サイト内検索

詳細
検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規会員70%OFFクーポン

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 247件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
一般書

稲盛和夫の実学-経営と会計

著者 稲盛和夫

バブル経済に踊らされ、不良資産の山を築いた経営者は何をしていたのか。儲けとは、値決めとは、お金とは、実は何なのか。身近なたとえ話からキャッシュベース、採算向上、透明な経営...

もっと見る

稲盛和夫の実学-経営と会計

税込 524 4pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 5.7MB
Android EPUB 5.7MB
Win EPUB 5.7MB
Mac EPUB 5.7MB

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

バブル経済に踊らされ、不良資産の山を築いた経営者は何をしていたのか。儲けとは、値決めとは、お金とは、実は何なのか。身近なたとえ話からキャッシュベース、採算向上、透明な経営など七つの原則を説き明かす。ゼロから経営の原理と会計を学んだ著者の会心作。

目次

  • まえがき  今こそ求められる「経営のための会計学」
  • 序章 私の会計学の思想
  • 第一部 経営のための会計学―実践的基本原則
  • 第一章  キャッシュベースで経営する(キャッシュベース経営の原則)
  • 第二章 一対一の対応を貫く(一対一対応の原則)

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー247件

みんなの評価4.1

評価内訳

1998年初版のベストセラー

2008/10/14 20:02

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:龍. - この投稿者のレビュー一覧を見る

1998年初版のベストセラーです。何度読んでも、参考になります。

全編にわたって経営の参考になることばかりです。

その中でも、最初の「減価償却費」の考え方を通して、会計の本質を見ているところは秀逸です。

会計というと何かと手続き、約束事が基本にあるように考えてしまいがちですが、著者はそう考えてはいません。

経営に資するための会計という視点なのです。そのため、手続きの典型例である減価償却費計算についても、疑問を投げかけます。

つまり、なぜ税法で決められた耐用年数に従わなければならないのか、ということです。

そもそも会計は経営を映す鏡であるにもかかわらず、その本質を外れ約束事でやっても意味がないということです。

税金の計算、株主への報告、それぞれ目的とするところは違います。でも、会社が存在し続けるためには「経営のための会計」が必要なのです。

特に経理や会計専門家と呼ばれる人たちと社長には必読の書。

http://blog.livedoor.jp/c12484000/

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

私はこれを実践的会計学と称したい

2002/02/15 02:32

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yomoo - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者である稲森和夫氏が全くのゼロから京セラを超一流企業に育て上げたように、著者がゼロから築きあげた超一流の会計哲学。この書籍を開くと宝石箱から輝かしい光が周囲に溢れ出すかのような錯覚さえ感じます。それほど斬新な会計哲学。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ビジネスに必要な7つの原則を教示してくれる良書です!

2018/09/04 09:00

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、日本有数の経営者として名高い稲森和夫氏による経営についてその原理を追求した書です。バブル経済に踊らされ、その結果、多額の不良資産を残した経営者は一体何をしていたのか。そうした素朴な疑問から出発し、身近な実例を取り上げながら、商売とは、経営とは、といったビジネスの原則を解き明かした良書です。キャッシュベース、採算向上、透明な経営といった著者が考えるビジネスで必要な7つの原則を明示して、一つひとつ分かり易く解説してくれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

実践家の経営学

2001/02/18 12:01

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:dakara - この投稿者のレビュー一覧を見る

 経営の実践家が書いた経営書で、優れたものを挙げよといわれれば、私は『小倉昌男 経営学』とこの本を挙げます。
 『小倉昌男 経営学』のほうが、経営全般に目を向けているのに対して、本書は「会計」を重視した内容になっています。
 わかりやすい語り口ながら、本書から伝わってくる内容は非常に重要です。経営にとって、会計は中枢であると考える著者は、「実学」としての会計学を説きます。そのエッセンスが、7つの原則としてまとめられています。
会計学の学術書にはない、活きた会計学がここにあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

研究開発型/経営者から見た企業経営の道具としての会計

2016/09/11 14:07

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wizard81 - この投稿者のレビュー一覧を見る

おそらくはこんな内容だったと思います。
会計は企業経営にとって重要である。ただし必要な一側面にすぎず、重要なのは会社が顧客のニーズに応えられ続けることであり、そのために会計によって会社の現状を把握することが肝要で、会計ありきではないのだ、というのが要旨ではないかと。
稲盛和夫さんはJAL再生の際もA3の用紙にびっしりと記載された管理会計数値をもとに費用予算と実績のズレとその効果について厳しい指摘をしていたというエピソードがあったようですが、まさにその原点となる考え方が詰まった一冊ではないかと。
会計は企業経営に有効な道具、ただ必要だが全てではない。なかなか経理屋ばかりと付き合うと忘れそうになる視点を引き戻してくれる、そんな有益な本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

経営者の視点から会計本来のあり方を喝破!。

2001/01/18 15:09

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:shigeshige - この投稿者のレビュー一覧を見る

 昨今の国際会計基準採用に従い、これまでの含み損により右往左往する企業が続出している。なぜこんな事態を招いてしまったのか。それは公器である企業の経営状態をありのまま公開するというのは当然の義務であるにもかかわらず、会計手法を駆使し損失隠蔽に加担してきた企業会計の専門家、及びそれを利用し責任逃れを続けてきた企業経営者の責任に他ならない。稲盛氏は本の中でこれまで自分がとってきた企業会計への姿勢を主張することで、間接的に無責任な経営者の姿勢を非難している。会計専門家は専門家ではない同氏の主張を通じ、本来あるべき企業姿勢を見直し自分の果たすべき職務を再認識することができる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

会計と経営の哲学

2018/09/03 12:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:凄まじき戦士 - この投稿者のレビュー一覧を見る

京セラの経営者の会計との関係性を綴った経営哲学書物です。
この書籍では会計を関連付けて書かれていますが、基本的には同著者によって書かれた他の書籍と似たような感じなので新たな発見はなかったように思います。
会計の点はそこそこ面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/01 11:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/18 10:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/12 15:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/08 01:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/19 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/30 12:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/11 02:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/26 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

このページの先頭へ

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。