サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 勉強法 AtoZ -効率的な学習方法から食事まで- ポイント5倍キャンペーン  ~4/27

目次

    序章  織田作之助とは誰か

    ■第1部 代表作を読む―形式の工夫
    第1章『夫婦善哉』―「系譜小説」と語りの方法
    第2章『世相』―敗戦大阪の風景と戦中戦後の連続性
    第3章「可能性の文学」―方法としての坂田三吉

    ■第2部 作之助の〈器用仕事〉―先行作品の換骨奪胎
    第1章『近代大阪』のサンプリング―「馬地獄」
    第2章 笑い話のリミックス―『人情噺』『俄法師』『異郷』
    第3章 オマージュとしての一人称―『天衣無縫』『勧善懲悪』
    第4章 大阪・脱線・嘘―『アド・バルーン』

    ■第3部 新聞小説での試み―エンタメ×実験
    第1章 銃後の大阪―「大阪新聞」と『清楚』
    第2章 戦時下の新聞小説への諷刺―「産業経済新聞」と『十五夜物語』
    第3章 記事・広告との化学反応/新聞小説の小説―「京都日日新聞」と『それでも私は行く』
    第4章 復員兵と闇市―「大阪日日新聞」と『夜光虫』
    第5章 先鋭化する実験―「読売新聞」と『土曜夫人』

    終章 作之助没後の世界で―1947年前後の〈小説の面白さ〉

    凡例・参考文献

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します古典文学・文学史・作家論 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。