サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ピーちゃんさんのレビュー一覧

ピーちゃんさんのレビュー一覧

投稿者:ピーちゃん

15 件中 1 件~ 15 件を表示

素敵な魔女への参考書?!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「魔女の宅急便」の作者が角野さんでよかった!
イメージ通りの方、そして素敵な生活環境!

沢山の好きな物に囲まれ、心の琴線を磨かれているのだなあと思いました!

写真もカラフルで、見ていると元気になってきます。

角野さんのような素敵な魔女になれると良いのですが!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本淳子のてっぺん

2018/04/19 11:10

信念を貫く生き方に感銘

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

田部井さんのことはテレビ出演で知っていましたが、登山家田部井さんはこの小説で再確認するとともに彼女の奥に秘められた強さを知りました。

女だからと蔑視されていた男性山屋を実力で認めさせ、淡々と自分の信じる道を歩む姿。
と同時に同じ登山家なのに嫌な顔一つせずに彼女をひたすら支えられたご主人のお姿にも、敬服。

各々の信念を貫く生き方の集大成が、エベレストに繋がったのだと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍楽しいこといっぱい65

2018/03/01 10:59

素敵な本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

美しい写真
その横のページに栗原さんのおっとりとした語り口のエッセイ

何気ない生活用品が、栗原さんにとってのいとおしくも大切な品々
好きな物に囲まれて、大切に生活をされている姿に素敵だなあ・・・と感動

感受性の感度はこうして日々磨かれていくものだと思いました。

素敵な本です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍バッタを倒しにアフリカへ

2018/02/14 20:24

体験談は魅力的

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

真剣さ故に目が離せない。
真剣のはずが失敗がある。
そこが読者にはたまらない面白さ。

でも、バッタは倒せたの?!
どうやってバッタを倒したの?!
そこは学会で発表するのかしら?!
そこが謎。
でも過程が愉快!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍日の名残り

2018/01/03 17:37

仕事へのプライドと品格

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

丁寧な描写で淡々と語られる。
仕事へのプライド、その根底には品格を重要視して。

その二つの存在をもっている人の存在に立ち止まり考えたくなるような気がした。

重厚な作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

人はいくつになっても挑戦

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「家はのんびりと羽を伸ばせる」と思っていた場所が、奥様が亡くなられた後に、すべて一転。
家事全般が挑戦課題になった70歳。
独り暮らしの寂しさは、男女問わないと思うが、家事に翻弄される姿に驚くこと多し。

同じ立場の男性は、挑戦する姿に勇気をもらえる一冊。
又家事を奥さん任せの男性は、日ごろから家事を手伝って少しは精通しておかなくては、と反省する一冊になるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

アバウトが苦手な人向き

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

お試し版で感想を書かせてもらうのも気が引けるが・・・と断りを入れて。


お菓子作りは科学実験のようだ、と聞いたことがある。
きっちりしないと膨らむものも膨らまないかららしい。

その料理版がこの本。何事もきっちりしたい人にはもってこいの本。
又、手順を箇条書き文章で書いている料理本が多い中、矢印で書いてあるので、見やすい。

ただ、私はアバウトなので、そんなにきっちりしなくても・・・できるよなあと。
ただ手順の矢印記述は気に入った。
世の中いろんなタイプの人がいるので、色々な本があっていいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍ひきこもらない

2018/02/03 21:27

脱力感に魅力

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

Phaさんの作品を読んだのは二冊目ですが、なんだか魅力的。
別に特筆するようなアクシデントがあるわけでなく、日ごろの一日の過ごし方やら、ちょっとした小旅行?、見過ごしそうな空気を描写するような感じですが、読みやすく惹きつけられます。
そこが文才というものでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍モンプチ 嫁はフランス人

2018/01/03 17:23

面白くもあり、ためにもなった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

単なる国際結婚の話で終わることなく、生活にまつわるフランス文化の微細なところや、日本人の名前にしても私たちの知らないニュアンスの違いがあるのだと知れて興味深かった!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本桜のような僕の恋人

2017/11/06 14:43

辛いね

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

あっという間に読み終えて、気づけば沢山泣いていた。
しかもヒロインがかかるその病が難病で現実として受け止めにくかったが、兎に角辛かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本いつも、おしゃれで。

2017/11/06 14:23

アンテナの張り方

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

つい手抜きな格好の日々、おしゃれになるには・・・と思って読みました。
日々ちょっとしたところにまでアンテナを張られて、ご自分のセンスの良さプラス、道行く人々までちゃんと観察されるその心がけに、感心しました。どこにでもお手本になる素材はある物です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本デンジャラス

2018/04/02 20:56

葛藤を懐きつつ淡々と

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

谷崎潤一郎の作品はかなり読んでいたので、小説家と小説家に選ばれた家族たちの背景を垣間見られて、興味深かった。
モデルとなった人々が様々な葛藤を懐きつつ淡々と過ごしていたのが不思議。
だが、その淡々さがかえって深い闇を思い起こさせて、そこが桐野さんの狙いだったのかと思った。

桐野さんの作品は初めて読んだが、読みやすかったので又続いて読んでみようと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍コーヒーが冷めないうちに

2018/01/04 19:53

漫画か映像か

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

読みだしてすぐに、漫画のようだとか、映画にできる、と思い読み進めました。
作者が脚本家ということで納得しました。
でも、構想としては面白いでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本月の満ち欠け

2017/11/06 14:32

不思議

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

あれっ、どうなってるのだろう?!
と思わせて、どんどん迷路の奥に誘われていく物語。
一度手を掴まれたら、最後のページまで放してくれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本往復書簡 初恋と不倫

2018/04/07 11:44

不思議

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

メールでの書簡形式にしているせいか、顔や登場する人物のイメージがわいてこない。
不思議。

そうか、脚本だったのだ。
「君がいてもいなくても、日常の中でいつも君が好きでした」この言葉が心を刺した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

15 件中 1 件~ 15 件を表示