サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~4/30

修正:新規会員30%OFFクーポン(~4/30)

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 137件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/05/25
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-779603-7
一般書

電子書籍

廃墟に乞う

著者 佐々木 譲

仙道孝司は北海道警・捜査一課の敏腕刑事だったが、任務がもとで罹ったPTSDのため、休職を命じられている。ようやく回復してきた頃、かつて札幌で起きた殺人事件と同じ手口で、千...

もっと見る

廃墟に乞う

税込 672 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 3.7MB
Android EPUB 3.7MB
Win EPUB 3.7MB
Mac EPUB 3.7MB

廃墟に乞う (文春文庫)

税込 693 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

仙道孝司は北海道警・捜査一課の敏腕刑事だったが、任務がもとで罹ったPTSDのため、休職を命じられている。ようやく回復してきた頃、かつて札幌で起きた殺人事件と同じ手口で、千葉でデリヘル嬢が殺された。これは13年前のあいつの犯行か? その矢先に犯人から接触された仙道は、旧炭鉱町へ向かう(表題作)。リゾート村、札幌の倉庫、競走馬生産牧場…を舞台に、警察手帳も銃も持たない休職刑事が事件に新たな光と闇を見出す、連作警察小説。直木賞受賞作。

掲載中の特集

ミステリー 作家をテーマに10作品以上をラインナップしています。
ほかにもhontoでは無料の本を集めた無料漫画特集無料男性コミックを展開しています。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー137件

みんなの評価3.4

評価内訳

電子書籍

口当たりがいい推理小説集

2020/05/14 16:20

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

第142回直木賞受賞作。(2009年)
 北海道を舞台にして休職中の刑事が事件を解いていく、表題作を含む6つの短編で構成された連作集。
 作者の佐々木譲さんは1979年に『鉄騎兵、跳んだ』という作品でデビューし、直木賞を受賞した時には作家歴30年を超すベテランであった。
 そのせいか、選考委員の一人五木寛之氏が「いまさら直木賞でもあるまい、という空気もあったが、デビュー作から三十一年という、そのたゆまぬ作家活動への敬意をふくめて今回の受賞」がなったと書いたように、長年のご褒美的な要素もあっただろうが、そういうことを抜きにしても宮城谷昌光選考委員の「作家としての習熟度は氏がもっとも高い」という評価が勝っているように思う。

 一つひとつの作品に大きな破綻はない。
 どの作品も休職中の主人公仙道刑事に事件の解決を乞うところから始まる。
 そこまで信頼される仙道刑事であるが、心的療養中とはあるが何故休職しているのか伏せられたまま、どの作品も彼が解決までの道筋をつけていく。
 仙道刑事の過去が明らかになるのが、最後の作品「復帰する朝」である。
 彼は以前ある女性監禁事件で犯人を追い詰めながらもミスを犯し、被害者の命だけでなく犯人も亡くしてしまう。
 このことが彼の休職のきっかけだとすると、そのような刑事にどうしてしばしば事件解決の依頼があるのかわからない。

 そういう不満もあるが、やはり物語巧者だろう。
 実に口当たりのいい作品集に仕上がっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読了

2019/12/29 21:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ムギ - この投稿者のレビュー一覧を見る

警察官(休職中)を主人公とした警察小説。一般的な小説であれば、解決後には光があるものだが、闇が光になるのではなく、闇が新たな闇を生み出す。でも闇がある限り、解決しないといけない。事件の闇を払うにつれて、主人公自身の闇を払っていく。最後には主人公自身の闇と向き合うことになる。主人公自身の闇の先に光はあるのか。短編集ではあるが、全部併せて一つの作品といっても過言ではない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

休職中の警察官が事件を解決!?

2020/09/13 08:46

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タラ子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

休職中の警察官が事件解決の手助けをするという今までにあまり読んだことのない設定で面白かった。

短編で、どの事件にも興味深い背景があって、いい具合に予想が裏切られたりとあっという間に読み終わってしまった。ただ、主人公が休職に追い込まれた事件が思ったよりありがちな設定だったかなと思った。

休職中でもみんなに求められるだけあって主人公仙道の人柄がとても好きになった。こんな人が身近にいたら私もきっと頼ってしまうだろうなと思える仙道という警察官の物語をもっと読みたいなとも思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

警察官の誇りとは

2016/02/17 13:43

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hiro - この投稿者のレビュー一覧を見る

警察の矜持を描かせたら、佐々木さんはピカイチだと思う。ストーリー展開や、人物描写もしっかりしており、面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/19 15:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/21 05:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/12 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/22 21:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/30 21:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/16 19:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/13 05:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/31 17:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/22 23:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/07 17:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/17 19:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。