サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

幕末遊撃隊(集英社文庫)

幕末遊撃隊 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
16 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

幕末のサムライのお話、生きた歴史です

2002/08/29 13:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:homamiya - この投稿者のレビュー一覧を見る

時は幕末、“サムライ”伊庭八郎の物語。
池波正太郎の「その男」とかなり話が重なっているようだ。人は寝て食べて飲んで、好きな女を抱ければそれでいいんだ」といった幸せ観も「その男」と共通する。
共通しないのは、「その男」の主人公は明治維新で床屋になったが、伊庭八郎はあくまで「微衷を尽くすのみ」と官軍に抵抗するのをやめず、戦って死んだ点。単なる剣術バカではなく、時代の潮流が変わった事も理解しながら、でも、このような転換期には冷静に戦いを止める人も、続ける人もどちらもいていいのでないか、と自分は続ける側にまわる所が非常に印象的。それでいて最後まで涼やかな印象なのがすごい。
歴史は、年表上の出来事ではなく、その時代に生きて動いた人々の必然の結果。この本のように「生きた歴史」を読むとそう思う。
遊女・小稲とのロマンスは泣ける。勝手にいなくなって戦死しようとしている男が「金を工面してくれ」と言ってきて黙って出せる小稲がすごい。出させる男もすごい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/15 01:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/22 03:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/17 02:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/11 01:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/14 20:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/22 11:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/15 14:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/13 02:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/15 21:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/25 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/24 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/07 01:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/02 12:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/18 20:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

16 件中 1 件~ 15 件を表示