サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/31

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー57件

みんなの評価4.2

評価内訳

57 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

ツアンポーという地名が頭から離れない

2015/11/28 09:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジョンドリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒマラヤ山脈東部、チベット領内に標高7,782mのナムチャバルワという山がある。そこから北に約22キロ離れたところにも、別の7,000mを越える山がある。この2つの山に挟まれ、山頂から一気に6,000m以上降りたところを流れる激流がツアンポー川。
ローカルな例えだが、「札幌駅」がツアンポーの谷底だとすると、手稲山がナムチャバルワで「新さっぽろ」付近に別の7,000mの山がそびえていることになる。スケールが大きすぎて、ピンとこないが・・・(笑)

そしてこのツアンポー峡谷は、湿潤な温帯に位置するため、山の斜面は深いやぶにおおわれている。しかも急峻な谷は日が当たらず、湿った滑りやす斜面となっている。そこにはヒルがいる。やぶの中でビバークすると、ダニが全身に貼り付いてくる。

この峡谷には100年以上も前から何度も探検隊が入っているが、深く険しいために踏破できなかった流域が「空白の5マイル」。その場所に、筆者である角幡さんが1人で挑むところがこの本の主題となっている。リアリティがあって、爽やかさよりは、むしろ息苦しさを共有することになるが、それでも困難を切り抜けて(または切り抜けられずに)、前へ進んでいくタフなところがこの本の魅力だと思う。

大学生の頃に読んで、たぶん自分の人生を少し変えることになった植村直己さんの著書に共通するもの・・・。この本には、そんな力を感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ご苦労様でした!

2013/10/26 12:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:大室仙人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

よくやるな~写真がもっと見たかったです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/12/18 14:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/10 07:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/15 17:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/21 19:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/01 09:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/20 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/06 23:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/28 08:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/23 20:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/05 10:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/22 18:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/23 22:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/03 03:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

57 件中 1 件~ 15 件を表示