サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~5/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2019/03/01
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-327519-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

銀河を渡る―全エッセイ―

著者 沢木耕太郎

『深夜特急』の終わりで迷った末に訪れなかった「夢の都市」モロッコのマラケシュへの旅、『一瞬の夏』から始まった新たな「物語」を生きる若きボクサーへの夢、「深い海の底」に旅立...

もっと見る

銀河を渡る―全エッセイ―

税込 1,584 14pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 6.7MB
Android EPUB 6.7MB
Win EPUB 6.7MB
Mac EPUB 6.7MB

銀河を渡る 全エッセイ

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

『深夜特急』の終わりで迷った末に訪れなかった「夢の都市」モロッコのマラケシュへの旅、『一瞬の夏』から始まった新たな「物語」を生きる若きボクサーへの夢、「深い海の底」に旅立った高倉健へ贈る最後のメッセージ。まるで銀河のように無数の人や場所と、出会い、別れた25年間。移動する精神の輝きを綴る、エッセイの精髄。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

沢木耕太郎さん

2020/05/15 14:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おどおどさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

小説を読んだことはあるが、エッセイは読んだことがなかったので、是非読んでみたいし、沢木さんがどういう人なのか知って小説を読むと違う感じ方もありそうで面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心に残る

2019/02/01 19:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

正月休みのお陰で、日頃より読み進みました。今までのどの作品よりも丁寧に読んだので、心に残る一冊になりました。次は、『作家との遭遇』です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やっぱり沢木さんだなあ

2019/01/30 16:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

この25年の間に書かれた全エッセイが収められているということなので、当然、「人の砂漠」に収められているものや「深夜特急」「テロルの決算」などは省かれている。この人のすごいところは淡々と普通のことを言っているようだけど、実はすごいことを言っているというところで、例えば、昔、久米宏氏の「ニュースステーション」でほとんどの人が大成功だと持ち上げていた日韓ワールドカップについて「韓国で取材をしていたら、日本に対してのブーイングが結構あった」とさらっと言っていたということがあった。これから僕はすごい発言をしますよという前振りないし、普通の表情で激しことも言う。これからも読んでいきたい作家の一人だ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やっぱり沢木耕太郎はカッコいい

2018/12/19 15:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本のどのエッセイから読み始めたとしても、実際私は「歩く」「見る」「書く」「暮らす」「別れる」という五部編成となっている最後の「別れる」の章「深い海の底から」から読み始めた、すぐさま沢木耕太郎の世界にはいっていることに気づく。
 そして、こう思うだろう。
 やっぱり沢木耕太郎ってカッコいいな。

 このエッセイ集は「全エッセイ」という紛らわしいサブタイトルがついているが、決して沢木のすべてのエッセイをまとめたものではない。
 沢木にはすでに『路上の視野』と『象が空を』という2冊のエッセイ集がある。今回のエッセイ集は2冊めとして刊行された『象が空を』のあと発表されたエッセイをまとめたもので、その期間が25年にもなるという。
 25年の間に沢木は『檀』や『無名』といったノンフィクションだけでなく、小説家としていくつかの作品を書き上げている。
 あるいはシドニーやアテネのオリンピック取材など、初期の頃のスポーツ関連のエッセイも数多く書いている。

 それでも沢木は颯爽と私たちの前に現れた『敗れざる者たち』の時のまま変わっていないようにも思える。
 それは何故か、このエッセイを読みながら随分考えたが、それは沢木の文体にあるのかもしれない。
 彼はいつも兄貴然としながら杯をあけ、時には弟風に落ち込んでみせもする。友人のような顔をしながら、先輩のように少し背伸びもしてくれる。
 いつも顔を突き合わせる、そんな文体を沢木は若いうちから手に入れ、それは今に至るまで変わらないということだろう。

 いつもながら、何とも心地よい、沢木耕太郎の世界だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

きっかけはゴロウデラックス

2020/05/02 12:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kittihei - この投稿者のレビュー一覧を見る

沢木耕太郎といえば『深夜特急』のイメージが強かった。白状すれば、一冊も読んでいなかった。この本を手に取ったきっかけは、『ゴロウデラックス』という番組だった。

番組で取り上げられた、『キャラヴァンは進む』を読みたくなったのだ。だが読み進めるうち、そんなことはどうでもよくなった。「私」の一人称で書いているのに、いやらしさがない。

最後の第五部<別れる>に収められたエッセイはどれも心にしみ、自然と涙が出てくるものもあった。エッセイに書かれた人に対するリスペクトが感じられ、とても暖かい気持ちになった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/05/15 10:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/04/25 18:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/06 09:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/15 23:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/28 10:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/30 13:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/16 15:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/24 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/16 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/25 00:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。