サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~1/28

修正:新規会員30%OFFクーポン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 文学論
  5. 文藝春秋
  6. 文春文庫
  7. 若い読者のための短編小説案内
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 64件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2015/11/21
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-750207-2
一般書

電子書籍

若い読者のための短編小説案内

著者 村上春樹

「小説って、こんな風に面白く読めるんだ!」。村上春樹が小説家としての視点から、自らの創作の秘訣も明かしつつ、吉行淳之介、安岡章太郎、丸谷才一といった戦後の日本を代表する作...

もっと見る

若い読者のための短編小説案内

税込 560 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 6.1MB
Android EPUB 6.1MB
Win EPUB 6.1MB
Mac EPUB 6.1MB

若い読者のための短編小説案内 (文春文庫)

税込 594 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「小説って、こんな風に面白く読めるんだ!」。村上春樹が小説家としての視点から、自らの創作の秘訣も明かしつつ、吉行淳之介、安岡章太郎、丸谷才一といった戦後の日本を代表する作家六人の短編小説を読み解いた“私的な読書案内”。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー64件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

短編小説を村上さんの独自の視点から紹介する本

2016/02/23 20:26

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:onew - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦後の活躍した6人の作家の短編小説を村上さんの独自の視点から紹介する本。まだ手に取ったことのない作家さんの紹介が多かったので、また読みたい作家さんが増えて嬉しい。一番気になる短編小説は小島信夫氏の「馬」、安岡章太郎氏や庄野潤三氏、長谷川四郎氏の作品も気になる。あと何より、村上氏の短編小説に置ける解釈の考え方が垣間見えて、有益な読書時間を過ごすことができました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ムラカミさんを通して読む戦後日本語短編のいくつか

2007/01/19 21:11

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:石曽根康一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

村上春樹さんが、主に、「第三の新人」と呼ばれる作家たちの短編小説を読み込んでいく作品。
紹介されている短編小説は、
吉行淳之介「水の畔り」
小島信夫「馬」
安岡章太郎「ガラスの靴」
庄野潤三「静物」
丸谷才一「樹影譚」
長谷川四郎「阿久正の話」
村上さんの読み方は、丁寧かつ深い。
小説というものをここまで深く読むことができるのかと驚嘆させられる。
村上さんの読み方を辿っていくうちに、自分の小説の読み方まで影響を受けそうな気もする。
この本は、単なる、「短編小説の紹介」ではない。
「紹介」の中に、村上春樹という作家の匂いが色濃くしみこんでいる。
本文だけではなく、「文庫本のための序文」や「まずはじめに」を読むと、村上春樹さんの作家としての考え方も分かり、興味深い。特に、小説を書いている人には、もっと興味深いだろう。
「付録 読書の手引き」も丁寧に作られている。
全体的に、丁寧に作られた本で、非常に好感が持てる。
お奨めできます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/23 23:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/01 20:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/10 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/21 18:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/16 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/14 05:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/18 10:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/01 23:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/09 08:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/04 22:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/28 01:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/09 12:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/16 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。