サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~7/31

 新規会員50%OFFクーポン ~7/31

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 新潮社
  6. 新潮文庫
  7. 警視庁強行犯係・樋口顕
  8. ビート―警視庁強行犯係・樋口顕―(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 65件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2015/01/02
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-132154-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ビート―警視庁強行犯係・樋口顕―(新潮文庫)

著者 今野敏

警視庁捜査二課・島崎洋平は震えていた。自分と長男を脅していた銀行員の富岡を殺したのは、次男の英次ではないか、という疑惑を抱いたからだ。ダンスに熱中し、家族と折り合いの悪い...

もっと見る

ビート―警視庁強行犯係・樋口顕―(新潮文庫)

税込 869 7pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 5.9MB
Android EPUB 5.9MB
Win EPUB 5.9MB
Mac EPUB 5.9MB

ビート (新潮文庫 警視庁強行犯係・樋口顕)

税込 935 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

警視庁捜査二課・島崎洋平は震えていた。自分と長男を脅していた銀行員の富岡を殺したのは、次男の英次ではないか、という疑惑を抱いたからだ。ダンスに熱中し、家族と折り合いの悪い息子ではあったが、富岡と接触していたのは事実だ。捜査本部で共にこの事件を追っていた樋口顕は、やがて島崎の覗く深淵に気付く。捜査官と家庭人の狭間で苦悩する男たちを描いた、本格警察小説。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー65件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

長さを感じずに読み終えました

2018/05/20 08:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

今野敏『ビート』を読みました。
6月23日に始まって、七夕過ぎて終わる、ちょうど読んだ時期にぴったりの小説でした。
500ページ以上の分厚い本を、長さを感じずに読み終えました。
おじさん世代の嘆きや、体育会的文化への批判や、いろんなものが描き込まれて面白い。
実は、まちがえてシリーズ4作目を読んでしまった後の3作目でしたが、問題なく読めました。
ただ、やっぱり順番通り読んだ方が、4作目の面白さがちがっただろうなあと、うかつな自分を責めました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

刑事の苦悩と崖っぷちに追い込まれた心情描写が秀逸

2008/06/29 21:32

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今野敏のシリーズ物である。主人公は警視庁刑事部強行犯係に属する樋口警部である。私はすでに、『リオ』、『朱夏』を読んでいるので馴染みがあった。
 強行犯係には似合わない性格の樋口警部であるが、そこが小説になり得る点でもある。
今回も殺人事件がストーリーのメインではあるが、その解決に重点を置いているわけではない。といえば、残るは捜査側の内情である。最近、警察小説というジャンルが出来上がってきたような趣があるが、警察小説はイコール推理小説ではない。とくにわが国では私立探偵の活躍する歴史や土壌がないので、捜査側といえば警察に決まってしまう。検察モノなども加わっているようだが、やはり捜査現場は警察の独壇場である。
 捜査側が警察ならば、主役は刑事である。今回はシリーズの主役である樋口警部がストーリーの主役になっていない。今回は殺人事件に金融機関がらみの事件が加わっているので、強行犯の捜査一課だけではなく、経済事犯を担当する捜査二課も加わっている。
 主役は捜査二課の刑事である。その刑事が追っている容疑者と刑事の身内である次男との関係がストーリーの根幹を成している。刑事は身内の犯罪に強い確信を持っており、独自の捜査を行うが、意外な結末を迎える。
 刑事の苦悩がうまく描かれているが、刑事という職業柄、身辺がきれいでなくてはならない。身辺とは身内、家族を含むのである。こういう職業は目に見えない社会的な制約を課せられていることがよく分かる。
 このストーリーは刑事の次男がのめりこんでいるダンスにも焦点が当てられている。親である刑事、樋口警部や抜け目なく登場する荻窪署の氏家刑事などもダンスに対する考え方が変わってくる。一般に考えられているダンスというものの概念を変えさせてくれる。この辺りの常識が変化する様子も社会風俗の一つとして興味深い。EXILEの人気や渋谷の通りなどを歩いてみると、実感として感じられるのである。
 事件解決の有り様が中心ではないことは分かるのだが、あっさりし過ぎていて物足りなさが残る。推理小説ではないことも分かるが、もう少し推理小説派にもサービスして欲しいというのは欲張りすぎであろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/08/25 16:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/05 03:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/14 20:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/07 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/17 16:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/28 11:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/01 20:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/13 17:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/18 19:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/07 21:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/18 12:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/25 12:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/04 11:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。