サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

思考は現実化する 下

思考は現実化する 下 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.7

評価内訳

12 件中 1 件~ 12 件を表示

紙の本

成功哲学の源流

2015/09/18 21:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:どや - この投稿者のレビュー一覧を見る

巷に溢れる成功本も元を辿れば数冊に行きつく。その1冊がまさしく本書である。上下巻で分量が多いが、流れるような翻訳でどんどん読ませる。非常に興味深い読書体験ができた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

毎日の心構えが変わります

2016/01/30 04:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エトワール - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本を読み始めて、毎日の心構えが変わったような気がします。漫然と日々を過ごすのではなく、こうありたいという姿を日々思い浮かべることで、前向きに生活していけている気がします。
何度か読み直してみたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/26 13:58

投稿元:ブクログ

自己啓発の古典。
上巻と比べて、書いてあることがイメージできない部分があり読むのに少し時間がかかった。
一読して終わりという本ではないので、また必要になったときに再読しよう。
その時はまた感じ方が変わっている気がする。

2014/11/16 21:21

投稿元:ブクログ

14.11.17開始14.12.05読了。紙に書いて毎朝晩音読する、とか。ゴールを徹底的に意識することでプロセスやらなんやらがみんな変わってきますよ、って話かな。3冊構成だけど続きはとりあえずペンディング。

2014/08/18 21:55

投稿元:ブクログ

某ブラック企業Wの社長Wがよく掲げている?夢に時間をどうたらこうたらの元ネタってこれなんだな
って、他のナポレオン・ヒル氏の書籍の帯で推薦してたからああなるほどって。
もしWがこの本に出会っていなかったら、Wなんて企業は生まれていなかったのかもしれませんねー(棒

2015/11/14 23:17

投稿元:ブクログ

元々一冊だった本の半分。

上巻は願望を計画を立てて実行する
というポジティブな面が書かれていたが、
下巻では失敗や不安等ネガティブな感情に
どのように対処するかという記述が多い。

失敗の原因に「家庭環境の問題」が有り、
七歳までに身についた性格が挙げられている。
障害者などどうしようもない失敗の原因に関しては、
ただし・・・というフォローがされているが、
こちらに関しては全くフォローがされていない。

現在では「毒親」や「アダルトチルドレン」
という言葉がよく聞かれるようになったが、
この本の執筆当時は体罰は当然だったはずで、
恐らくこの記述は犯罪に走ってしまったり、
満足に読み書きも出来ないようなレベルの
家庭環境の悪さに関して記述しており、
この本を読める人は当てはまらないのだと思う。
「思考は現実化する」このタイトルが全てだろう。

最後の章でナポレオン・ヒル博士は我々読者に
「縁があったら、また会おう」と言っていた。
「思考は現実化する」ということを忘れた時、
再び思い出すために再びこの本を開こう。

2014/08/18 10:46

投稿元:ブクログ

時間がだいぶかかったけど、やっと読めた。「思考は現実化する」の下巻。書いてあることは基本的なこと。
奉仕をするとその分返ってくるとか、失敗や逆境は大きな利益の種とか。
時々、腑に落ちないところはあった。
例えば、性衝動を転換して成功のエネルギーとすると語っているところ。肝心のどうやるかが書いていなかったから、イメージできない。

最も印象的だったのはラスト。
人が唯一コントロールできるもの。それが「思考」。
何を考えるか、確かに他人から影響されるけど、でも結局考えるのは自分。
誰にも邪魔されない領域。もっと思考の時間をとって、自分の考えを大切にしないといけないな。

2016/04/27 21:43

投稿元:ブクログ

継続して本を読むようになって、一つの大きな分野として存在していることを知った、自己啓発書。
近年も、年に何冊かは読んでいると思います。
その自己啓発書の分野の中でも名著、古典と言われているこの本については、なぜかこれまで読んだことがありませんでした。
文庫が出版されているのを知って良い機会だと思い、読んでみることにしました。
上下巻700ページあまりにわたる長編です。
序文では、著者であるナポレオン・ヒルが、鉄鋼業で成功を収めたアンドリュー・カーネギーから「成功している500人にヒアリングをして、その成功哲学を体系化すること」という依頼を受けて、本著の作成に取り掛かったという経緯が紹介されています。
その結果から得られたこととしてナポレオン・ヒルがまず挙げているのが、「明確な目標を持つ」こと。
そして、その目標を達成するために何をすべきか、著者が調査した成功者たちの事例を交えて、解説しています。
これまでに読んだ自己啓発書と、内容が重なる部分が多いのですが、それだけこの本が、後に書かれた自己啓発書のベースとなっているのだと、理解しました。
全体を要約できるほど深く理解出来たとは言えないのですが、本書全体を通じて感じたことを自分なりの言葉で表現すると、次のようになるかと思います。
「成功への道筋はシンプルなものである。しかしその道筋をたどっていくには、常に、目標とするものは何かを意識すること、そしてその目標に向けた努力を継続していくことが必要である」
読んで理解したつもりになるだけではなく、本書に書かれていることを実際に、自らがやっていく。
そのとっかかりになりそうなノウハウがいくつかあったので、さっそく取り組んでいきたいと思います。
手元に置いて、何度も読み返す。
久しぶりに、そんな本に出会えました。

2014/12/06 13:07

投稿元:ブクログ

自己啓発本の原点とも言えるべき本だが他の本も本書を元に書かれているので真新しさを感じにくかった。
内容としては昔から成功するには普遍的な物があると教えてくれる。

2015/08/14 19:53

投稿元:ブクログ

素晴らしい本。

この本は、学生の時に読んでおきたかった本

ともあれ、俺は力強く生きていく!
もう、後戻りはしない。

2015/06/21 23:31

投稿元:ブクログ

下巻まで読むことで、ようやく上巻でいわんとしていたことがわかった。
おそらくこれから何度か読み返すことになるだろう。

端々に時代を感じてしまう点は少しマイナスか。

2015/11/27 22:59

投稿元:ブクログ

何度読めば理解できるのかわからない、この本に書かれていることを達成できたなら一生、幸せを得続けられるだろう。

12 件中 1 件~ 12 件を表示