サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

漫画家 倉田真由美ブックキュレーター漫画家 倉田真由美

なんというか、漫画家として考えさせられた最近の5冊

私は大学卒業直後、23歳の時にヤングマガジンで漫画家デビューしました。それからもう23年以上、漫画家として浮き沈みしながら暮らしています。今はもう単行本も出ませんが、代わりにテレビやラジオなど漫画以外の仕事をこなしているおかげで、なんとか暮らしていけています。漫画家って本当に、長く描き続けるのはものすごく大変!な仕事です。描きたくても需要がなくなれば商売として続かないし、そもそも年齢を重ねてモチベーションや気力、体力が続かなくなることもあります。シビアな世界です。売れている人は桁違いの収入があるようですが、暮らしていくのがやっと、いや、漫画だけで食べられないから他の仕事もしているという人も少なくありません。生涯漫画家でいられる人ってどのくらいいるのかなあ。なんというか、最近こんなことばかり考えます。やっぱり漫画、好き。でも描くの嫌い。でも未練がある。他の作家さんの作品を読んで、ますます袋小路に入り込んでいます。

0
お気に入り
920
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • これ、最後の作者あとがきも含め随所に共感するところがありました。つらいなあ。終わった、と周りが思う漫画家って多分本人が一番終わったことを分かっているんです。でもそこに開き直りの気持ちなんかなくて、すがりたいような祈りたいような自分の可能性のようなものも、微かにあるんですよね。うう、私は漫画家の中ではかなり異端だから漫画家仲間って全然いないんですが、やっぱりこういう気持ちは誰かと共有したいなあ。

  • たかぎなおこさんの漫画、好きでほとんど持っています。近い世代で同じエッセイ漫画を描く身として、彼女の人間性の柔らかさ、作画の丁寧さ、いつも感心しています。絵柄も荒れないし、新刊の『お互い40代婚』なんか、私と全然違う恋愛観がむしろ羨ましい気がしました。私もこんな男性選べたらなあ(溜息)。浮草時代の彼女の生活を描いた本書、これも自分自身の浮草時代を思い出して、しんみりしました。

  • 『シェイプアップ乱』『ジャングルの王者ターちゃん』など、ジャンプで一時代を築いたギャグ漫画家の大家、徳弘正也先生の新刊。あとがきに、せつない現在の状況が書かれていて驚きました。先生でも、今は紙媒体に描かれていないそうです。新しい作家がどんどん出てくるし、ページ数は限られているし、ということなのでしょうが・・・先生ほど実績のある作家は少ないので、デビューはしたけど漫画家としては仕事が続かなかった人の屍は累々としているのでしょう。恐ろしいなあ。でも半兵衛はしっかり面白かったのでちょっとほっとしました。

  • 内田春菊さん、大腸がんになってからのことが分かりやすく描かれています。こういう漫画、もっとあったらいいのに。病気のリアル、知りたい人いっぱいいるはずですから。漫画家は自由業なので、倒れたら何も保障がありません。身体は大事にしないとなあ。

  • 相原コージ先生のインタビューが、なんともせつなく。私、勝手に相原先生のこと「自分と近い人なのでは」と思っていたんですよね。絵が拙いとかそういうことだけではなく、ギャグの空気感とか漫画から想像する人間性とか。いや、恐れ多いこと言ってるのは自覚していますけど、妙にシンパシーを感じていたんですよ。お会いしたことないんですけど。でもなんだか私が想像するより遥かにしんどそうな日々を過ごしておられて、「漫画家って苦しい仕事なのだな」と身に沁みました。うん。苦しいですよね。うん。

漫画家 倉田真由美

ブックキュレーター

漫画家 倉田真由美

大学卒業後、「ヤングマガジンギャグ大賞」に応募し大賞受賞。2000年ダメ男を好きになる女たちを描いた『だめんず・うぉ~か~』連載開始。その後も『もんぺ町ヨメトメうぉ~ず』、アイドル漫画『終末アイドルフルフル9』『トーキョーはらへり散歩』『くらたまの恋愛やり直し!!塾』など、多数の漫画や書籍を執筆。現在は執筆活動のほかにテレビ・ラジオ出演、トークショーと多方面で活躍中。趣味は読書で好きなジャンルはミステリー、ホラー、好きな作家は貴志祐介、前川裕、小野不由美。

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。