サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(~3/31)

全商品20%OFFクーポン(0323-29)

電子書籍

日本人の知らない日本語

著者 蛇蔵 (著),海野凪子 (著)

日本語学校に集まるマジメな外国人生徒たち。そんな彼らの、外国人ならではの日本語の使い方やギモンの数々は、私たち日本人も知らなかった日本語の一面を教えてくれます。異文化交流気分を味わいながら、日本人だけど知らなかった日本語のヒミツを知ることが出来る、楽しくてタメになる1冊です。

日本人の知らない日本語

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (15件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

言語に対して柔軟でいられる日本人について考えた

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る


 大いに笑わせてもらった前著『日本人の知らない日本語』について私は次のように書きました。
 「抱腹絶倒のエピソードを読みながらやがて気づくのは、著者の生徒たちがいたって勤勉で、実に懸命に日本語をマスターしようとしていること。そしてまた、彼らの使う日本語は、文法的には何も誤りはなく、実際に文法書や教科書に書かれていて、確かに映画やテレビドラマの登場人物たちの中にはそんな日本語を使っている人を見かけることはあるのだけれど、でも言語のTPOという観点からいえばやっぱりおかしくて、それを見極めるのは言語学習上、至難のわざだということです。
 (中略)この本に書かれている日本語の敬語を、TPOをきちんと見極めて使うことができているかというと、なんとも心もとない気持ちに襲われます。 」

 今回私が強く感じたのは別のことです。
 本書によれば、濁点や半濁点は昭和になるまでは正式に使われたものではなく、濁ったり濁らなかったりは文脈で判断するという時代が長く続いたとのこと。以前は濁点なんていらない、気合いで読めという考えが一定数あったということです。
 現代の視点からいえば濁点なしで濁音を読めというのは大変手間ですが、私は少し見方を変えて、濁点なしでも濁音で読むことのできる柔軟な能力が人間にはあるということに爽快な驚きを感じたのです。
 考えてみれば、主語につく「は」を「ha」ではなく「wa」と正確に読むことができるのもこの柔軟な能力のせいでしょう。
 また本書に出てくるように、「本当」という言葉に「マジ」というルビが振られた日本のマンガで日本語を勉強した外国人が「本当=マジ」と真面目に読んでしまう事実を、微苦笑することのできる日本人の自分がいるというのも、同じ背景でしょう。

*13頁に「ドレミの歌では、Rey, a drop of golden sun.」とありますが、正しくは「Ray」です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本人以上に

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kabunwa - この投稿者のレビュー一覧を見る

外国人生徒の方の素朴な質問に
笑わせていただいているシリーズですが、
彼らが如何に真剣に日本語を学んでいるか
ということに気づくと、深く考えさせられます。

人間は多様なメディアから言語を習得していく訳ですが、
果たして自分は、彼らほど真剣に国外のメディアから
言葉を学んだだろうか?
日本語についてもここまで深く考えただろうかと。

というわけで私はジャックさんのファンです。

このすばらしい作品が長く続いてくださることを願ってやみません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

コミカルなずれに加え、日本語の語学背景にも触れる快作。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

最新の情報では4まで出ているようだが、この書評を書いていた時は、
1と2の二冊までだった。
二冊とも読んでいるが、2のほうが好きである。
1も十分楽しいが、2は日本人でも腹の底がひやりとするエピソードが
入っているので斬新だ。

本書の表紙にはコミックエッセイとある。
コミックの割合が八割ぐらいだから全く堅苦しくない。
日本語学校で外国人相手に日本語を教える先生の作だ。
絵はイラストレーター兼コピーライターの方によるものと紹介されている。
素材や切り口が抜群なので、大変興味深い仕上がりである。

比較文化人類学や日本語の成り立ちのさわりもほんの少し含まれている
ように思うが、主旨はそこにあらず。
外国人が純粋に語学として日本語を学ぶことを通して、日本語の奥深さを
コミカルに知るという作りだ。

外国人の生徒さんの信じられない言い間違いなどは、小学校低学年などで
頻発するもの。
それが分別のある大人の口から発せられることで、天然ボケ的な面白さを
放つのである。
先生の一番尊敬できるところは、そんな間違いを実に大きく受け止め、
決して笑おうとはせず生徒たちを導いていくことである。ぜひ見習いたい。

巻末に作者の先生とイラストレーターの二人分のあとがきがある。
そこで先生のおおらかで温かい人柄が分かり、これなら物語をすくい
取れるということが理解できる。

愛する生徒たちの中でも、日本の映画や漫画に魅せられてなんて人たちは
日本のことをよっぽどよく知っている。
だから日本語の乱れの本質をずばりとついてくるのである。

教科書を読ませると、「私は本気だ」を「私はマジだ」と読むし、
拳銃を「ハジキ」と呼ぶのなら、拳の字は「ハ」なのか「ハジ」なのか
辞書に載っていないと質問に来る。おおまじめなだけに面白い。

自分に置き換え、英語を使うときを思い浮かべれば合点がいく。
しかも本作にあるような高度なレベルではなく、私なんかはもっと
低次元の言い間違いはいっぱいしているように思う。
でも、これまでに笑われたなんて記憶はなく、みんな一生懸命理解しようと
してくれた気がする。

いろいろな国の生徒さんたちがいることも本書の魅力の一つ。
日本人に年齢を聞くという授業で、直接聞かず遠まわしに干支を聞く
という章がある。
アジア地区には干支がありすっと理解できる。
南米、東欧の生徒たちは噂で知っている感じ。
西欧、北米、アフリカの人は完全に知らない。
そんな豆知識も結構楽しい。

深堀りはいろいろできると思うが、いずれにしろコミックエッセイ。
私は単純に日本語って面白いなあと楽しんでしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本日本人の知らない日本語 4 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

2013/12/17 17:18

海外編ですね

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:木納明日香 - この投稿者のレビュー一覧を見る

第4巻は海外での日本語学校(日本語学科)を実際に訪問しての話しになっております。
日本人でも読めないような江戸時代の書物をベースにしたテキストを使っていたり、日本語での数字の数え方を面白い替え歌[喩えてみれば「ドレミの歌」]で覚えさせたりと、国によって教え方が多種多彩なんですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本日本人の知らない日本語 3

2012/05/25 00:06

楽しめて、学べます

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Daisy - この投稿者のレビュー一覧を見る

1から順番に購入しています。
2が、思った程楽しめなかったので、3も同じかもしれないと迷っていたのですが、これは、まぎれもなく楽しめます。味わい深くなっていると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

海外編。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

第四弾は海外編。フランス・ベルギー・ドイツ・イギリス・オーストリア・チェコ・スイス。海外で日本語を教えてる学校をレポ。今回も個性的な人がたくさん出て来て面白かった。文化の違いや。「Email」が「伊万里」?ジャニーズ大好きなベルギー人。ベルサイユ宮殿みないなところでゴスロリのお茶会。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

勉強になるエッセイ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白かった。日本語学校の先生と外国人学生がくりひろげる笑える日本語バトル。 映画で日本語を覚えたフランス人とスウェーデン人がヤクザ言葉と時代劇の侍言葉で会話。任侠映画が大好きで先生に自分のことは「姐さん」と呼んで欲しいと言うマダム。抱腹絶倒のエピソード満載です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

笑って勉強になる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄色い刀 - この投稿者のレビュー一覧を見る

外国人生徒たちの質問は日本人の私たちが聞かれても答えられないものばかり。日本人も正しい日本語使えるようにしないと

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本日本人の知らない日本語 3

2016/11/28 16:30

雨がふるまで踊り続ける

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アリッサ - この投稿者のレビュー一覧を見る

エッセイをにぎわせ、楽しませ、
そしてあらためて日本語の良さを教えてくれた学生たちが
いよいよ卒業します。
みなさんそれぞれの道へ行ってもお元気で!

そして海外編の4巻、今から読むのが楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あなたは素朴な疑問に答えられる?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アリッサ - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本語学校で外国人に日本語を教えているなぎこ先生。
日本人たるもの日本語なんて簡単に教えられる…そう思うのは間違いで、
学生たちの疑問はいわれてみればなぜ?どうしてと思うものばかり。
日本語って突き詰めて考えると奥が深い深い。

学生たちの疑問を笑ったりはぐらかしたりせず、
わからないことは調べ、正しい知識を伝えるなぎこ先生。
こんな先生に日本語を教わりたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ためになる知識がいっぱい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kazu - この投稿者のレビュー一覧を見る

目からうろこの、ためになる知識がたくさん載っていました。
なんとなく使い分けてる言葉にも、いろんなルールがあるんだなあ、と感心しっぱなしでした。もっと勉強しなくては、と思いました。
1、2巻を読みましたが、私的には2巻の方が爆笑できます。爆笑したい方は2巻へGO!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ためになる一冊でした

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふーさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

普段なにげなく使っている日本語も知らないことがあって驚きです。外人さんの質問も面白いですね。
凪子先生ガンバレ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本日本人の知らない日本語 4 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

2016/02/19 16:15

ヨーロッパに散らばる個性豊かな日本語人との交流

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

舞台は日本からヨーロッパ各地へ!

原案担当:海野凪子さんと漫画担当:蛇蔵さんが日本を飛び出し、ヨーロッパ各地で日本語を学ぶ方々と交流を深めていきます。

フランスの大学では演歌大好き学生と出会い、ベルギーでは現地の学生から日本のジャニーズ事情を教わったり、ドイツではテストのとき勝負服としてコスプレする学生がいたり、オーストリアにはベルばらでオーストリアの歴史を学ぶ学生がいたり、スイスの電車は日本並みに正確だったり、イギリスにはユニークな方法で日本語の数を教えてくれる先生がいたりと日本語を愛する個性豊かな学習者さんたちが登場し、日本語を通じて日本文化がどれほど愛されているかを伝えてくれます。

漫画のあちこちにあるうんちくメモやクイズに驚いたり笑ったりと、楽しめる企画がもりだくさん!
何度も読み返したくなる面白さです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

おもしろい!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こりえ - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんとなくレビューを見てよさそうだったので、いきなり4を購入。素直に楽しめる本。こういう類の本はいまいちの場合が多いのですが、これはおもしろかった。変なうんちくのようなものがなく、先入観もなく、ただ素直に読んで楽しめた本です。1~3もぜひ買います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4コマ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しましま - この投稿者のレビュー一覧を見る

1巻が話題になって、読んで面白かったので、2巻目も購入。やっぱり面白かったです。登場キャラも更に増えてきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する