サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 銀雪さんのレビュー一覧

銀雪さんのレビュー一覧

投稿者:銀雪

25 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

“一生美人”力 人生の質が高まる108の気づき

思わず、ぴんと背筋を伸ばしたくなる。大人の女性向けの一冊。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

女性向けの美容雑誌などでよくコラムをお見かけする、齋藤薫さんの本。齋藤さんの美容関係のコラムは大好きで、雑誌を読むたびに毎回楽しみにしています。

これは、そんな連載を一冊にまとめたエッセイ集。齊藤さんの著書は『「美人」へのレッスン』という本も読みましたが、こちらのほうが私は好きです。ひとつひとつのコラムが短く読みやすいし、生活に応用もしやすい気がします。

「女としてどのように歳を重ねていきたいか」について意識を向けたくなる一冊。この本は、30代以上の女性向けだとは思いますが、当てはまらないひとにとっても有益な部分はあると思います。読み終えた直後は、思わず背筋をぴんと伸ばしてしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。

『さびしすぎて~』と併せて読むとさらに面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

永田カビ『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』の漫画が面白かったのと、先日、著者の御坊さんによるレズ風俗トークイベントがあり気になったのでこの本を読んでみました。(トークイベントの方には結局、行けなかったのですが)
著者の御坊さんが経営する「レズっ娘クラブ」は大阪で営業中。時折出てくる関西弁もいい感じで、とても読みやすかった一冊。
同性愛や風俗店への興味本位もあって読んだ部分も正直あったけれど、読んでみたら、起業家のエッセイとしても面白かったです。
この本の表紙や挿絵が、『さびしすぎて~』の著者の永田カビさんによるものなのも嬉しい。永田さんはこのお店で救われて、御坊さんは永田さんの漫画によってお店の知名度も広まって。そんな、両者の良い関係性もこの本から伝わってきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

風のむこう、きみへ続く道

紙の本風のむこう、きみへ続く道

2018/05/08 11:18

主人公の婚約者に感情移入できた物語

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

初めてこの本を読んだのは2010年、学生の頃、図書館で借りた単行本にて。すごく好きなタイプの作品で、とても心情描写がわかりやすくて共感しやすかったです 。最初は、主人公の婚約者である克己の性格が好きになれず少しイラっとしたけど、それは彼の考え方や境遇が、私に近いからだとやがてわかってきて、憎めない存在に思えてきたりもして。
主人公・千晶の旅先での出会いのたびにホロリとさせられました。ラストもすごくよかった(けど、どうせならほかの人物のその後も知りたかった)。
そして先日、文庫版を購入して7年半ぶりに再読。細かいところは忘れていたので、旅での出会いの伏線について気づいたときは「あ、そういうことか……!」と胸が熱くなりました。私は克巳と境遇がすごく似ているので、途中から泣けてきてしまったりも。7年前に読んだときより今のほうが状況も年齢も近いので、他人事と思えなかったのもあります。これ、克巳はものすごく嬉しいだろうなぁ……。
バイクで旅行をする女性の物語ですが、旅先が特定の実在地域にはなっていないため、共感できる余地が広めなのも良かったです。そしてこれ、男女が逆だとすごく話が作りにくいだろうな、と思ったりもしてしまいました(笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「読ませる」ための文章センスが身につく本 「つかむ・のせる・転がす・落とす」名文に学ぶ4つのステップ

ネット時代の「文章の書き方」本!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

憧れている哲学者の、千葉雅也さん(近年は、著書『勉強の哲学』が話題になったりもしましたね)がTwitterで紹介していて気になった本。文章の書き方や伝え方の本は数あれど、この本は、「炎上を恐れないこと」「予防線は張らないこと」「大風呂敷を広げること」について特に言及しており、ネット時代に相応しい本だな、と思いました。
私なんて特に顕著なのですが、SNSの投稿や同人誌での論考などでは、多方面に配慮するつもりで予防線を張りすぎて、文章としてのツヤを失ってしまうこともしばしば……。

特に印象的だったのは、

「読者の疑問に答えよう」というサービス心ではなく、「自分が批判されたくない」という保身のために書いている。そんな心根は読み手にすぐに見透かされます。

これには、グサッときました。

いわゆる「炎上商法」として予防線を張らないことを推奨しているわけではなく、あくまでも「読者に伝わりやすくするため」に使わない、話を大風呂敷に広げるのも「期待感を持って読んでもらうため」というスタンスには好感が持てます。

この本は、一般のビジネスマン、あるいはブロガーが使うことを想定していると思うのですが、千葉さんは「学術にも応用ができる部分があるかも」ということをおっしゃっていたのも、個人的には印象的でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

二番目の悪者

紙の本二番目の悪者

2017/03/07 16:47

2010年代、大人も子どもも読みたい絵本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

人から「読んでごらん」と勧められて読んだ絵本。読後、思わず奥付を見て発行日を確認した。内容はしっかりと絵本だけど、SNS全盛期のこの2010年代に、大人も子どもも一読する価値があると思った。
この本を私に勧めた人は、読後、アメリカ大統領選挙のことを思い出したという。言われてみれば確かに。そして、絵本に、ごく自然に「メール」が出てくるところに現代っぽさを感じる。ただ、別に今風な話というわけではなく、普遍性を扱った作品である。後世にも読み継がれていって欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本で働くのは本当に損なのか 日本型キャリアVS欧米型キャリア

日本礼賛でも欧米礼賛でもない、フラットな「働き方の比較」の本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

電通過労自殺が話題になっていたときのこと。社会運動や労働問題に関心の強い友人たちとシェアハウスで話し、なにか打開策はないのか、本当に日本の労働環境は良くないのか……と悶々としながら帰路についた夜。そんな日に、家族の本棚を何気なく見ていたら見つけたのがこの本でした。

 著者は、転職マンガ「エンゼルバンク」の主人公のモデルにもなった転職コンサルタント。

 この本では、日本の企業と欧米の企業の違いやそれぞれの特色について、Q&A形式で書かれています。

「若者の疲労感やうつ、引きこもりはブラック企業ではなくても増えているのはなぜ?」「なぜ日本では、上司が部下の面倒を見るの?」といった質問と答えから、雇用や働き方をめぐる現状が見えてきます。

 また「ギャップイヤー」という概念の本来の意味を知ることができたのも有益でした。



 この本では、「だから日本はダメなんだ。欧米を見習うべき」という欧米礼賛でも「日本は素晴らしい」という日本礼賛でもなく、どちらにも過度に肩入れせず、比較的フラットに両者の特徴を説明しています。

「大学院に入り直さなくても異業種への転職が容易な点は日本型がいいな。でも、日本型みたいに全員が幹部候補である必要はないと思うな」という具合に、自分はどの点は日本型がいいと思うか、どの点は欧米型がいいと思うかを考えてみることも、思考の整理に役に立ちました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

泣いちゃいそうだよ恋ブック “わたしの恋”を見つけよう!

読んでいて楽しいファンブック

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一気読み。描き下ろしイラストもたくさんあって読んでいて楽しかった。
このシリーズはすべて読んではいるものの、内容はけっこう忘れている部分もあったから、新鮮な気持ちで読めた。四コマ漫画は泉ちゃんの失恋直後のものがいちばん好き。「失恋女子会」も懐かしいキャラがたくさん出てきて面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

可愛いままで年収1000万円 ゆるふわキャリアで仕事もプライベートもうまくいく♥

“自分らしいままで”生きていくスタイル

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

Twitterで流れてきて知った本。著者と年齢が近く、私も同じく名古屋に住んでいたことがあるので、すこし親近感を抱きながら読むことができました。
 この本での「可愛いままで」というのは、「自分らしいままで」という意味。
「ガツガツせず、自分らしいままで稼ぐ」という著者のスタイルはまさに私の憧れでもあるところ。それぞれの章の見出しにもハートマークがたくさんあるところが個人的にはお気に入りです。
 なりたい年収から逆算して計画を立てることや、「お金をありがたく受け取ること」などのエピソードが印象的でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

なぜ幸せな恋愛・結婚につながらないのか 18の妖怪女子ウォッチ

婚活中の女友達に薦めたい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

面白く読めました。読みながら、女友達の顔を思い浮かべたり、このタイプは男性にもいるなぁと思ったり……。私は、(過去の自分含め)どのタイプの妖怪女子にも割と当てはまる部分があったので、それぞれに共感したり居たたまれなくなったり(苦笑)。
インタビュー、こんなに赤裸々に友人のことを書いていていいの?と思ったけど、きっといろんな事例を組み合わせたり、フェイクを入れたものなんでしょう。
そしてこの本は、前著『妖怪男ウォッチ』の女性版のようですが、「妖怪女ウォッチ」というタイトルにはしていないところにマーケティングの上手さを感じました。婚活中の女友達にも勧めたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

一瞬で美人の秘密が手に入る メイクの魔法

初めて読んだ神崎恵さんの本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

雑誌でよく見る神崎恵さんの著書。終盤には思わずホロリとさせられてしまった。この本の影響で、美容液を久しぶりに使うようになった。また、ファンデーションの色を選ぶ際、私はいつも明るめのものを選んでしまうことが多かったんだけど、一段暗いものを選ぶのが良いという意見は新鮮だった。この本には写真がないのがやや残念ではあるけれど、そのぶん、読み込んで自分なりの解釈をした上でやってみようと思えてくる。美意識高く、というよりは、自分のペースで可愛くなろうと思える本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

「美人は性格が悪い」って本当!? ブスが美人に憧れて人生が変わった話。(大和出版)

可愛い友達が紹介していた、読みやすいエッセイ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

可愛く、美意識の高い友達がインスタグラムで紹介していたので電子書籍で購入。すぐに読了できました。文章としての読みやすさもあったけど、もともと薄めの本なのかな。
著者の、ブス時代の性格のブスさをここまでさらけ出せる姿勢には一周回って好感。誰にだってドロドロした部分はあるし、人間らしさが溢れていて良いと思います。
ただ、全体的にもっと掘り下げて書いて欲しかった気もします。留学の話とか筋トレの話とか腐女子話とか雑貨屋の話とか、すごく面白そうなのでもっと詳しく読みたかったです。
ただ、そこまで書くと本の主題から離れそうなので、これはこれでいいのかも、という気もしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

セブンデイズ MONDAY→THUSDAY (ミリオンコミックス)

初めて読んだBL漫画

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

BL漫画を読むのはこれが初めて。2人が付き合うようになる経緯も、心理描写も、キャラクターへの共感もしやすく、読みやすかった。あの女性キャラがどう今後絡んでいくのか、などの今後も気になる。それにしても、私はこのテの作品を読むのが初めてなんだけど、男同士が付き合うことはこの世界ではどのような扱いなのかがなんとなくまだ掴めなかった。そのあたりの展開も、描写があるとしたら追ってみたい気もする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

世界一Happyで美人になれる魔法のおしゃれレッスン

ファッションについてもこれだけ書けるなんて

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

手持ちのお洋服について見直そうと思っている時期に読んでみた。著者は美容関係のコラムを書いているイメージが強かったから、ファッションについてもこれだけのことが書けるんだ、と少々意外にも思ってしまった。
また、意外と印象的だったのは「香り」についてのくだり。香りの使いかたについて、もう少し意識してみようかな、と思えた。また、これまで首の長さやデコルテについてもあまり意識したことがなかったから、そこを引き立てることに対しても気持ちが向いてきた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

作家になりたい! 1 恋愛小説、書けるかな?

過去作品のリメイクだけど、こちらのほうが好き

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

深雪先生の新シリーズだ!と期待して購入。だけど、あらすじを読んでみたら過去作品のリメイクだったことが判明。その作品も好きだったから一気に読めたし、あの作品のときは、主人公の作家志望っぽさがそんなに活かされていなかったし、一冊で完結の読み切り型(別の本で番外編の短編はあったけど)だったから、この作品はその点も違って良かった。ストーリーそのものより、過去作品とどう違うかの違いを探すのが楽しかったかも(笑)。あと、イラストのタッチも「泣いちゃい」のころと違って新鮮。過去作品のほうは図書館で読んでいたけど、古本で買ってみようと思ってる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

電車で行こう! 18 川崎の秘境駅と、京急線で桜前線を追え!

ふたりのデートがメインの巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

雄太とさくらちゃんのデートがメインの巻。このシリーズはいつもみんな大人数で行動している印象が強いから、今回はほとんど2人だけでその点はちょっと物足りなさを感じた。最後の乗り継ぎの方法は、なるほどさすが。ここで出てくる秘境駅、私は行ったことはないんだけど、初めて知る駅じゃない気がする。別の本か何かで出てきたのかな。桜が見える駅も行ってみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

25 件中 1 件~ 15 件を表示