サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ポイント増量キャンペーン ~4/15

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発売日:2023/04/07
  • 出版社: フレーベル館
  • サイズ:20cm/331p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:978-4-577-05186-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

きみの話を聞かせてくれよ (フレーベル館文学の森)

著者 村上 雅郁 (作),カシワイ (絵)

吹き抜ける風が心をゆらす。ぼくらは自分のままでいたいだけ。そうあるように、ありたいだけ−。新船中学校を舞台に、生徒たちのもやもやとした気持ちや、ずっと抱えてきた秘密を描い...

もっと見る

きみの話を聞かせてくれよ (フレーベル館文学の森)

税込 1,694 15pt

きみの話を聞かせてくれよ

税込 1,694 15pt

きみの話を聞かせてくれよ

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 5.5MB
Android EPUB 5.5MB
Win EPUB 5.5MB
Mac EPUB 5.5MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

吹き抜ける風が心をゆらす。ぼくらは自分のままでいたいだけ。そうあるように、ありたいだけ−。新船中学校を舞台に、生徒たちのもやもやとした気持ちや、ずっと抱えてきた秘密を描いた7つの短編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

吹き抜ける風が心をゆらす——
ぼくらは自分のままでいたいだけ。そうあるように、ありたいだけ。

7つの短編が連作に。
軽やかに、でもたしかに、
心に響く『ぼくら』の話。

episode1 シロクマを描いて
親友・早緑(さみどり)とけんかして以来ひとりぼっちの六花(りっか)。放課後、スケッチをする彼女の前に現れたのは……。

episode2 タルトタタンの作り方
お菓子作りが趣味の虎之助(とらのすけ)。ある日、見知らぬ先輩に「タルトタタンは作れるか」とたずねられ……。

episode3 ぼくらのポリリズム
吹奏楽部のパーカス、夏帆(かほ)。元気のない後輩・湊(みなと)を保健室に連れていくと、そこにはおなじクラスの男子がいて……。

episode4 いたずら男子の計画は
テストも終わって浮かれる葵生(あおい)。親友の悠磨(ゆうま)と颯太(そうた)の3人で、「中2らしいいたずら」の計画を考えるが……。

episode5 ヘラクレイトスの川
受験勉強に励む3年生の正樹(まさき)。ずっと心配していた不登校気味の妹・梢恵(こずえ)が、不思議なことを言いだして……。

episode6 ウサギは羽ばたく
新船中のカリスマ・羽紗(うさ)。記憶の古傷に向きなおり、かつての友人・玲衣(れい)と話をするため向かった体育館の裏で……。

episode7 くろノラの物語
異動を控えた養護教諭の三澄(みすみ)先生。保健室をたずねてきたひとりの男子と話すうちに、昔のことを思いだし……。【商品解説】

目次

  • episode1 シロクマを描いて
  • episode2 タルトタタンの作り方
  • episode3 ぼくらのポリリズム
  • episode4 いたずら男子の計画は
  • episode5 ヘラクレイトスの川
  • episode6 ウサギは羽ばたく
  • episode7 くろノラの物語

収録作品一覧

シロクマを描いて 9−54
タルトタタンの作り方 55−100
ぼくらのポリリズム 101−145

著者紹介

村上 雅郁

略歴
〈村上雅郁〉「あの子の秘密」でフレーベル館ものがたり新人賞大賞、児童文芸新人賞、「りぼんちゃん」で高校生が選ぶ掛川文学賞を受賞。他の著書に「キャンドル」がある。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

『きみの話を聞かせてくれよ』

2023/04/11 20:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:百書繚乱 - この投稿者のレビュー一覧を見る

親友と仲違いして教室にも部活にも居場所がない六花(りっか)

趣味のケーキ作りをひけめに感じている虎之助

友だちと楽しんだいたずらに傷ついた葵生(あおい)……

白い観音様の見える新船中学校を舞台に紡がれる7つの物語

《軽やかに、でもたしかに、心に響く『ぼくら』の話。》──帯の紹介文

『あの子の秘密』(2019年)でデビュー、同作で第49回児童文芸新人賞(2020年)

『キャンドル』(2020年)、『りぼんちゃん』(2021年)と、子どもたちの心をがっちりつかまえた若手作家、20か月ぶりの最新作、2023年4月刊

深いテーマが重くならないのは
悩みを抱える中学生たちに読者が自分ごととして寄り添えるのは
著書ならではのユーモアとアイロニー、そして設定と構成の妙のなせるわざ

登場するどの子も愛おしくなる

〈4作目は、中学校を舞台にした短編連作です。主要キャラクター総勢15名全員が、いままでの村上作品の登場人物に匹敵する程、魅力的で、たしかな質量を持った子たちになっております(自分で言うスタイル)。短編連作ならではの、軽やかで奥行きのある物語を、どうか楽しんでいただけると幸いです。〉──「NetGalley」著者メッセージ

読むほどに、作中のある人物が著者に重なって見えてくる

以下、ネタバレにならない範囲で、名言集

ずっとあなたに気づいてほしかった。ほんとうは、私が気づくべきだったのに。

いや、わかったようなことを言えるのは、なにもわかってないからかもしれない。

ぼくらは自分のままでいたいだけ。そうあるように、ありたいだけ。

「あのね、夏帆。世界をさ、かんたんに敵と味方のふたつに分けるなんて、できないんだよ。いろんな人に、立場と事情と気持ちがある」

──心配しないでいい。ちゃんと伝わる。きっとなにもかもうまくいく。

世の中に、「素直ないい子」なんて生きものが、存在するはずがない。

全力で応援したい一冊

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

センシティブな年代を描く

2023/08/19 17:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とりまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

中学生たちのオムニバス。
登場人物が多いため全員は把握できず。冒頭の人物紹介のイラストをちょこちょこ確認しながら読みました。
イタズラ計画する男子達がアホっぽくて良かった。
ウサギ王子の悩みは正直ピンとこなかったです。否定されたような気がするってとこが。ガッカリされるのが怖い、ならまだわかるんだけど。
黒野くん、そんなに簡単にキャラ変えられるもんかな?若いから可能なのかな。
理解できる悩みと、出来なかった悩みはあったけれど、すいすい読めました。読みやすい文章でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

黒野くん

2023/05/24 19:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エムチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

黒野くんがすごーくいい子なので、うまくみんなとの関係が保たれているんですねえ。連作短編集ですが、主人公は、それぞれですが、やはり、イチオシは、黒野くんです。どのお話もほっこり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2023/03/20 01:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/09/03 15:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/04/25 18:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/05/06 11:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/05/19 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/05/12 10:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/06/02 21:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/06/06 15:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/06/09 22:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/07/25 15:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/08/11 16:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/09/11 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。