サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~3/3

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 芸術・アートの通販
  4. 音楽の通販
  5. 白水社の通販
  6. 二十世紀のクラシック音楽を取り戻す 三度の戦争は音楽に何をしたかの通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2023/07/31
  • 出版社: 白水社
  • サイズ:20cm/319,23p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-560-09362-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

二十世紀のクラシック音楽を取り戻す 三度の戦争は音楽に何をしたか

著者 ジョン・マウチェリ (著),松村 哲哉 (訳)

オーケストラや歌劇場の主要なレパートリーに、いま「現代」の作品がないのはなぜか。政治的な事情で埋もれてしまった作曲家から、映画音楽やミュージカル、ゲーム音楽作家まで含めて...

もっと見る

二十世紀のクラシック音楽を取り戻す 三度の戦争は音楽に何をしたか

税込 4,180 38pt

二十世紀のクラシック音楽を取り戻す:三度の戦争は音楽に何をしたか

税込 3,762 34pt

二十世紀のクラシック音楽を取り戻す:三度の戦争は音楽に何をしたか

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 7.7MB
Android EPUB 7.7MB
Win EPUB 7.7MB
Mac EPUB 7.7MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

オーケストラや歌劇場の主要なレパートリーに、いま「現代」の作品がないのはなぜか。政治的な事情で埋もれてしまった作曲家から、映画音楽やミュージカル、ゲーム音楽作家まで含めて、指揮者が語る二十世紀の音楽史の裏側。【「TRC MARC」の商品解説】

二十世紀後半に作曲されたクラシック音楽の作品で、その後世界中のオーケストラや歌劇場のレパートリーに加わった作品はごく少ない。そして、現代の音楽であるはずの「現代音楽」は、一部の愛好家を除けば人気があるとは言いがたい。この状況を著者は、「現代のクラシック音楽というものが狭い範囲に限定されたからこそ、他のジャンルの音楽が大いに栄えているのに、オーケストラやオペラハウスがいわゆる『危機的状況』にある」と見る。現在もレパートリーの中心をなしているかつての大作曲家の系譜はどこへ行ってしまったのか?
映画『風と共に去りぬ』の作曲者でウィーン楽友協会音楽院に学んだマックス・スタイナーは、かつて「仮にワーグナーが今世紀に生きていたら、映画音楽でナンバーワンの作曲家になっていたでしょう」と語った。本書は二十世紀クラシック音楽の歴史を、この問題に大きな影響を与えた第一次・第二次世界大戦、冷戦とのかかわりから見ていくものである。「現代音楽」たる前衛音楽、政治的な事情で埋もれてしまった作曲家に、クラシック音楽家の系譜につらなる映画音楽やミュージカルの作曲家まで含めて語る。【商品解説】

目次

  • イントロダクション
  • 第1章 地上三万フィートからの眺め
  • 第2章 ブラームスとワーグナー――ふたりの神々の黄昏
  • 第3章 ストラヴィンスキーとシェーンベルク――第一次世界大戦への序曲
  • 第4章 カオスの誘惑
  • 第5章 ヒトラー、ワーグナー、そして内側から回る毒
  • 第6章 スターリンとムッソリーニの音楽
  • 第7章 「出ヨーロッパ」が生んだ奇跡
  • 第8章 新しい戦争、古い前衛
  • 第9章 「現代音楽とは何か」を決めたのは冷戦だった

著者紹介

ジョン・マウチェリ

略歴
〈ジョン・マウチェリ〉ニューヨーク生まれ。指揮者。グラミー賞など受賞多数。教育者としても母校のイェール大学などで教鞭を執った。著書に「指揮者は何を考えているか」がある。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「クラシック音楽」とは何か?

2023/10/07 21:35

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kapa - この投稿者のレビュー一覧を見る

個人的な回想から。半世紀前に開催された大阪万博で当時の西ドイツ館を訪問したときの経験。未来のオペラ劇場・コンサートホールの姿を具体的に示した、ドーム全体が一つの楽器ともいえる音響効果を持った音楽堂(オーディトリウム)があった。会場巡りで疲れた体を休め、また、音楽も楽しめた。演奏された音楽(生演奏ではなく録音)は、ベートーヴェンとシュトックハウゼンの二人だけであったように思う。クラシック音楽初心者の中学生には、ベートーヴェンの「大フーガ」は難解であったし、ましてやシュトックハウゼンは「ノイズ」で、気を休めるどころではなかった。この本と並行して読んでいた岡田暁生と片山杜秀両氏の対談集「ごまかさないクラシック音楽」(新潮選書)によると、この二人は、ドイツ音楽の新旧代表として選定されたらしい。新しいドイツ音楽の代表としてシュトックハウゼンの「前衛音楽」が選定された背景は本書のテーマと関連する。
本書は二十世紀クラシック音楽の歴史を扱う。特に二十世紀後半に作曲された作品は、現代の音楽であるはずの「現代音楽」だが、オーケストラや歌劇場の演目となることは少なく、ましてやその後レパートリーとなった作品はごく少ない。現在クラシック音楽の名曲とされる作品は、当時は「現代音楽」であったが、その後も演奏され、現在までその命脈を保っている。しかし、二十世紀の現代音楽は何故そうならなかったのか。大きな影響を与えたのは、「三度の戦争」、第一次・第二次世界大戦、そして冷戦であり、当時は演奏された音楽とその作曲家は戦後の政治的な思惑で排除されたという。
第一次大戦で解き放たれた暴力は、クラシック音楽にも影響し、ストラヴィンスキーの「春の祭典」、R.シュトラウス「サロメ」のように死などの暴力場面の描写が頻繁に取り上げられるようになる。次に第二次大戦前のナチス・ドイツやイタリア・ファシズムの社会では、政治が好ましい芸術を選定するようになり、音楽も同様に扱われる。とくにナチスによるいわゆる「退廃芸術」の禁止は音楽にも及び、ユダヤ人迫害もあって当時最先端であった作曲者の多くが米国亡命した。
第二次大戦後は冷戦である。ソ連に対する西側の文化芸術の優位性・進歩性を示すために、「前衛芸術」をクラシック音楽の長い歴史の延長線にあるとして、米国のプロパガンダ支援として脚光を浴び、戦後ヨーロッパではこれこそが20世紀の音楽とされた。これが冒頭万博でのシュトックハウゼンの扱われ方の背景であったのだ。一方で亡命ユダヤ人音楽家は、米国の音楽風土に適応し、映画音楽・ミュージカルを作曲する。しかし母国ヨーロッパでは古い音楽として、また、「ハリウッド的」として拒絶され、戦後「クラシック音楽」の定義が定まったというのである。
しかし、ワーグナーに始まった舞台の役者の動きに合わせた音楽、役者を表象するライトモティーフの手法、また、無調・不協和音、十二音技法等は、映画との親和性が高く、その世界で発展していく。これが本書帯の「映画音楽No.1作曲家ワーグナー」の理由である。現在ジョン・ウィリアムズが、ベルリン・フィル、ウィーン・フィルのコンサートで取り上げられるのは、著者にとっては二十世紀のクラシック「現代音楽」の母国凱旋である。
いわば亡命作曲家を中心に、筆者の「押し」現代音楽作曲家が紹介されるが、この思い入れが本書執筆の動機ではないか思われるところもある。クラシック音楽家の系譜につらなる映画音楽やミュージカルの作曲家の評価とか、「前衛音楽」が理解できないのは、聴く側の能力の問題ではないことも示されており、独自の視点がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。