壊れている存在。
(モラハラだし!)
そんな栗原が壊していくりくの抱えている秘密
こいつが元凶ではあるのだが、
いなければ再生できなかったのではとは思います。
でも世の中の害悪ですので、今後が怖いかなと。

その後のりくの母親の状況はちょっとご都合主義的でもやもやもするのです。
そう簡単にはとか思うのですけれどね。
そして、母親のしたことも酷いですけれど、
実はそれを支えていた父親が本当は一番酷いのではと思うのです。
気持ちはわからないでもないですけれど。
こんなに簡単に治る方向へ行くならば、
最初に父親がなんとかできたのでは?ともやっとした気持ちになりました。

りくがおにぎり屋だということもしっくりくる。
(おにぎりは日本のソウルフードだ)
彼の手で握るおにぎりを食べてみたいなぁと。
そして佐埜がつくる折り紙の世界はりく同様涙しました。
(りくが涙するのに涙したというのが正しいか)

昨日まで生きていなかった二人の物語
作者さんの読ませる力はさすがと思わせてくれた作品です。

☆4.5

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2023/06/21 11:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。