サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

honto編集員ブックキュレーターhonto編集員

正常と異常の境界はどこに!?「狂気」について深く考えさせられる本

「異常」とか「狂気」というレッテルは、ともすると個人を不当に滅ぼしかねません。いったい誰に、「異常である」とか「狂っている」という判定をくだす権利があるのでしょうか?また、「異常と正常」や「狂気と正気」との間にはっきりとした境界はあるのか・・・。そうしたことについて、深く考えさせられる本を紹介します。

14
お気に入り
2974
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 精神科医・木村敏が、「精神の病」という観点から異常について考察した名著です。この場合、「診断」というものが「異常」の判定基準になりますが、しかし診断をする側が「正常」であるかどうかはどう判定するのか・・・。本書は「異常」を「異質」としてとらえ、どちらが正しいとは言えないという立場に立っているところに説得力があります。

  • フランスの哲学者ミシェル・フーコーが、「狂気」の相対化を試みた大著です。狂気の定義は社会や文化によって、また時代によって、大きく異なるという歴史的事実が緻密に描かれています。異常性を判定する際に、いかに良心という基準が頼りないものであるかがよくわかります。狂気について考える上で、まず手に取るべき一冊です。

  • 良心をもたない、いわゆる「サイコパス」について考察した本です。けれども良心とはそもそもなんなのでしょうか?本書を読めば、異常と正常の境界がますますわからなくなってきます。政治の指導者や会社の重役などにもサイコパスは多くいるといわれていますが、もし彼ら彼女らが組織・社会の価値観を決めているとすれば・・・と考えさせられる一冊です。

  • 実際に起こった殺人事件をもとにして書かれた大人の絵本です。その事件というのは、夫婦2人で幼児を次々と誘拐し、殺害したというもの。けれども、本書で描かれているこのおぞましい2人の、おぞましい生育環境を知ると、どことなく同情したくもなります。正常から異常への道行きが誰にも開かれていることがわかります。

  • 殺人者の手記をまとめた本です。著者はサイコパスなのか、それとも精神を病んでいるのか。もしくは正常な、単なる犯罪者なのでしょうか。それを早急に判断するわけにはいきませんが、本書は読む者を不安にさせます。著者が書いている事件の顛末は異常であるのに、少なくとも正常ではないのに、この本が読めるものであるからです。

honto編集員

ブックキュレーター

honto編集員

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。