サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/30

honto「雨季のウキウキセール」:10円均一セール ~6/30

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 269件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2011/06/03
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:9784101109169

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ゼロの焦点

著者 松本清張 (著)

前任地での仕事の引継ぎに行って来るといったまま新婚一週間で失踪した夫、鵜原憲一のゆくえを求めて北陸の灰色の空の下を尋ね歩く禎子。ようやく手がかりを掴んだ時、“自殺”として...

もっと見る

ゼロの焦点

税込 737 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 585.7KB
Android XMDF 585.7KB
Win XMDF 585.4KB

ゼロの焦点 改版 (新潮文庫)

税込 781 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

前任地での仕事の引継ぎに行って来るといったまま新婚一週間で失踪した夫、鵜原憲一のゆくえを求めて北陸の灰色の空の下を尋ね歩く禎子。ようやく手がかりを掴んだ時、“自殺”として処理されていた夫の姓は曾根であった! 夫の陰の生活がわかるにつれ関係者がつぎつぎに殺されてゆく。戦争直後の混乱が尾を引いて生じた悲劇を描いて、名作『点と線』と並び称される著者の代表作。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー269件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

真実の光に浮かび上がる悲しき欲望

2001/08/22 08:36

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タッピング - この投稿者のレビュー一覧を見る

 結婚したばかりの主人公・禎子が、失踪した夫の行方を追っていくうちに、次々と隠されていた真実が浮かび上がってくる。一見平凡な日常の裏に秘められた闇が次第に明らかとなっていく、という過程は、松本清張の推理小説の真骨頂であり、特に本作品のこの過程は非常にスリリングだ。

 物語にちりばめられた伏線が思わぬ形でつながる。そして見出された真実の中には、人々の悲しい欲望が横たわっていた…。社会的背景を織り込み、作品を単なる推理小説を超えた厚みのある人間の愛憎劇に仕上げていく著者の力量には感服させられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

いつまでも心に残る作品

2022/01/27 14:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:imikuto - この投稿者のレビュー一覧を見る

荒廃した戦後という背景抜きには語れない推理小説です。
この点が読ませるミステリーとなっている所以でしょう。社会派ミステリーとして申し分なしです。
さらに、冒頭が素晴らしい。冒頭の1ページを読んでしまえば、あとは一気呵成に、という感じ。清張さんはこういうところがじつにうまい。

ただ欠点といえば、中途の真相にたどりつくまでの素人探偵の捜査過程をすぐに忘れてしまうところ。何回か読んだけれど、どんな感じだったかはっきりと思い出せない。
多少の本格(謎解き)要素もあったとは記憶しているのだけど、まったく思い出せない。
ラストはもちろん覚えているのですけどね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

楽しめました

2020/06/20 01:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まさがき - この投稿者のレビュー一覧を見る

はじめて松本清張の小説を読みました。
思っていたよりも読み易かったです。
展開も巧妙で、引き込まれ、楽しめました。
最後の一文が強烈に印象に残っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

代表作といえば

2015/12/22 17:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:huzan - この投稿者のレビュー一覧を見る

松本清張さんの代表作といえば、これだと思います。予想だにしない展開、深まりゆく謎、真相には目から鱗でした

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

冬の北の海を背景に、夫の未知の領域を探っていく妻を描いた心理サスペンス小説

2004/10/24 20:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風(kaze) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 結婚して十日後、「今度の金沢行きが、最後の向こうでの仕事になるだろう」と、妻の禎子(ていこ)に言い残して出発した夫の鵜原憲一(うはら けんいち)。しかし、戻る予定の日が過ぎても、鵜原は出張から帰ってこない。鵜原の身に何かあったのではと危惧した禎子は、失踪した夫の行方を追って金沢へと赴く。北陸の地に滞在して鵜原のことを調べていく禎子の前に、やがて、夫の知られざる生活が浮かび上がってくる……。

 北陸の金沢や能登半島を舞台に、新婚早々失踪した夫の足取りを訪ねるうちに、ヒロインの禎子が事件に巻き込まれていくミステリー。夫の秘密の領域に、徐々に踏み込んでいく妻の疑惑がサスペンスをかき立てます。とともに、日本海に面した北国の十二月、暗くもの哀しい風景が、この作品の雰囲気や色調を決定づけているように感じました。

 事件犯人が誰なのか、その動機は何だったのか、といったことは、割と早くに察しがついてしまいました。そうした謎が解かれた時の驚きを楽しむミステリというよりも、これは冬の北の海を背景に、夫の過去を探っていく妻の心理サスペンス小説なんじゃないかと、そう思ったんですね。その点では、滝壺に向かって一気に流れ下るような終盤の展開にぞくぞくしたこと、文中にある箇所がここにつながるのか!とハッとさせられたラストが、とても印象深く心に残るものでした。

 おしまいに、本書巻末の解説について一言。話の筋をかなり後半の部分まで記しているため、作品の前に読むと、だいぶ興が削がれてしまいます。また、文庫カバーの裏にある内容紹介文の中にも、これは明かさないほうがいいんじゃないかという一文がありました。あらすじをどこまで語るかというのは、こうしたミステリーの場合、微妙なところがありますが、本書ではそれがネタバレ領域にかかっているのではないだろうかと、それがやや気になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なぜ夫と打ち解けていない妻が夫の失踪を追うのか。制作の謎を楽しんだ。

2012/01/08 18:49

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

【あらすじ】
 板根禎子(いたねていこ)は人に薦められるまま、鵜原憲一(うはらけんいち)と結婚した。
 鵜原は広告社に勤務する北陸方面の出張主任で、月に二十日は金沢、十日は東京で過ごす生活をしている。
 しかし、今度の出張を最後に東京の本店勤務となる予定である。

 禎子は鵜原との新婚旅行に北陸を希望した。
 夫が二年の間、月に二十日も生活している土地を見ておきたかったのだ。
 ところが鵜原は、いかにも飽き飽きしているというように別の場所がいいと言った。
 その言い方には拒絶めいた響きがあった。

 新婚旅行から帰って十日後、鵜原は最後の出張に発った。
 夫は一週間後に帰ってくる。
 夫には多くの未知があったが、それも夫が帰ってくれば溶けるはずだ。
 そして夫の持つ禎子の未知も溶け、両方の溶解が交じりあい、世間の夫婦のようになるだろう。
 しかし、十二日には帰れるという便りを最後に、夫の消息は途絶えた。

【書評】
 徐々に明らかになっていく夫の失踪の謎や、夫の失踪にまつわる新たな事件の発生など、物語に飽きることなく楽しめた。
 それだけに、一部の犯行動機の弱さ、妻・禎子の鋭すぎる推理、妻や義兄、会社の同僚本人が鵜原捜索を労力かけていること、などの疑問が残るのは残念だった。

 その一つに、なぜ禎子を夫と打ち解けていない妻という設定にしたのか、という疑問がある。
 普通なら警察に任せてしまうのに、夫に心を開ききれていない妻が、金沢に長期滞在し夫の消息を探すだろうか。
 もし夫の消息を根気よく探すなら、情の通い合った妻の執念としたほうが自然だ。

 禎子の行動を肯定するとすれば、彼女は情で行動してはいないだろう。
 とすれば、まだ知らない夫の秘密を知りたい、失踪の真相を知りたいという好奇心があったのではないか。
 でなければ、夫がかつて立川で警察官をしていたと知って、わざわざ立川警察署まで夫の過去を聞きに行くはずはない。

 ところが禎子の好奇心は、真相に迫る推定に到ったとき、犯人への同情を含むものに変わった。
 情の通い合った妻という設定なら、理由はどうあれ犯人への憎しみが湧くはずで、同情心が湧けば不自然だっただろう。
 とすれば、作者は犯人への同情と、同情せざるを得ない凶行の背景を描きたかったに違いない。
 そのために、禎子を夫と打ち解けていない妻にしたのだろう。

 この結論は、社会派ミステリーを書く松本清張だから当たり前かもしれない。
 しかし、この人物設定の工夫に気づいたことは、初めて読んだ清張作品に対して、長く読み続けてきたような親近感を感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

たまには渋めにオールドボトルでも。さて風味の程は?

2011/09/29 13:50

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koo± - この投稿者のレビュー一覧を見る

たまには渋めにオールドボトルでも。さて風味の程は?

時代は戦後の混乱期。新婚早々謎の失踪をした夫、憲一の行方を捜し、東京~金沢間を往復する美貌の若妻、禎子。夫の兄や同僚と尋ね歩くうちに、次第に不明瞭だった夫の黒い過去が姿を現す。一体、金沢にどんな謎が隠されていたのか? その驚愕の真実とは・・・。

どんよりとした北陸の情景描写と、前半部の先の読めないサスペンスフルな展開が秀逸。「〇〇が怪しい」と思っていたが、殺害されあっさり退出。僕の推理力もアテにならないなトホホ。そしてまさかの真犯人とその動機。まさにトラベルミステリのスタンダードクラシック。熟練されたプロットに感服しました。

女性の内包する悪意の描き方が間接的で巧み。以前読んだ「黒革の手帳」でも感じたのだが、女性描写が東野圭吾っぽい。あ、こっちが本家か。ネタバレにつながるので詳しく書けないが、東野さんの名作「〇〇〇」を彷彿とさせる。こういう表現、超好み。

しかし何故だか不思議なことに、クライマックスのミステリ的なカタルシスがまるで感じられなかった。いちばんおいしいとこなのに、なんで? 前述のあらすじネタバレも大きな理由のひとつなのだが、更なる問題は解決編。のんべんだらりんと平坦であまりにも説明的。なんだこりゃ?

解説にも「どこからか解決編か、という問題が案外むづかしい~一種の謎解き小説とみれば、その謎解きの構造は完璧なものではない~推理小説としては隙間のある不完全な作品」と記述されている。そんな具合にミステリとしては酷評だが、戦後の混乱期を生きる女性描写に「ある世俗的社会問題」を絡めた文学作品としての側面では高評価。

なぜ著者はせっかくの熟成されたオールドボトルに炭酸水をぶち込んでハイボールにするようなマネをしたのか? これだけの筆力を誇る大家がエンターテイメントとして纏めきれない筈がない。

実に不可解で自滅的なアプローチ。おそらく社会派ミステリの先駆者としての本格ミステリや純文学に対する挑戦状だったのだろうかと邪推。真意は藪の中だし価値観はいろいろだが、私的には単純にミステリとして味わいたかったな。芳醇な素材だったのにもったいない。

「映像化の方が成功している」と言われる「砂の器」の前例もあることだし、DVDに期待してみようかな? ともあれマスター、もう一杯。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

【ネタばれ】昔の金沢・能登の雰囲気を楽しむ作品

2020/01/09 22:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KazT - この投稿者のレビュー一覧を見る

北陸金沢を舞台に夫の失踪の謎を追う新妻の物語です。
ミステリーのような前半ではありますが、後半は主人公の禎子の推測で語られる内容で占められ、謎解きを期待すると拍子抜けするかもしれません。
最終的に、本当に謎が解けたのか、はっきりしません。
解説にも書かれてますが、禎子の憶測で犯人とされる人物がなぜ3人も殺害する必要があり、自殺?を図るのか、非常に疑問が残ります。
昔の金沢、能登半島の雰囲気を楽しむにはよい作品だと思いますが、本格ミステリーを期待する方は読まない方が良いかもしれません。
文学的な作品として読むと、最後の余韻に浸れるのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スタンダード

2000/11/12 23:32

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:katokt - この投稿者のレビュー一覧を見る

 特に松本清張のこの作品は、伏線の張り方が無理なく無駄なくで気持ちよく読める。青酸カリとか最後を英語の詩でしめるところなんかが、時代を感じさせるところもあるが、日本の推理小説のスタンダードと言った具合だろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/06 19:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/29 23:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/06 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/04 20:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/18 16:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/28 22:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。