サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/29)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 新潮社
  6. 新潮文庫
  7. 楽園のカンヴァス(新潮文庫)
楽園のカンヴァス(新潮文庫)(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 31件

電子書籍

楽園のカンヴァス(新潮文庫)

著者 原田マハ

ニューヨーク近代美術館のキュレーター、ティム・ブラウンはある日スイスの大邸宅に招かれる。そこで見たのは巨匠ルソーの名作「夢」に酷似した絵。持ち主は正しく真贋判定した者にこの絵を譲ると告げ、手がかりとなる謎の古書を読ませる。リミットは7日間。ライバルは日本人研究者・早川織絵。ルソーとピカソ、二人の天才がカンヴァスに籠めた想いとは――。山本周五郎賞受賞作。

楽園のカンヴァス(新潮文庫)

税込 724 6pt

楽園のカンヴァス(新潮文庫)

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.3MB 無制限
Android EPUB 7.3MB 無制限
Win EPUB 7.3MB 無制限
Mac EPUB 7.3MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー31件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本楽園のカンヴァス

2017/02/23 20:24

美術好きには○

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリーの分野ではないですね。。。読みながらわくわく出来るのは、私自身が大の絵画ファン!!特に(ミーハーなので)普通に印象派やゴッホ&ゴーギャン、アンリ・マティスやルオーも好き!!但し、あまり美術鑑賞が趣味でない方には、チョイときついかも。。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本楽園のカンヴァス

2018/05/05 23:36

「この絵の中に、君の友だちがいる。」

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

大原美術館のシーンで始まり、ニューヨーク近代美術館で終わる物語。
 「美術ミステリー」とされているけど、殺人や犯罪は出てきません。絵画のナゾを追う話です。アンリ・ルソーの作品がいわば主人公なんですが、読んでる間、その絵を一度も見ませんでした。それでも、この物語を十二分に楽しめました。あるいは、見ない方が想像をふくらませられてよかったのかもしれません。
 美術作品に接するにあたって、主人公の一人、織絵の父の言葉が心に残ります。
「この絵の中に、君の友だちがいる。そう思って見ればいい。それが君にとっての名作だ。」
 たとえば「10億円もらったら何に使いますか」みたいな問いにはうまく答えられません。海外旅行には行きたくないし、車はいらないし、広い家は管理が大変そうだし、美酒も美食もそんなに入らないし……。
 でも、原田マハの本を読んでいて、ひとつ思いつきました。大人気の美術展を一日貸し切りにして、独占で楽しむ。これはどうでしょう。
 印象派をはじめとして、最近の日本の美術展っていつも混んでいるイメージがあります。平日だって混んでます。マイペースで静かにゆっくり見られたら、いいだろうなあ。いくらぐらいかかるのかなあ。お金を積んでも、そういうのは公立美術館では無理なのかなあ。それに、金にモノを言わせてそんなことするのは下品かなあ。でもそれを言うなら、名画が高額になるのも下品だよね。悩むところだ。まあ、そんな大金、だれもくれないからいいけどさ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本楽園のカンヴァス

2017/06/30 11:45

面白いです!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こいろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最後の最後まで予想をひっくり返すような展開。時に恋愛もあり。
美術が苦手な方でも気を楽にして読み始めていける本です。読み始めたら止まりません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本楽園のカンヴァス

2015/02/20 10:45

楽園のカンヴァス

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しぶたこにゃーすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

原田マハさんの作品は大好きで、疲れた心を癒します。
その中で「楽園のカンヴァス」はとても異色です。
美術館の関係のお仕事をマハさんはされていたので、絵画の知識は計り知れないと思います。
ほかにこのような壮大な小説を書かれる作家はいないのではないでしょうか。
また読み返したい一冊で、奥深い名作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍楽園のカンヴァス(新潮文庫)

2019/02/10 13:25

夢を見た

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スカンクスカンク - この投稿者のレビュー一覧を見る

大原美術館とMoMAのキュレーターが織りなす出会いの中にアンリルソーの情熱と永遠を教えてもらった。この話からインターネットでルソーの作品を見たが、改めて出逢いを願いたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本楽園のカンヴァス

2019/01/28 16:31

私はルソーの絵のファンです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ルソーの作品は、遠近が不明で少し前の時代の印象派の人たちの作品のような優雅さはないのだけれど、この作品の登場人物であるティムや織絵がいうように情熱がある。私はこの小説を読む前からルソーのことは「全然誰の作品にも似ていない、独特な絵を描く人」としか印象がなかったが、巨匠として君臨していた人とばかり思ってゐたのだが、生前は「笑わせる絵を描く元税関吏」といういただけないレッテルを張られていた人とのこと。その生前は不運であったルソーにピカソや彼の傑作「夢」をからめたこの作品はぐいぐいと読み手を引き込む。「夢」を観るためにMOMAへまた行きたくなってきた

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本楽園のカンヴァス

2018/07/23 16:56

何度でも読み返したくなる、止まらない!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゴジラ世代 - この投稿者のレビュー一覧を見る

描かれる舞台こそ狭い中だが、その中で壮大な世界が描かれている。
日をおいてまた何度も読み返したくなる傑作だ!

美術に関心のある方にとっては最高の作品ではないだろうか。
原田マハ旋風はいつまでも吹き荒れている!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本楽園のカンヴァス

2016/08/12 23:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mino - この投稿者のレビュー一覧を見る

アンリ・ルソーの名作「夢」に酷似した絵が存在したー?
MoMA(ニューヨーク近代美術館)のアシスタントキュレーターであるティム・ブラウンと、ルソー研究において第一線で活躍する日本人研究者、早川織絵は、アンリ・ルソーの名作「夢」に酷似した絵画、「夢をみた」の真贋の判定を求められる。しかしその判定は、一冊の古書を読んで導くという条件だった。古書は一体誰がかいたものなのか。「夢をみた」とは、本当にルソーの手によるものなのか。
自身もMoMAに勤めた経験があり、フリーのキュレーターであった原田マハさんによる美術ミステリー。

ついに読んだ!原田マハさんの楽園のカンヴァス。
評判に違わぬ面白さ。一気に読み終わってしまった。
MoMA、いってみたいな。あと、原田マハさんのジヴェルニーの食卓や、美術関連の作品も読んでみたい。
おすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本楽園のカンヴァス

2016/03/15 12:17

隅々まで

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:LunarTide - この投稿者のレビュー一覧を見る

基本、乱読の私なのですがこの本はじっくり読み進みました。
実在の人物がモデルということにも惹かれ、フランスのその時代と現代のフィクションの部分とを愛・相通じながら楽しみました。
アンリルソーやピカソに興味を持った私はおそらくこれから美術館へと誘われるでしょう。著者の策に笑いながらはまってしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本楽園のカンヴァス

2016/02/13 21:09

想定外の面白さ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒロキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

否応なく作者の世界、芸術の世界、蒸せるような油の臭いがする油絵の世界、ムッとするような水蒸気が立ち込める森の中に導かれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本楽園のカンヴァス

2016/02/03 15:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:端ノ上ぬりこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公早川織絵とティム・ブラウンからのそれぞれの視点で書かれている。織絵は、過去を語らず大原美術館の監視員として働いていたが、ルソーの展覧会を開くに当たりニューヨーク近代美術館保存のルソーの「夢」を借りるためティム・ブラウンのもとに派遣される。17年前「夢をみた」の真贋判定のためティムと織絵がある古書をめぐりバトルが。7日目に謎解きが明かされて。
素晴らしいの一言。キュレーターの経験がある原田マハだからこそ書けた物語なのだろうと思う。こんな事があってもおかしくないような美術の世界なのかなぁと思いつつ、面白く次の展開が予測できずにあっという間に読んでしまった。ぜひ、読んでほしい一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本楽園のカンヴァス

2016/01/23 09:03

筆者ならではの大傑作!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この小説は、世界の巨匠ルソーの絵画の謎解きをテーマにした作品です。ある日、新たに発見されたルソーのものと思われる絵画の真贋を判定するために、ニューヨークの美術館のキュレーターであるティム・ブラウンと日本人の早川織江の対決が行われます。彼らには、一冊の「古書」が与えられ、それを順に読むことで、作品の真贋を判定せよという命が下されるのです。そして、その結末は予想もしないかった展開が待っています。キュレーターの経験をもつ筆者ならではの傑作だといえるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本楽園のカンヴァス

2015/12/26 22:20

アンリ・ルソー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちっちさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵画は好きでアンリ・ルソーは好きな画家の一人でカバーに惹かれて手にしました。
今の世相を背景をにしながらも、物語の主題に入っていくとそのテーマが映像として浮かび上がり、なんだか映画を見てるような気にもなります。
時代小説から現代の警察・刑事もの、「ソロモンの…」から青春ものまで、面白そうなものなら節操なく読書を楽しんでますけど、音楽関係、スポーツものとはまた違った新しい世界を見せられたきがしました。
気になった文庫を積んでつぎつぎストックし、また新しい世界を見せてくれた原田マハさんの文庫をまた私の積んどくライブラリーの1コーナーを占めてくれそうで、絵画(特に洋画)に興味のある人には面白いとおもいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本楽園のカンヴァス

2015/11/13 12:21

もっと早く出会っていれば

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ほんすき - この投稿者のレビュー一覧を見る

とっても面白かったです!!夢中になって読み進めました!こんな本を中学生や高校生のころに出会っていたら美術の授業も美術館への遠足も、退屈せずわくわくできたのに…と思いました。原田マハさんの本は好きでほとんど読んでいますが、その中でも大好きな一冊です!ぜひお勧めです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本楽園のカンヴァス

2015/10/30 14:40

楽園のカンヴァス

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Carmilla - この投稿者のレビュー一覧を見る

19世紀フランスの画家アンリ・ルソーの晩年の傑作「夢」にまつわる背景を主題にしたミステリー小説。ルソーが描いたという絵画「夢を見た」の真贋鑑定を、絵画コレクションの世界で有名なコレクターから依頼されたのは、新進気鋭のルソー研究者とMoMA(ニューヨーク近代美術館)のキュレーター。果たしてこの絵はルソーの作品なのか?はたまた何者かがルソーの名を借りて描いた作品なのか?そして、この依頼をしたコレクターの正体は?
著者は大学で美術史を専攻し、美術館の楽ゲインを経て森美術館の立ち上げに関わり、その課程でMoMAに出向経験があるため、美術館やコレクションの裏事情もふんだんに盛り込まれている。解説を担当した高階秀次氏によれば、古来から美術品は窃盗団のターゲットにされやすかったとのこと。現在「行方不明」とされている作品の多くも、彼ら「闇マーケット」関係者の間でやりとりされているのだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。