サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.4

評価内訳

11 件中 1 件~ 11 件を表示

2015/10/09 16:07

投稿元:ブクログ

この本の中で「タイトルにだまされない」とあるが、皮肉にも私はこの本の「タイトル」だけを見て購入してしまった。
雑誌のような読みやすい構成になっていて、さらっと全体を把握するにはいいようだ。
正直これといって目新しいことはなかったが、最近、読書を怠っていた私には、よい刺激になったかなあ…と。
これからは『本質を学ぶ』読書を取り入れていきたいと思う。

2016/02/21 13:22

投稿元:ブクログ

552円ととても安い本だが

 真剣な内容が気に入った。最後の「これだけは読みたい大人の教養書カタログ」は圧巻。恥ずかしげもなく受験参考書風も投入。読書が人を育てるんだという筆者の本気度が読み取れて良い。

 古典をあらすじで読むとか名作の書き写しとかも目から鱗かも。私は実践しないけど、それもいいかなと思わせるね。

2015/01/31 22:50

投稿元:ブクログ

読書術も目新しい事は特にない。一つにまとまっているのがいいところ。この手の本を読んだことない人にはいいかもしれない。

2014/12/22 17:01

投稿元:ブクログ

中途半端に無意味な文章がつづられているような自己啓発本に比べて、図で表現されているためシンプルでわかりやすい。「本を読むテクニック」の意味や大切さがまんべんなく触れられている。読書論を書く人によく見られるような読書に対する過大評価も少なく、淡々と読書の大切さを述べているためすっきりと頭に入った。特に読む本によって緩急をつける意味や、時にはマンガや平易な本を読む必要性は改めて参考になった。文字数は少ないが、学べることは本の価格の倍額は価値がある。

2015/05/26 09:13

投稿元:ブクログ

読書人としてはどうもこの読書の術(すべ)というのは気になる。
もう何冊読んだだろうか。
でも気になる。
おおよその内容や著者の伝えたいことは分かってるのに。
でも気になる。
実のところ本を読んで読んでしていくとどうも吐き出したくなる。
文章にしてみたり、SNSで書き込んでみたり。
もんもんとインプットばかりでは自分の中のバランスが崩れてしまう。
やはりアウトプットも必要なのだ。
どちらかと言えば、インプットよりもアウトプットが重要。
アウトプットするためにインプットが敏感になってくるのだ。
良質な言語は使わなければ意味をなさないのと同じだ。
いかに使って定着させるのか。
まだまだこの手の本は読み込まないとな。

2014/12/23 09:35

投稿元:ブクログ

カラーページでイラストや図が多く読みやすかった。目新しい内容はないが、読書法やオススメの本がよく纏まっている。

見やすいレイアウトなのでじっくり読むのではなく、スキマ時間にたまに読むと日頃の読書のモチベーションも上がりそう。
今更になって、読んだ内容を身につけることを課題としている自分にとっては良かった。

2015/02/13 00:19

投稿元:ブクログ

学校の先生が書いた「読書の教科書」という感じの一冊。
良くも悪くも色んな分野を網羅してくれている。自分の読む本に偏りがあって、新しい分野に手をだしたいけど、どこから切り込んでいけば良いか迷っている時にはオススメ。

2014/11/23 21:42

投稿元:ブクログ

読書をするにあたってのノウハウ本です。個人的には、書中で紹介される書籍が参考になりました。
「三読」…これは難しいかもしれません( ̄▽ ̄)ハハ
「本は汚しながら読め」…これも踏み出せていません( ̄▽ ̄)ハハ
「マンガや絵本もOK」…ちょっとホッとしたり( ̄▽ ̄)ハハ

大切なのは、この本の後に有意義な読書につなげられるか、なのでしょうけどね( ̄▽ ̄)ハハハ

2015/01/09 16:00

投稿元:ブクログ

読書は大好きなのに、「本屋で本を買って読む」だけでは満足できなかった自分にとっては、本に対するノウハウや向き合い方を改めて考えることができ、読書へのモチベーションも格段上がった。
本は大事に汚さないことばかり考えていたけど、それではせっかく読書をしているのに身に入ってこず、いかにもったいないことをしていたか気づいた。世の中にはブックオフも電子書籍もある。
読書はもっと自由に楽しむもんだなーと思った。
本も図解と説明がわかりやすく、コスパも良い。
読書に悩んでる人はぜひ一読いただきたい。

2015/04/14 21:57

投稿元:ブクログ

本はこういう風に扱おう!と書いてある本。
本をあまり読まない人が本を読んでいくためにはどうしたらいいのか…が書いてあるのだが、そもそも本を読まない人はこの本も手に取らないのでは…
本を読むことが好きで、読書の幅を広げたい。でも、どうすれば…
という部分についてはあまり書かれてませんでした。
もっと、具体的に、この分野で入門書と呼べるものはコレ!みたいな指南が欲しかったです。
求めている本とはちょっぴり違ったけれども、色んなアイデアは詰まってます。

2016/07/31 16:07

投稿元:ブクログ

これは素晴らしい読書術の本。特に、普段読書の習慣がない人、読書したいけど、何から始めていいかわからない人、読書のスタイルを確立していない人にオススメしたい。
まず本書が薄く、読む気になる。一ページあたりの文字数も少なく、レイアウトもカラフルで、活字アレルギーの人でも比較的難なく読み進められそう。読書のメリット、読書の技法、オススメ本の紹介、各コンテンツのボリュームバランスが秀逸。

11 件中 1 件~ 11 件を表示