サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

ブックオフ宅本便ページ修正

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

父の詫び状

父の詫び状 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

澄んだ空気と。

2003/02/13 12:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yuuko - この投稿者のレビュー一覧を見る

私が向田さんを知ったのは、彼女がなくなったというニュースを聞いたそのときからだった。寺内貫太郎一家を書いたその人は、どんな作品を残したのだろうという思いから、読み始めた。

向田さんの幼い頃の生活と、父親の事が、昨日の事のように鮮明に書かれている。
ちょっと前の、お行儀の良い、女性が良妻賢母を模とした頃の日常が、手に取るように伝わってくる。そんな文章だ。
これは江国香織さんにも言えることだが、幼い頃の思いや感情、感じた事、臭い、風景に至るまで、何故文章力のある人は、こうも美しく、そして興味深く書く事が出来るのだろう? その文章に、吸い込まれるように読みいってしまった。

彼女の文章はとても馴染みやすく、気安い感じであるが、彼女の生き方を反映するような「凛」とした何かがそこには同居している感じがする。
そこに心引かれる。

物事に敏感に、そして生活を大切にしていこうと思わせる一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

珠玉のエッセイ

2001/07/25 13:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:梅子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本は向田さんの幼い頃の様々な思い出をベースにしたエッセイです。特筆すべきは繊細で鮮明で詳細な描写です。自分が体験したかのように錯覚してしまうほど、場面場面がはっきりと想像できるのです。これは向田邦子さんの文章力・観察力のなせる技でしょう。中でも表題作の「父の詫び状」が特に心に残ります。いつもは厳しい父が垣間見せた優しさを描いた作品です。家族とは何かということをさりげなく考えさせてくれます。本当に何度読んでも新鮮さが失われない珠玉のエッセイがいっぱいです。是非オススメしたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/05/04 12:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/13 15:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/11 08:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

5 件中 1 件~ 5 件を表示