サイト内検索

詳細検索

暮らし実用・児童書絵本10倍ポイント(~7/28)

銀の匙 Silver Spoon 12(少年サンデーコミックス)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 88件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報
この商品の関連情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

コミック

電子書籍

銀の匙 Silver Spoon 12

著者 荒川 弘

夢なんて語るやつがウザったかった。目標を持っているやつにムカついた。そんな自分が嫌いだった。今は違う。北の大地で過ごした一年は、伊達じゃない。やりたいことが見えてきた。厳...

もっと見る

銀の匙 Silver Spoon 12

432(税込)

ポイント :4pt / 紙の本より31おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

銀の匙 VOLUME12 (少年サンデーコミックス)

463(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 33.7MB 無制限
Android EPUB 33.7MB 無制限
Win EPUB 33.7MB 無制限
Mac EPUB 33.7MB 無制限

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

夢なんて語るやつがウザったかった。
目標を持っているやつにムカついた。
そんな自分が嫌いだった。
今は違う。
北の大地で過ごした一年は、伊達じゃない。
やりたいことが見えてきた。
厳しい冬を越えて、
どれだけ成長したのかを
一番知りたいのは、
八軒だ。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー88件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

おもしろかった!

2016/01/09 02:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yo - この投稿者のレビュー一覧を見る

安定の面白さ。八軒の成長がうれしいですね。次巻にも期待。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

安定の面白さ

2015/10/29 11:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とっきー - この投稿者のレビュー一覧を見る

勉強一筋の少年が入った農業高校をコミカルに、しかしリアルに描いたコミックスの12巻。この巻も安定の面白さを保ち、一気に読み終えてしまいました。巻が進むごとに、ややスピード感が上がっていますが、丁寧に描かれた世界観は、農業を知らない人でも十分に楽しめ、むしろ、興味を持てると思います

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

酪農の世界

2015/09/30 14:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くー - この投稿者のレビュー一覧を見る

酪農って一言で言っても
色んな分野や職業があって
なかなか知る機会のない世界のことなので
勉強になります。
みんな夢を持っていて楽しそう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ただただ感服させられます。

2015/08/10 19:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:McTD - この投稿者のレビュー一覧を見る

連載開始直後こそ「何だコレは」と思ったものの、すぐにその話の展開に引き付けられ、目が離せなくなってしました。次が楽しみで仕方がありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

この展開は‥

2015/05/05 20:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ルート - この投稿者のレビュー一覧を見る

八軒君が、学校の実習で学んだことを、社会で実践してみたいと、高校生としては大人じみた行動に走ってしまう。八軒君の頭の良さは秀才タイプであるが、その場で頭を捻って問題を解決できる頭の良さも持っている。
作者は、学校の学びを社会に活かせるようにと、若い人に発信しているようにも伺われる。
この展開は、逆に学校の枠に収まりそうにないので長期連載を視野に入れているとしたら、いい題材かもしれません。
これからもじっくり読ませていただきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白い

2015/04/06 19:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やっしー - この投稿者のレビュー一覧を見る

まさか会社をつくってしまうとは...
びっくりしたけどすごく面白かったです
続きがきになる!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

はしより過ぎでは!?

2015/11/19 10:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とりのひよこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

またまた富士先生かっこいい!頼りになる先生って素敵すぎる!!
それにしても、いつの間にか八軒君達が3年生になっている...2年生も、もっと掘り下げて色々エピソード見たかったなぁ。こんなにさらっと展開されちゃうと連載短くなるじゃん。
それだけじっくり長く読みたい作品って事ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

繋ぎの巻って感じかな

2014/09/03 16:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりんぐりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

畜産を学ぶ高校に入り、成長していく八軒が、卒業後に目を向け、それに向かって努力していくようになりました。
「絆の農業」というテーマを見つけたものの、それをいかに実現していくかで奮闘する12巻。過渡期と言うか、核になるエピソードとエピソードのつなぎの巻といった感じです。
次巻に期待したいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/07 17:35

投稿元:ブクログ

八軒の事業計画準備編。
御影の家の放牧地を使って、黒豚の飼育を実施。使える先輩大川を社長に据え、八軒は資金がないなりのアイディアを積み重ねていく。
駒場一郎もまたそんな八軒たちの姿を見て新たな一歩を踏み出す。

2014/08/22 23:25

投稿元:ブクログ

今回は割りと落ち着いてたかな。
ハチケン達がちゃんと両思いだってことになっているのが何だか上手いこと恋愛話の面倒さを回避してるきがしてならない(苦笑)
お父さんも最初程怖くなくてまともだったんだなって。

2015/07/06 15:29

投稿元:ブクログ

馬小屋をバラバラにするシーンで、ことばにならない感情が溢れてきて、思わず胸が一杯になった。物語のギアチェンジが遂に成功していて、北海道の大地を踏みしめながら一日一日はたらいてゆく17歳の主人公達が、どうしようもなくまぶしい。あの山越えたら、何があると思う?

2014/08/18 19:02

投稿元:ブクログ

どんだけ引き出しもってんだ?荒川先生!
登場する高校生全員を複雑に書き分けてるのに、読者にまったく負担与えないってスゴい。これほどのスピードで進んでいながら置いてけぼりにされないことに感動する。

2014/08/20 08:51

投稿元:ブクログ

スピードアップ、時間軸が。企業準備は遅々としてだが確実に前進してる。大川先輩は卒業してもよく出てくると思ったらまさかのこんな重要な役回りだったとは。次巻、駒場はどんな山を超えるのだろう。

2014/08/15 16:24

投稿元:ブクログ

八軒たちの過ごすエゾノーでの2年目の春が始まる。
新章開始。それぞれが自分たちの夢に向かって新しい一歩を踏み出す。1年間の濃いすぎるエゾノーでの生活から得たものは確実に八軒を成長させた。農業ビジネスでの起業を掲げ、慌ただしくも充実した2年目が幕を開ける。学祭での馬術部の活動を見て新しい後輩も入部してきた。八軒たちが先輩たちや先生、周囲の大人たち、色んな人たちから影響を受けて「今」を作ってきたように、こうして夢は繋がっていくのだろう。農業ビジネスのきっかけとなる放牧豚の繁殖を進めていくことになるのだが・・・。

2年目の春は新しいことが目白押しですな。まさに新章開始。これから色々なことが起こるぞ~始まるぞ~って幕開けで、登場人物たちが様々に動き出した感じ。これからも面白くなりそう。個人的には駒場がやっと動き始めたことに感動。あと大川先輩の器用さにウケるww頑張れ、社長~w西川のイモに対する愛情にも笑った。例え可笑しすぎww
そして他の方たちのレビューを読んで気づいたけど八軒たち3年生になってる(笑)展開が早すぎて違和感に気づいてなかったよwwもうすぐ終わりなのかな?13巻が発売するのは当分先だろうけれど、首を長くして待っていることにしよう。

2014/08/17 21:58

投稿元:ブクログ

大川先輩が豚を貰ったことから進み始めるプロジェクト。お仕事を与えておこう→まさかの社長就任。確かにひねくれ担当とバカ正直担当でいいコンビなのかもね。いいなー、ジャーマンピザ。西川のイモ愛伝わってきたぜ。

生き物・ペット ランキング

生き物・ペットのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む