サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大人の自由研究 ポイント5倍キャンペーン(~8/31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

岡本太郎が撮った「日本」

岡本太郎が撮った「日本」 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

書きながら、こんなに興奮した本はない。「つきもの」としての岡本太郎に、乗り移られた編者によるシビレ本

2001/06/15 22:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:片岡直子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 編者二人の対話や文章を読みながら、つい、「あなた、本人じゃないくせに」とか、突っ込みを入れたくなる。そんな欲望がふつふつと沸いてくる分、熱中する。
 読んでいると、「ああ自分はまだやってないな」という気持ちになってくる。おそらくそれは、岡本太郎さん本人に、別の熱病者の力が加わった本書の仕業なのだろう。
 読んでいるうちに、うおぉっと叫びたくなる。あまりにオリジナルだから、全ての人に乗り移る。編者のオカモトタロウ振りに負けず、読者の自分までがタロウになる。
 けれど、ここでただ乗り移られてしびれているだけでは、情け無い。自分のなかの、オリジナルを、炸裂させなければ。自分も動き出さねばならないことを知る。
 どこへ行っても、本質だけを掴んでくる。斜めのショットが面白い。実は、私も写真を撮る時に、ついやってしまう構図。それから、横だったり縦だったりする、小さなコマ写真。行ったことのあるところばかりだけれど、この40年は、それまでのどの40年よりも、日本を変えてしまった。それを、他のどの写真からよりも、ありありと突きつけられる。

 本書を、ぐわっと広げて読んだ。両手でわしわしと掴んで広げて読むのが相応しいと思った。この写真の世界に、裸で飛び込んでゆけたらと思う。

 オカモトタロウに入り込まれた編者たちの言葉遣い、筆致にも圧倒される。ここのところ、大きな存在について、書く行為について、考え続けている。手元に、『自分の中に毒を持て』(青春文庫)もあるのだけれど、この、いちいちすごい人について、書くという行為が、どういう意味を持つのか。それを考えている。

 写真を見ていても、それから本書の著者による文章を読んでいても、どうしても立ち止まってしまうのが、岡本太郎本人の文章の引用で、それならば、原典にあたれば良いということになるのだけれど、細切れにしながらも、人目にさらすことにより、何度でも、「岡本太郎」を再生し、差し出すことには、なり得るし、それはそれで、効果的なことだ。
 伯母に連れられて大阪の万国博覧会に連れていってもらった私にとっては、やはり、岡本太郎といえば、まずは造形の物凄いのをやったひとという印象。そんな頭に飛び込んでくる、夥しい数の迫力ある写真群。そして、際立ってくる言葉群。何より40年前の日本に、日本人の姿に、正確に、あるいは、実際以上に、打ちのめされること、請け合いだ。

 残された人の仕事は大変だ。そんなに言わなくても、彼の天才は分かっているよとも、言いたくなる。しゃべれば、正確な太郎像が、歪んでいってしまうので、もう口をつぐんだ方が良いのか、それとも、熱病に浮かされ、しゃべりつづけた方が良いのか。黙った方が良くても、つい、しゃべってしまうのが、岡本太郎愛なのかもしれない。 (bk1ブックナビゲーター:片岡直子/詩人 2001.06.16)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/02/26 11:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/13 09:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/20 21:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

4 件中 1 件~ 4 件を表示