サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~10/31

新規会員50%OFFクーポン ~10/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2020/11/05
  • 出版社: 笠倉出版社
  • レーベル: Cross novels
  • ISBN:978-4-7730-6056-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

華獣【特別版】(イラスト付き)

著者 宮緒葵,絵歩

【特別版/書籍発売時、一部書店用に書き下ろされた番外編を追加収録!】跋鬼という異形の化け物に悩まされている蒼龍皇国の公子・瓏蘭。人々に『水晶の君』と愛され、麗しい美貌と優...

もっと見る

華獣【特別版】(イラスト付き)

税込 990 9pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 16.5MB
Android EPUB 16.5MB
Win EPUB 16.5MB
Mac EPUB 16.5MB

華獣 (CROSS NOVELS)

税込 979 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【特別版/書籍発売時、一部書店用に書き下ろされた番外編を追加収録!】

跋鬼という異形の化け物に悩まされている蒼龍皇国の公子・瓏蘭。
人々に『水晶の君』と愛され、麗しい美貌と優しい心を持つ瓏蘭は、命がけで跋鬼との戦いに向かう将軍・凱焔への褒美として、『一夜限りの花嫁』になることを命じられる。
たった一晩だけ。限られた時間の中、激しい口づけとともに凱焔の子種をたっぷりと注がれた瓏蘭。
嵐のように去った男を忘れられずにいたが、傷を負いながらも跋鬼を倒した凱焔が舞い戻り、「俺だけを飼うと仰って下さい」と縋りつかれてしまい――!?

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

良かった

2021/09/13 13:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱぐぱぐ - この投稿者のレビュー一覧を見る

レヴューの評価が高く、
表紙の絵は趣味に合わなかったのですが、
読んでみたら、
あまりの純愛に恥ずかしくなるくらいでした!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

「姫瓏蘭に命ず。左監門将軍、犲凱焔の一夜限りの花嫁となれ」本文より。

2021/08/10 23:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やまだち - この投稿者のレビュー一覧を見る

悲劇的な物語かと思ったら、あらすじの「俺だけを飼うと仰って下さい」を読んでこのワンコ攻めなら大丈夫だ!と謎の勇気がわきました(笑)。そしてその予感は当たっていました(個人の印象です)。

ネタバレがあります。

左監門将軍を任され一族の長でもある24歳攻め・犲 凱焔、皇弟を父とし見目麗しく「水晶の君」と呼ばれる心優しい18歳受け・姫 瓏蘭、両視点。

「蒼龍」の力添えで大国となった「蒼龍皇国」は、受けの伯父が統べる国です。ところが人を襲い身を喰らう化け物「跋鬼」の侵入を防ぐ「長城」に綻びが生じ、皇国は危機に直面します。民を守るため悩んだ皇帝は、攻めが長をつとめ戦いに秀でる「犲一族」にその討伐を、受けには攻めの一夜限りの花嫁となるよう命じて・・・

宮緒葵先生初の中華ファンタジーです。

受けを一夜限りの花嫁とすることと引き換えに、「跋鬼」の討伐を攻めが引き受けたことから物語が進みます。「跋鬼」は皇帝が送った討伐隊の第一陣、第二陣を全滅させた化け物。一騎当千と称えられたさすがの攻めも、今度ばかりは腕や脚を失うことも覚悟しなくてはならないのでは?とハラハラしながら読みました。

死地に赴く攻めのため受けは純潔を捧げるのですが・・・まぁエロいエロい!そしてワンコから獣になった攻めがとにかくドスケベで、あれ?ひょっとして無事に帰還するかも?な雰囲気に(笑)。

攻めと受けがその後どうなるのかは、読んでからのお楽しみ〜!

幼い頃に母を亡くし、寂しく満たされることのなかった受けの心。それをいっぱいにしたのが攻めであり、そんな攻めに惹かれる展開がとてもロマンティックでした。また「跋鬼」の正体や「長城」の秘密、「蒼龍」の意図など伏線の回収も鮮やかで面白かったです。イラストもイメージ以上の艶やかさ!

ドスケベワンコ攻めと天然誘い受け、そして中華ファンタジーが好きな方におすすめの作品でした!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ひたすらワンコ

2021/09/17 00:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:匿名 - この投稿者のレビュー一覧を見る

攻めがひたすらワンコ。こんなに大きな図体なのにワンコ!とにかくどんな作品より犬感感じました。
それでいて変態でした。若干恐怖さえ感じましたが、
今までにない感じの作品がよめてよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

公子と犬

2021/07/04 05:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やじやじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレあり

作者さんの作品はわりとドン引きすることもあるのですが
気になると手を出してしまう。
なぜならば素材が好みであることが多いから。
時々、寿司を食べに行ってピザでお腹いっぱいにさせられる感じになってしまうのですが
今回はそんなことなく
中華を食べに行って中華を食べられた感じ。
まあ、引きそうになるのを半歩でとどまる・・・って感じではありましたが(笑)

今回ドン引きにならなかったのは、
中華風ファンタジーの世界観が良かったのと
犬である凱焔が若干強引さもありつつも、
ちゃんと瓏蘭の意思も聞くし、
きちんと国のために(いや瓏蘭のためなんだけど)働いたところ。
騎馬民族を祖とする犲一族の長である凱焔と
美しい公子の綾なし具合がちょうど良かった感じです。
(馴れてきたというわけではないと思う・・・)
凱焔は作者さんらしい犬ぶりだし、
犬に嫉妬しちゃうのも相変わらずだしなんですけどね。

実は最初から皇帝が皇太子(と国)のために
凱焔の気持ちを最大限利用したのではとも思うのですが
(『一夜限りの花嫁』を許可したところから)
まあ、WinWinと相成ったのでよしとすべきかとも思います。

今作は色々なものが入り混じった設定の世界観と
犬ぶりと薄幸な色をまとう美しい公子が
見事に作品に展開されていたと思います。

私としては仁祥な気分で読ませてしてしまいました
(途中なんどか変態言いかける仁祥がツボ
誰にも止められないんですぅみたいな・・・
読者である私も同じような気分でしたから)

相変わらずの犬ぶりで、お腹いっぱいではありますが
ラストのシーンはきゅんときちゃいましたです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/07/23 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。