サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 磯崎 憲一郎の紙の本一覧

“磯崎 憲一郎”の紙の本一覧

1965年生まれ。「肝心の子供」で文藝賞、「終の住処」で芥川賞、「赤の他人の瓜二つ」でBunkamuraドゥマゴ文学賞受賞。

“磯崎 憲一郎”に関連する紙の本を20件掲載しています。120 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

「利他」とは何か (集英社新書)

  • 評価4.0レビュー:29件
  • 税込価格:924
  • 出版社:集英社
  • 発売日:2021/03/17
  • 発送可能日:24時間
  • 他者のために生きるという視座なしに、コロナ危機は克服不可能。だが、利他主義には厄介な罠が潜む。この「利他」の問題に、日本の論壇を牽引する執筆陣が根源的に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

    【コロナ時代。他者と共に生きる術とは?】
    コロナ禍によって世界が危機に直面するなか、いかに他者と関わるのかが問題になっている。
    そこで浮上するのが「利他」というキーワードだ...

鳥獣戯画/我が人生最悪の時 (講談社文芸文庫)(講談社文芸文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

鳥獣戯画/我が人生最悪の時 (講談社文芸文庫)

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,980
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2021/10/11
  • 発送可能日:24時間
  • 美人女優と京都を旅する小説家の「私」。女優の半生、明恵の生涯…怒濤の語りはいつしか「私」の過去を辿り始め…。語りの力が現実を押し開き、小説の可動域を広げた「鳥獣戯画」と、単行本未収録「我が人生最悪の時」を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    「凡庸さは金になる。それがいけない。何とかそれを変えてやりたいと思い悩みながら、何世紀もの時間が無駄に過ぎてしまった」――28年間の...

日本蒙昧前史

  • 評価4.1レビュー:9件
  • 税込価格:2,310
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2020/06/26
  • 発送可能日:1~3日
  • 【谷崎潤一郎賞(第56回)】大阪万博、三島由紀夫の自決、五つ子ちゃん誕生、ロッキード事件、グリコ・森永事件…。語り手を自在に換えつつ狂騒と蒙昧の戦後を彩った様々な事件とその陰にある無数の生を描き出す長篇。『文學界』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

終の住処 (新潮文庫)(新潮文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

終の住処 (新潮文庫)

  • 評価2.9レビュー:37件
  • 税込価格:374
  • 出版社:新潮社
  • 取扱開始日:2012/08/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 結婚すれば世の中のすべてが違って見えるかといえば、やはりそんなことはなかったのだ―。互いに二十代の長く続いた恋愛に敗れたあとで付き合いはじめ、三十を過ぎて結婚した男女。不安定で茫漠とした新婚生活を経て、あるときを境に十一年、妻は口を利かないままになる。遠く隔たったままの二人に歳月は容赦なく押し寄せた…。ベストセラーとなった芥川賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

    【芥川賞...

肝心の子供/眼と太陽 (河出文庫)

  • 評価3.4レビュー:7件
  • 税込価格:715
  • 出版社:河出書房新社
  • 発行年月:2011.2
  • 発送可能日:1~3日
  • ブッダ、束縛という名の息子ラーフラ、孫のティッサ・メッテイヤ—人間ブッダから始まる三世代を描いた衝撃のデビュー作「肝心の子供」(文藝賞受賞作)、受賞後第一作にして芥川賞候補作「眼と太陽」に加え、保坂和志氏との記念すべき初対談を収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

    【文藝賞(第44回)】【「TRC MARC」の商品解説】

金太郎飴 磯崎憲一郎エッセイ・対談・評論・インタビュー2007−2019

  • 評価5.0レビュー:2件
  • 税込価格:3,630
  • 出版社:河出書房新社
  • 発売日:2019/12/24
  • 発送可能日:1~3日
  • デビューから12年。『朝日新聞』の「文芸時評」をはじめ、エッセイや書評、評論に留まらず、インタビュー記事、文庫の解説まで、さまざまな原稿を掲載年ごとに掲載。保坂和志、佐々木敦、羽生善治らとの対談も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

電車道

  • 評価3.3レビュー:13件
  • 税込価格:1,760
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2015/02/27
  • 発送可能日:7~21日
  • 男はある晩、家族を残して家を出た―また別の男は突然、選挙に立候補する。ある高台の町を舞台に、そこに流れた百年の時間と親子孫三代を軸に、自然災害、戦争、さらには資本主義経済と抗いがたいものに翻弄されながら、絶えまなく続いてきた人間の営みを活写した傑作長篇。【「BOOK」データベースの商品解説】

    男はある晩、家族を残して家を出た。また別の男は突然、選挙に立候補する−。鉄道開発を背景に、そ...

往古来今

  • 評価3.0レビュー:7件
  • 税込価格:1,540
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2013/05/10
  • 発送可能日:7~21日
  • 「俺は、俺の人生に見張られている」。綿々と続く時間の流れ。芥川賞作家が新境地に挑む5篇。【「BOOK」データベースの商品解説】

    「俺は、俺の人生に見張られている」 綿々と続く時間の流れのなかで人は何を感じ、受け入れ、進むべき道を選ぶのか。「過去」と「いま」が交錯する5つの物語。『文學界』掲載作品をまとめて単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

世紀の発見 (河出文庫)

  • 評価3.5レビュー:7件
  • 税込価格:715
  • 出版社:河出書房新社
  • 取扱開始日:2012/05/02
  • 発送可能日:1~3日
  • 幼少の頃に川の対岸に観た「黒くて巨大な機関車」、公民館の池に泳いでいた「マグロのような大きさの鯉」、そしてある日を境に消えてしまった友人A…。小説に内在する可能性を示す表題作ほか全2編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

鳥獣戯画

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

鳥獣戯画

  • 評価3.3レビュー:7件
  • 税込価格:2,200
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2017/10/31
  • 発送可能日:要確認
  • 会社員生活を終え自由の身となった小説家。「鳥獣戯画」を今に伝える高僧。恋をする17歳の私…。語りの力で、何者にもなりえ、何処へでも行ける。小説の可能性を極限まで追い求める、最大級の野心作。『群像』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

    人間が考えることなど動物は何もかもお見通しなのだ。二十八年間の会社員生活を終え自由の身となった小説家。並外れた美貌を持ちながら結婚に...

電車道 (新潮文庫)(新潮文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

電車道 (新潮文庫)

  • 評価4.5レビュー:3件
  • 税込価格:572
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2017/10/28
  • 発送可能日:要確認
  • 男はある晩、家族を残して家を出た。また別の男は突然、選挙に立候補する−。鉄道開発を背景に、そこに流れた百年の時間と、絶えまなく続いてきた人間の営みを活写した長篇小説。【「TRC MARC」の商品解説】

    ある男は家族を捨て洞窟に棲み着き、やがて小さな塾を始める。またある男は選挙に落選し、雑木林を飛ぶムササビの幻影と恋の傷を抱えたまま、電鉄会社を興す。ふたつの破格の人生が交錯する...

アトリエ会議

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,980
  • 出版社:河出書房新社
  • 発売日:2015/12/24
  • 発送可能日:要確認
  • アトリエの空気に導かれ、おしゃべりは溢れ出し、私たちはいつしか“創造”の秘密に出会う−。美術家・横尾忠則のアトリエで行われた、小説家・保坂和志、磯崎憲一郎との鼎談集。『文藝』掲載に語り下ろしを加えて書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

往古来今 (文春文庫)

  • 評価3.5レビュー:3件
  • 税込価格:660
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2015/10/09
  • 発送可能日:要確認
  • 【泉鏡花文学賞(第41回)】今は80代になる母との思い出から現在まで記憶が連鎖する「過去の話」、故郷にまつわる逸話が綴られる「見張りの男」など、時間と空間の限りない広がりを自在に行き来する全5篇を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    泉鏡花文学賞を受賞した傑作中篇集。

    語り手の「私」が、自分の子供のころの母親の思い出を語りだす。と思いきや、突然思い出を断...

赤の他人の瓜二つ (講談社文庫)

  • 税込価格:671
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2014/11/14
  • 発送可能日:要確認
  • 私が出会った、まるで記憶の中の自らの顔を見ているかのような瓜二つの男。チョコレート工場で働くその男の家族の物語は、やがて時も空間も自由に超えて、目眩くチョコレートの世界史へと接続する―各紙誌に「物語ることの限界に挑み、小説の未知なる可能性を示した」と絶賛された、芥川賞作家の傑作!【「BOOK」データベースの商品解説】

    【Bunkamuraドゥマゴ文学賞(第21回)】私が出会った、まる...

小説家の饒舌 12のトーク・セッション

  • 評価3.0レビュー:2件
  • 税込価格:2,200
  • 出版社:メディア総合研究所
  • 発売日:2011/07/22
  • 発送可能日:要確認
  • 小説家とは何をするのか? 批評家・佐々木敦と、前田司郎、長嶋有、鹿島田真希ら12人の現代作家による濃厚ライヴ・トークを完全再現。ジュンク堂書店で2009年1月〜2010年5月に行われたインタヴューを採録。【「TRC MARC」の商品解説】

赤の他人の瓜二つ

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

赤の他人の瓜二つ

  • 評価3.7レビュー:19件
  • 税込価格:1,540
  • 出版社:講談社
  • 発行年月:2011.3
  • 発送可能日:要確認
  • 血の繋がっていない、その男は、私にそっくりだった。青年の労働の日々はやがて日眩くチョコレートの世界史へと接続する—。芥川賞作家入魂の“希望の小説”。【「BOOK」データベースの商品解説】

    【Bunkamuraドゥマゴ文学賞(第21回)】血の繫がっていない、その男は、私にそっくりだった。青年の労働の日々はやがて、目眩くチョコレートの世界史へと接続する−。『群像』掲載を書籍化。【「TRC...

終の住処

  • 評価2.6レビュー:193件
  • 税込価格:1,320
  • 出版社:新潮社
  • 発行年月:2009.7
  • 発送可能日:要確認
  • 妻はそれきり11年、口を利かなかった—。芥川賞受賞作「終の住処」、書き下し短篇「ペナント」収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

    【芥川賞(141(2009上半期))】話しかけても応えない妻。不機嫌のせいだと思った彼だが、妻はそれきり11年、口を利かなかった−。流れてゆく時間、そのものの人生を、覚醒した眼差しで描く。『新潮』掲載に書き下ろし短篇「ペナント」を加え単行本化。【「T...

世紀の発見

  • 評価4.2レビュー:7件
  • 税込価格:1,540
  • 出版社:河出書房新社
  • 発行年月:2009.6
  • 発送可能日:要確認
  • 幼少の頃に見た、対岸を走る「黒くて巨大な機関車」「マグロのような大きさの鯉」、そしてある日を境に消えてしまった友人A−。小説に内在する無限の可能性を示す表題作ほか全2編を収録。『文藝』『群像』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

眼と太陽

  • 評価4.2レビュー:5件
  • 税込価格:1,100
  • 出版社:河出書房新社
  • 発行年月:2008.8
  • 発送可能日:要確認
  • そこには、聖書の時代から変わらぬ太陽が輝いていた。小説に偏在する、啓示の瞬間…注目の才能による、新しい世界文学の誕生。第139回芥川賞候補作。【「BOOK」データベースの商品解説】

    あの日、デトロイトのクラブで出会った、アメリカ人の女・トーリ。射抜くような大きな瞳の女性との時間。そこには、聖書の時代から変わらぬ太陽が輝いていた−。啓示の瞬間が遍在する新しい小説。【「TRC MARC」...

肝心の子供

  • 評価3.4レビュー:17件
  • 税込価格:1,100
  • 出版社:河出書房新社
  • 発行年月:2007.11
  • 発送可能日:要確認
  • ブッダ、束縛という名の息子ラーフラ、孫のティッサ・メッテイヤ。人間ブッダから始まる三代を描いた新しい才能。第44回文藝賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

    【文藝賞(第44回)】ブッダにはラーフラ、束縛という名前の息子がいた−。ブッダ、ラーフラ、そして孫のティッサ・メッテイヤ。人間ブッダから始まる3世代を描く壮大な物語。【「TRC MARC」の商品解説】
検索結果 20 件中 1 件~ 20 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。