サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/8/1~8/31)

hontoレビュー

史記 1(小学館文庫)

史記 1 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
13 件中 1 件~ 13 件を表示

紙の本

中国という国が見えて来る

2007/07/27 13:31

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐伯洋一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

史記といえば、漢書なども含まれる二十四史中の筆頭であり、司馬遷の手になる。それを「サリーちゃん」の横山光輝がマンガで叙述したのが本シリーズである。その試みはまことに素晴らしいのひと言に尽きる。
 第1巻の本書には、管仲列伝がある。菅仲は諸葛孔明が伏竜期に自身の例うべき存在筆頭としてあげた斉の名宰相である。華々しい軍略家というよりも稀代の政治家ともいうべき人柄がマンガの中で鮮明に踊っている。菅ぽうの交わりと言う言葉があるが、そのオリジンは菅仲伝にある。菅仲は、自分を生んだのは両親だが、自分を誰よりも知るのはホウシュクだとまでその友情を表現している。
 さらに本書のカバーする範囲から生まれた言葉として「死者に鞭打つ」というものがある。これは、呉越同舟で有名な、呉の宰相であるゴシショという人物が、自分の兄と父を無残に殺害した楚の平王に対してなした復讐劇の顛末である。
 ゴシショの気持ちは分からぬではないが、およそ日本では考えられ無いことであろう。彼は、復讐鬼と化し、祖国楚を打つことを心に誓ったが、呉の重臣となってようやく願望実らんかとの矢先、あえなく平王は平穏に死んでしまった。それが悔しくて堪らず、平王のミイラに鞭打ち300を加えたのである。分からぬでは無いが、やはり今の中国人との連続性を感じる。
 呉越同舟の話しは、呉が国力を傾け、宰相ゴシショの宿願を叶える為(もあって)楚に遠征していた間隙をぬって越が呉に攻め込んだ事から始まる因縁に由来する。ゴシショの運命もそこに極まっている。これから始まる中国史から演繹できる最大のことは、おそらくゴシショやショウオウといった名臣たちが残虐極まる死を迎えた原因の部分にある。それを上手く切り抜けた
例えば秦の大宰相ハンショの処し方などは参考になるだろう。
 ちなみに、ハンショの話しは、史記の中で最も好きな話しのひとつである。確か第4巻だったと思うが、「便所の屈辱」から始まる彼の人生は見習うところがある。復讐鬼と化したゴシショの末路と見比べれば、いずれが一般化に適するかは一目瞭然であろう。復讐のパワーの活かし方とはこうあるべきだ。
 歴史は教養の王様である。国際政治も何もかも歴史が出発点である。まあ、西洋では中国史など蛮族の地方史くらいにしか思っていないが、その残虐さ、卑劣さ、裏切り親殺し、子殺し・・西洋史よりもよほど命のやり取りが現実的である。ローマ史は塩野七海の功績でやや世間に広まった印象があるが、やはり中国史もおさえねば、教養人とはいえまい。
 つくずく、日本という国の歴史とはその残虐さは比較にならないと思うのである。日本の2000年間は本当に平和で幸せな歴史だったなと思う。江戸以降になると残虐を嫌う家康の後光も差してか、残虐な話しは滅多に聞かない。こんなルーツを持ち、こういう歴史を崇拝する漢民族を相手にしなければ行けないのだから、それは苦労するだろうと改めて思う至第である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/23 13:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/11 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/29 20:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/11 13:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/26 17:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/02 01:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/06 04:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/12 21:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/01 23:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/31 21:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/08 14:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/17 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

13 件中 1 件~ 13 件を表示