サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

店舗詳細

丸善 京都本店

My店舗に登録

My店舗に登録頂くと、当店のお得なクーポン付きメールなどが受け取れます。

丸善 京都本店 京都本店

フロアマップ[690KB]

店舗の情報を携帯でチェックする

メールでURLを送る

丸善 京都本店 京都本店

モバイル端末では先のQRコードからもアクセスできます。

住所 〒604-8032
京都府京都市中京区河原町通三条下ル山崎町251 京都BAL 地下1階~地下2階
電話番号

075-253-1599

営業時間

11:00~20:00

定休日

営業時間
11:00~20:00

10月無休
11月無休

取扱商品
  • 和書
  • 洋書
  • コミック
  • 文具

取扱サービス
  • カフェ
  • hontoポイント
  • 万年筆友の会
  • 店舗お受け取り

アクセス方法

阪急 河原町駅 徒歩7分
京阪 三条駅 徒歩8分
地下鉄東西線 京都市役所前駅 徒歩9分

店舗地図

Map data ©2020 Google, ZENRIN

Google Mapで詳しく見る

備考 駐車場 / 提携駐車場なし

お支払い方法一覧
■ 決済
現金
クレジット
図書カード
QUOカード
ギフト券(一部)
銀聯

■ 電子決済
交通系IC
iD
楽天Edy
Pitapa
WAON
QUICPay

楽天ペイ
PayPay
LINE Pay
d払い
auPAY
QUOPay
WeChat Pay

■ ポイント
hontoポイント
楽天ポイント
dポイント
Pontaポイント


代引きサービス
代金引換便による配送サービスを承ります。送料・手数料は店舗まで直接お問い合わせください。

免税について
店頭での免税手続きを承ります。詳細は店舗までお問い合わせください。
免税対応店舗についてはこちらをご確認ください。

店舗紹介
京都BAL地下1階、地下2階にて営業。
フロア総面積約1,000坪で国内書籍、洋書、文具にカフェを併設し、書籍820坪で総冊数約100万冊、うち洋書約7万冊、文具125坪で28,000アイテムの商品量を誇ります。

 国内書籍は、一般書に加えて、専門書も充実し、特に洋書に関しては、丸の内本店とほぼ同規模の商品量で西日本の基幹店舗となります。
 併設のカフェ「MARUZEN CAFE」は、西日本では初出店、丸善創業者の早矢仕有的が考案したという説もあるハヤシライスに加えて、レモンのスィーツもご所望いただけます。
 天井高4メートルの開放感のある快適な空間で、幅広いお客様に、充実した国内書籍、洋書、文具を、じっくりとお選びいただけるよう努めます。

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。

ソーシャルメディア情報
丸善 京都本店では以下のSNSから情報を発信しておりますのでぜひご覧ください。
・Twitter(店舗代表): @maruzenkyoto
・Twitter(コミック売場): @m_kyoto_comic
・LINE@: 「丸善 京都本店」で検索、またはこちらから
友だち追加


店舗画像1

丸善 京都本店


店舗画像2

丸善 京都本店


店舗画像3

丸善 京都本店


店舗画像4

丸善 京都本店



お知らせ・イベント

京都本店のフェアやサイン会などの新着イベント情報をご紹介します 一覧を見る

採用情報

京都本店では働きたい方を募集しています 一覧を見る

書店員レビュー

福岡店/MARUZEN 福岡店(文具)【2020年8月7日営業再開】の書店員レビューをご紹介します 一覧を見る

アレックスと私 (ハヤカワ文庫 NF)アイリーン・M・ペパーバーグ (著)

アレックスと私(ハヤカワ文庫 NF)

書店員:「ジュンク堂書店福岡店スタッフ」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|福岡店/MARUZEN 福岡店(文具)【2020年8月7日営業再開】
30年ははやすぎる

これはヒトと鳥との、人間の言葉を使ったコミュニケーションの研究者アイリーン・M・ペパーバーグ氏とその研究の相棒、ヨウムのアレックスの物語。

たまたまヨウムの賢さと愛情深さを知った頃に気になり手に取ったこの本。
読んでみれば著者アイリーンの半生が語られアレックスがなかなか登場しない。それでも男性中心の世界で研究をする、結婚後も辞めず続ける、新たな分野で独自の研究を始めるアイリーンの果敢に突き進む姿とあわせて当時の社会や学会の常識は興味深く引き込まれてしまう。

そんなアイリーンの研究の相棒ヨウムのアレックス。かつて鳥に知性はないと思われていた時代に世間から認められる実験結果を出し、ついには「天才」とまで呼ばれるようになった。その性格はなかなかなもの。自分の思うように周りの人間を動かそうとする。実験が退屈になれば、つまらないことを隠さずいたずらもする。けれど「アイム・ソーリー」、「ナデテ」、「ナッツ、ホシイ」などなど言葉の端々に愛敬があってチャーミング。

すでに有名ではあるけれど、ひとりでも多くの人にアレックスのことを知ってほしい。

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。