サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1022-25)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

嵐のピクニック(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2015/06/12
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • ISBN:978-4-06-293114-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

嵐のピクニック

著者 本谷有希子

弾いている私の手首の下に尖った鉛筆が近づく――。優しいピアノ教師が見せた一瞬の狂気「アウトサイド」、カーテンの膨らみで広がる妄想「私は名前で呼んでる」、ボディビルにのめり...

もっと見る

嵐のピクニック

497 (税込)

ポイント :4pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.4MB 無制限
Android EPUB 6.4MB 無制限
Win EPUB 6.4MB 無制限
Mac EPUB 6.4MB 無制限

嵐のピクニック (講談社文庫)

497(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!

「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

 

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

弾いている私の手首の下に尖った鉛筆が近づく――。優しいピアノ教師が見せた一瞬の狂気「アウトサイド」、カーテンの膨らみで広がる妄想「私は名前で呼んでる」、ボディビルにのめりこむ主婦の隠された想い「哀しみのウェイトトレーニー」他13編。キュートでブラック、しかもユーモラス。異才を放つ著者初の短編集にして、大江健三郎賞受賞作。

目次

  • アウトサイド
  • 私は名前で呼んでる
  • パプリカ次郎
  • 人間袋とじ
  • 哀しみのウェイトトレーニー
  • マゴッチギャオの夜、いつも通り
  • 亡霊病
  • タイフーン
  • Q&A
  • 彼女たち

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

短編集がブレイクスルーだったかな

2016/04/30 17:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:soprannome - この投稿者のレビュー一覧を見る

本谷さんご本人の発言も参考になると思い、掲載します。

短編集(「嵐のピクニック」)がブレイクスルーに近くて、こんなに遊んでいい
んだって気づいてからは重く書くのはやめて、私、重く書くことが向いてない
なって思って、それから軽く軽く書くことを心がけてやったら、どんどん自分
の中でなんかしっくりくるようになって来た。
重く書こうとしてるときよりずっと(重いもの、暗いものが)うごめく気配のよ
うなものが伝わってくる。出そう出そうとすればするほどそういったものって
伝わらなくて、逆に振っちゃたことが自分の中でブレイクスルーだったかなっ
て感じ。(2016.01.29 ラジオ番組のインタビューより)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

笑えます!

2016/04/01 21:02

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

どれも狂気、膨らむ妄想、哀しみなど盛りだくさんの短編集。

好きなのは「哀しみのウエイトトレーニング」。
無関心の夫に気を使いながら過ごしている主婦が、本当の私はこんなはずではないと突然ボディビルにのめり込む。
独り言のようなつぶやきがおかしく、どんどんボディビルの効果が出てムキムキになっていく姿が目に浮かんで笑が止まりません。
コーチから「世間はボディビルには冷たいですよ」と言われたるが、夫にも相談せずどんどんムキムキになっていく。
恐ろしいんだけどおかしい。

こんなになった奥さんに相変わらず気づかない主人に、悲しくなって家を飛び出しジムへベンチプレスを上げにいく。
追い掛けてきた主人の前でボディビルのポーズを決める奥さん。
モー想像しちゃいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

痛さが癖になりそうな

2015/08/23 09:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sin - この投稿者のレビュー一覧を見る

痛い小説を読んだ。解説で大江健三郎が「奇妙な味」の翻訳作品に例えておられるが僕はそうは思わない。一般にいう「奇妙な味」と称される作品には当時の米国の商業的必然として綴られた作為を感じるが、この作者の作品の奇妙さからは今の日本という国の天然自然の発想という感触が感じ取れる。だから“イタイ”そしてこの痛さはクセになる予感を覚える。僕はもうこの作者を好きになっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

不条理の世界

2017/05/27 05:07

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プロビデンス - この投稿者のレビュー一覧を見る

普通の人がふとした瞬間に不条理世界に陥るというか、数ある短編がみんな物悲しく哀れな不条理世界。趣味としての読書だと、もう少し楽しめるもののほうがいいかな、とおもってしまった。そういう意味では不条理がうまく抉り出されてるのかもしれないが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白い

2016/02/18 01:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒロユキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ふらっと立ち寄った書店で目についたので購入。
「ちょっと暇潰しになればいいか」ぐらいの軽い気持ちでページを開いたら、あまりに面白くて夢中になってしまい気づいたら半日で読み終わっていました。
文章、構成、ストーリー、全てが完璧で鳥肌がたつくらい素晴らしい。買っても絶対に損だと感じない1冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/03/27 22:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/08 07:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/03 12:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/19 18:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/24 08:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/05 16:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/13 12:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/03 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/08 13:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/01 23:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る