サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0818-22)

目次

  • 序章 研究の目的と課題
    • 1 本書の目的と課題
    • 2 本書の構成
  • 第Ⅰ部 総論:人権の淵源と人権教育の歴史
  • 第1章 人権教育の世界的潮流
    • 1 人権の定義
    • 2 平等概念の発展
    • 3 人権教育の内容および方法の歴史的変遷
    • 4 結論
  • 第Ⅱ部 タイにおける人権と公教育
  • 第2章 タイの権利運動と人権概念の歴史的変遷
    • 1 国家の近代化と人権概念の導入
    • 2 権利運動の歴史と人権擁護に関する法改正
    • 3 政権交代が人権概念に与える影響
  • 第3章 タイの学校教育体系と公教育における価値教育
    • 1 学校教育体系
    • 2 学校における価値教育
  • 第4章 タイ北部少数民族の教育機会保障
    • 1 教育政策において「不平等」と考えられている対象への対応
    • 2 少数民族の社会状況
    • 3 少数民族に関わる教育問題
    • 4 少数民族に教育支援を行う学校
    • 5 結論
  • 第Ⅲ部 タイにおける人権教育の実践と意識
  • 第5章 タイの人権教育実践とその理念的背景
    • 1 人権教育を実施する主体
    • 2 各アクターによる教育実践の人権概念解釈の特徴
    • 3 NGOによる教育実践
    • 4 Associated School Projectの実践内容と課題
    • 5 ナショナルカリキュラム・教科書にみる人権教育の内容
    • 6 各実践の理念的背景と課題
  • 第6章 バンコクにおける中高生の「平等」に対する解釈の違い
    • 1 格差問題を論じた言説の分析
    • 2 「平等」に関する調査結果の分析−都市と地方の比較および学校間での比較
    • 3 各学校の回答傾向および教育内容の分析
    • 4 調査校の授業内容と回答の関連
    • 5 結論
  • 終章 タイにおける人権教育の多様性の許容
    • 1 国際社会およびタイにおける人権概念の変遷と人権教育の多様化との関係
    • 2 タイの教育政策における「人権としての教育」の現状と課題
    • 3 タイの各人権教育実践の相違点とタイが持つ地域性
    • 4 複数の解釈に基づく人権教育が一国の中に存在することの意味
    • 5 今後の課題

教育政策・歴史・事情 ランキング

教育政策・歴史・事情のランキングをご紹介します一覧を見る