サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~10/29

【講談社連載】honto×講談社 マンガ連載

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 40件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2019/07/23
  • 出版社: 三五館シンシャ
  • ISBN:978-4-86680-904-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

交通誘導員ヨレヨレ日記

著者 著者:柏 耕一

喜びも笑いも涙もすべて路上にあり。「誰でもなれる」「最底辺の職業」と警備員自身が自嘲する交通誘導員の実態を、悲哀と笑いで描き出す――すべて実話の生々しさ――全国55万人強...

もっと見る

交通誘導員ヨレヨレ日記

税込 1,100 10pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 8.0MB 無制限
Android EPUB 8.0MB 無制限
Win EPUB 8.0MB 無制限
Mac EPUB 8.0MB 無制限

交通誘導員ヨレヨレ日記 当年73歳、本日も炎天下、朝っぱらから現場に立ちます

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

喜びも笑いも涙もすべて路上にあり。
「誰でもなれる」「最底辺の職業」と警備員自身が自嘲する交通誘導員の実態を、悲哀と笑いで描き出す
――すべて実話の生々しさ――

全国55万人強の警備員の主流をなしている「交通誘導員」の人間臭いドラマを克明に描いた初めての作品。通行人にクレーム入れられ、現場監督に怒鳴られ、警察に注意され……。それでも私は今日も路上に立つ。

●はじめにより●
ガス管工事会社専従の若い同僚が、「警備員のことなんて書くことがあるんですか。第一、面白い話なんてないでしょう」と疑問を呈していたが、私はこう答えたものだ。
「それがたくさんあるんだ。なぜなら交通誘導員は一般的に毎日依頼先も現場も同僚警備員も違うからね。近隣住民やドライバーにもさまざまな人がいる。年齢も違えば多様な価値観を持つ人間の集まるところにはドラマが生まれる。私はそれを体験し見聞きしてきたから、面白くないはずがない」と。
日記形式の本文全項目はすべて私の体験が基になっている。心身ともにヨレヨレになりながら奮闘した話もあれば、滑稽な話、深刻な話もある。同業の人にも警備の世界の知識がまったくない人にも一読して何かを感じていただければ幸いである。

●もくじ●
まえがき─“最底辺の職業”の実態

第1章 交通誘導員の多難な日常
某月某日 トイレ掃除:警備業法違反を隊員に強いる隊長の弱味
某月某日 通行止:交通誘導警備員はお地蔵さまではない
某月某日 猛女:子連れ女性のたくましきパワー
某月某日 お金の話:警備員のリアルなフトコロ事情
某月某日 意気地なし:片交ができないと現場で尻込みする大男
某月某日 人は嘘をつく:妻に責められる私の、身勝手な弁解
某月某日 最高齢警備員:エロ爺さんは素敵な人格者

第2章 交通誘導員の喜びと悲しみ、時々怒り
某月某日 黄金譚:糞尿にまつわる滑稽きわまりない顛末
某月某日 大失敗:サイン拒否した親方の言い分
某月某日 花火大会:長岡大花火大会警備2泊3日道中記
某月某日 プライド「:大学出て警備員」は恥ずかしいのか?
某月某日 陽気な異邦人:外国人労働者たちとの交流
某月某日 パチンコ屋警備:監視カメラもあって気が抜けない
某月某日 職場放棄:我慢の限界を超えたとき
某月某日 承認欲求:警備員の喜びってなんですか?
某月某日 夜勤明けの出来事:どん底での犯罪の誘惑

第3章 どうしても好きになれない人
某月某日 誘導ミス:交通誘導警備員が一番恐れること
某月某日 たかが挨拶:なぜ挨拶をしない人が嫌われるのか
某月某日 駐車場警備:ドライバーの思いもよらぬ抗議に泣かされる
某月某日 好きになれなかった人「:いじめ」か「愛のムチ」か
某月某日 警備員は歯が悪い?:歯医者へ行く時間がないか金がないか
某月某日 通報される人:こんな行動は警備員失格!

第4章 できる警備員、できない警備員
某月某日 首振り人形: 2秒間隔で首を左右に振り続ければ警備員合格?
某月某日 コミュニケーション能力:警備員に外国人が少ないのはなぜ?
某月某日 できない警備員:ここにも能力格差は存在する
某月某日 家宅捜索:税金未払いで税務署員に部屋を捜索される
某月某日 枝道地獄:警備能力を超えた現場

長いあとがき


【発行】三五館シンンャ【発売】フォレスト出版

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー40件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

パンキッシュで面白かった

2019/08/07 03:04

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミナケン - この投稿者のレビュー一覧を見る

通勤時に軽く読めるエッセイの類を探していて、書店で数ページめくった限りで面白そうだったので購入。
長年出版業に従事し警備の世界に入ったこの著者にしか描けないであろう、リアルな心情や情景の描写力に引き込まれて一気に読み切ってしまった。
嫌な感じの卑屈さはあまり感じず、行間に反骨精神と希望が垣間見える内容だったので読後感も良かった。
柏さんの人間らしくて逞ましい生き様を讃えたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

うまさが光る。

2020/03/31 17:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

まずタイトルのつけかたがうまい。
ヨレヨレですよヨレヨレ。
中身はほんのりドキュメント的エッセイ風味日記形式。
自己破産してると交通誘導員にはなれない、などと知らないことにふーんへーえほーおと思いながらするするっと読んでしまった。
どんな職種でも相手に対して肯定的な態度をもち、コミュニケーションを取ろうとする人間でないと、仕事ってのはできないんだろうな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

交通誘導員さんの日常がわかる本

2019/12/26 18:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:makiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

よく見かけるけど、よく知らない交通誘導員さんの実態がわかる本でした。大変なんだなあ。親に交通誘導員をさせるくらいなら、私がその分、働こうと思いました。せめて自分は理不尽なクレームをつけるような近隣住民にはなるまい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最後の自己顕示欲

2019/08/04 10:07

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にゃっつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

参った。
柏市にこんな人が住んでいたとは。
呆れるわ。
もっと赤裸々に交通誘導員の日常が描かれていることを期待して購入したけど、最低。
過去の栄光を矜持として、いまはこんなだけどね、と文筆活動も出来るよと。
「ボダ子」に通じる嫌悪感を抱いてしまいました。
よくこんだけ人の悪口を並べられるなぁ。
奥さんがかわいそうです。
ベストセラー作家になられることをお祈りしますわ。
交通誘導員の方には逆らわないように優しく接しますけどね。今度から。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/01/21 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/14 11:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/02/16 18:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/02 17:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/25 09:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/29 15:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/10/11 10:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/02/28 15:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/26 05:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/09 18:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/04/13 10:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。