サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

初期万葉論

初期万葉論 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

歌という呪術

2001/02/17 11:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:谷池真太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 万葉世界の呪術的側面に迫った一冊。

 たとえば、「見ゆ」というのは、詠み人の網膜に対象世界の像が映ったことをしめすのみにとどまらず、詠み人がその世界へ入ることを表すものであるらしい。「香具山が見ゆ」とあれば「香具山が見えた」ということではなく、「香具山とそこに住まう神々の世界へおじゃました」ということらしいのだ。
 万葉集は「見ゆ」や「聴こゆ」などが多用してあり、表現的に幼いなどといわれるが、それは後の世で歌の呪術的な面が薄れていったため、本来の意味が忘れ去られたからであろう。

 古代の歌を読むときは、そういった古代人のルールを忘れずに読めば、より楽しめるのではないかと思う。現代の和歌を同じ方法で読み解くのも一興。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示