サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~10/29

【講談社連載】honto×講談社 マンガ連載

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/12/07
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:9784103308102

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

雲の都―第一部 広場―

著者 加賀乙彦 (著)

昭和27年、一代で三田に外科病院を築いた祖父時田利平はすでに亡く、一族の長老、政治家の風間振一郎も急死した。東大の医学生悠太はセツルメントに関わっている、後に“血のメーデ...

もっと見る

雲の都―第一部 広場―

税込 1,760 16pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS XMDF 1.1MB 無制限
Android XMDF 1.1MB 無制限
Win XMDF 1.1MB 無制限

雲の都 第1部 広場

税込 2,200 20pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

昭和27年、一代で三田に外科病院を築いた祖父時田利平はすでに亡く、一族の長老、政治家の風間振一郎も急死した。東大の医学生悠太はセツルメントに関わっている、後に“血のメーデー”と呼ばれるデモに参加して負傷、妹央子はヴァイオリンの才能を認められパリに滞在している。占領が解かれ、混乱しつつ復興する東京を舞台に、『永遠の都』の外科病院一族の戦後を描く。

著者紹介

加賀乙彦 (著)

略歴
1929年東京都生まれ。東京大学医学部卒業。病院、刑務所勤務ののちフランス留学。東京医科歯科大学助教授、上智大学教授を経て、文筆に専念。著書に「フランドルの冬」「帰らざる夏」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

やっぱ、戦前の東京に生きる人々を書かせたら、この人でしょ。確かに、庶民の生活ではないけれど、といって決して雲の上の人でもない、現代の私たちがある意味共感できる人々の暮らしがね

2003/09/21 20:24

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

銀座の画廊などで、柾目の見えた端正な額縁に入った、キャンバスの目が見えるようなどちらかというと日本画風の雪景色の絵をよく見かける。ぽつんぽつんと家の、決して豊かではない佇まいは、全体に薄い茶系の色に染まっていて、心が和む。その画家は、数は少ないけれど和服姿の女性や静物も描く。私は女性よりは、風景や果物が好きだ。画家の名前は福井良之助。

その福井良之助のカバー画が、この小説が扱う時代を感じさせる。『永遠の都』の続編と書いてあるけれど、私には、そんな名前の作品を読んだ記憶が無い。調べたら、『岐路』『小暗い森』『炎都』の三部作のことだという。永遠の都とは東京のこと。そこに生きる医師 時田利平一族の、戦後を描くもので、ある意味、水村美苗の『本格小説』を思わせる。

戦前のきな臭さを、今の日本の状況に感じる人が多いのか、それとも死を目前にして歴史の証言をしておこうという人が増えたのかはともかく、最近、戦前から戦後を描く小説を沢山見かけるようになった。しかも軍国を描く政治小説というよりは、時代のうねりの中で翻弄され没落していった人々の生き方を、淡々と語るものが目に付く。バブルを描くことから、その原因へと人々の意識が向かい始めた反映だろうか。

この小説の主人公は、時田利平の娘で42歳になる小暮初江と、その息子悠太。敗戦の足音が近付く中、戦地に向かう文学青年 脇晋助と結ばれた人妻初江は悠太を産むが、真実を自らの胸に秘め、夫の子として育てる。秘密を知るのは初江ただ一人。1951年、その悠太は長男として東大の医学部に籍を置き、勉学に励む傍ら東京下町の亀有で東大セツルメントに参加し、忙しい日々を送っている。

引揚者が住む寮に、貧しい人々に医療サービスを受けられるようにと始められた東大セツルメント。しかし、医療費の回収はできず、周囲からは赤として糾弾されている。専従の医者や看護婦は、疲労の極にあり、閉所の危機さえ聴こえてくる。そこに生きる大原菜々子の悠太に寄せる想い。そして裕福な彼に嫉妬する同い年の青年浦沢明夫。菜々子の父の死、アル中の継母めぐみの乱心、そしてメーデーの皇居前広場での警察との衝突。

一方、母の初江は三人息子を東大に通わせ、15歳の娘央子をヴァイオリンを学ばせるためにパリに行かせている。そんな母の下に、央子の支援者である野本桜子から、央子がパリでデビューし絶賛を博しているというニュースを聞かされる。初江の妹で35歳の菊地夏江と夫の透の複雑な家庭と、その娘火之子の破天荒な生き方。

ピアニスト富士千束に寄せる悠太の想い、彼と資産家の夫人との火遊び、彼に真っ直ぐ迫る菜々子の恋。火之子の父親ではと疑われる亡き画家間島五郎の遺作展、メーデーの暴力沙汰を巡る母の心配や、政治家の暗躍、弁護士菊地透の活動や、医者を目指す夏江のセツルメントへの参加など、様々な事件が彼らの周りで起きていく。

第一章「水辺の街」は、セツルメントのある東京亀有のこと、第二章「広場」は1951年メーデーで、警察と学生・労働者が占拠を巡って流血までした皇居前広場のことである。当時の大久保、新宿、青山などの風景がさりげなく、それでいて効果的に描かれている。新宿近辺の在日米軍軍人たちの奔放な生活、当時の女性の髪型など、当時を全く知らない私が読んも楽しい。

小暮初江の娘の央子がパリでデビューをしたときの、シャンゼリゼ劇場、コンセルヴァトアールのオケ、クリュイスタンスの指揮などについての評価を巡る富士彰子との会話や、ソビエトから引揚げの様子なども、時代の香りを余すとこなく伝える。視点が変化しても、流れが大きいせいか読み易く混乱は全く無い。『永遠の都』を読んだ人でなくとも、すっと入っていけるが、出来れば戦前の時田利平一家のことを知っていた方が、一層楽しめる。初江と晋助との切ない恋は、そちらでしか読めない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。