サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2024/02/07
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/311p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-391805-1

紙の本

トヨタ中国の怪物 豊田章男を社長にした男

著者 児玉 博 (著)

27歳まで中国で育った服部悦雄。帰国後、トヨタ自動車販売に入社し、みるみる頭角を現すが…。低迷していたトヨタの中国市場を大転換させた立役者・服部悦雄の人生、中国の生活、ト...

もっと見る

トヨタ中国の怪物 豊田章男を社長にした男

税込 1,870 17pt

トヨタ 中国の怪物 豊田章男を社長にした男

税込 1,800 16pt

トヨタ 中国の怪物 豊田章男を社長にした男

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 5.7MB
Android EPUB 5.7MB
Win EPUB 5.7MB
Mac EPUB 5.7MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

27歳まで中国で育った服部悦雄。帰国後、トヨタ自動車販売に入社し、みるみる頭角を現すが…。低迷していたトヨタの中国市場を大転換させた立役者・服部悦雄の人生、中国の生活、トヨタでの日々を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

トヨタ最大の秘密を知る男の「告白」

企業人の“業”を描く児玉博さんの今作は、トヨタの中国事務所総代表だった服部悦雄氏が主人公です。服部氏は、「低迷していたトヨタの中国市場を大転換させた立役者」であり、「トヨタを世界一にした社長、奥田碩を誰よりも知る男」であり、何より「豊田家の御曹司、豊田章男を社長にした男」として、自動車業界では知る人ぞ知る人物です。トヨタをモデルにしたベストセラー小説『トヨトミの野望』の作中にも、服部氏は「中国の怪人」として仮名で登場します。

 服部氏は戦争中に生まれ、27歳まで家族とともに中国にとどまりました。毛沢東の大躍進運動、文化大革命では、一羽の腐った雀を家族で分け合うような飢餓や、零下20度の小屋での一人暮らし、原生林での強制労働と、日本人ならではの苦難を体験します。 帰国後、トヨタに入社。アジア地域の担当を命じられ、トヨタ中興の祖である豊田英二と上司の奥田碩の目に留まり、服部氏はみるみる頭角を現します。

 実はトヨタは、中国への進出が遅れたために中国政府から自動車生産の許可が下りず、90年代に世界の他メーカーに大きく引き離され、ドン底の状態に陥っていました。奥田碩会長は、創業家御曹司の豊田章男を中国本部本部長に据え、中国市場の建て直しを命じるのですが、そこには章男が失敗すれば、豊田家をトヨタの経営から外すことができる、という奥田の深謀遠慮がありました。

「章男君程度の社員はトヨタにはゴロゴロいる」、「社長になれるかどうかは本人のがんばり次第だ。創業家に生まれたからといって社長になれるものではない」と公言していた奥田。 そこで、豊田章男が頭を下げたのが服部氏でした。奥田の最側近でもあった服部氏は、トヨタ中国事務所総代表としていかなる決断を下したのか……。

服部氏の初のロングインタビューを元に、トヨタの中国進出と、豊田家世襲の内幕を赤裸々に描いた圧巻のノンフィクションです。







【商品解説】

目次

  • 序章  中国人の本質
  • 第1章 豊田章一郎の裏切り
  • 第2章 日本の小鬼
  • 第3章 毛沢東の狂気
  • 第4章 零下20度の掘っ建て小屋
  • 第5章 文化大革命の嵐
  • 第6章 悲願の帰国
  • 第7章 日米自動車摩擦の代償
  • 第8章 豊田英二の危惧
  • 第9章 はめられたトヨタ

著者紹介

児玉 博

略歴
〈児玉博〉フリーランスとして取材、執筆活動を行う。著書に「堤清二 罪と業」「起業家の勇気」「堕ちたバンカー」など。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

著者の作品はすべて読んでいますが、本書も上々の一作。ただ読むべし。

2024/03/28 00:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Haserumio - この投稿者のレビュー一覧を見る

山崎豊子『大地の子』や辺見じゅん『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』、安部公房『けものたちは故郷をめざす』といった作品を彷彿とさせる主人公のトヨタ入社前を描いた暗澹たる前半を過ぎると、一気に視界が拡がり、「トヨタ最大の秘密」(帯より)が語られる後半へとなだれ込む傑作企業ノンフィクションでした。一気読みでした。

「中国人同士で殺し合えばいい。トヨタには無関係なこと」(271頁、天津汽車救済スキームにおいて、第一汽車と広州汽車を手玉に取って競わせる交渉戦術の見事さ!)
「章男ちゃんは章男ちゃんで、複雑なんだよ。奥田さんは章男ちゃんのことを、『章男はコンプレックスの塊だ』と話していたけれど・・・・・・。まあ、章男ちゃんはね・・・・・・複雑な子なんだよ。章一郎の育て方が問題だったんじゃないのかな」(304頁)

それにしても、奥田碩がかの小糸製作所買収防衛事案において最前線で仕事をし、米国流ガバナンス(あるいは資本の論理)について深い経験を積んでいたというのは目うろでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2024/01/11 16:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/02/12 21:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/02/26 12:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/03/02 17:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/03/20 09:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/03/13 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。