サイト内検索

詳細
検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

エントリーで100名様に1000ポイントプレゼントキャンペーン ~6/30

  1. 電子書籍ストア hontoトップ
  2. 経済・ビジネス
  3. ダイヤモンド社
  4. 独学大全―――絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 202件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日: 2020/10/21
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • ISBN:978-4-478-10853-6
一般書

独学大全―――絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法

著者 著:読書猿

本書は正体不明、博覧強記の読書家であり、独学の達人である読書猿が書いた「勉強法の百科事典」です。ギリシア哲学から最新の論文まで、あらゆる「知の先人」から学んだ内容を、著者...

もっと見る

独学大全―――絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法

税込 2,772 25pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 125.5MB
Android EPUB 125.5MB
Win EPUB 125.5MB
Mac EPUB 125.5MB

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

本書は正体不明、博覧強記の読書家であり、独学の達人である読書猿が書いた「勉強法の百科事典」です。ギリシア哲学から最新の論文まで、あらゆる「知の先人」から学んだ内容を、著者独自の視点で55の技法にまとめました。
本の読み方、挫折の乗り越え方、時間の作り方…勉強はこの1冊でOK!独学者のバイブル誕生。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー202件

みんなの評価4.3

評価内訳

コスパ良書

2020/10/15 00:19

30人中、28人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みっきー - この投稿者のレビュー一覧を見る

他のレビューにもある通り勉強に対する考え方や方法論が網羅的にまとまっている。また著者が長年考えてきたスタイルを余す事なく披露している。分量が多いのに3000円ちょっとで買えるのはコスパとても良いです!一から読むより気になったページをめくって少しずつ読むといいかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

飽きても、辞めても、かまわない。 また、始めれば良い。 人間は学びによってのみその宿命から逃れられる。

2021/08/08 12:04

16人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mitu - この投稿者のレビュー一覧を見る

「卒業してしまえば、諸君は私が授業で教えたことなど忘れてしまうだろう。でもそれでいいのだ。学んだ忘れてしまって、その後に残る何か。それが教育なんだ」

書店で平積みになっているベストセラーを、Amazon Audibleの「聞く読書」で学んだ。

聞きながら、冒頭の学生時代の恩師の言葉を思い出した。

自分には特技も取り柄もない。

本屋に行っては語学書やベストセラー、新書をあさり、買ってきては挫折して書棚の飾りとなる。

そんなことをずっと繰り返してきた気がする。

それは「学ぶことを諦めたくない」からだろう。

本書は、覆面ブロガーである著者が様々な具体例を持って「学び」について後押ししてくれる。

各章の冒頭では「無知くんと親父さんの対話」。

身も蓋もない二人の対話の中から、今何を具体的にするかの道しるべが示される。

独学者は一人だ。
だが、孤独ではない。

実際に会うことができない人を師と定めて学ぶ「私淑」。

偉大な先人たちの肩に乗って眺める景色。

図書館、インターネットといった誰でも無料で、もしくは安価で利用できる資源。

そして、自分自身を振り返るセルフモニタリング。

飽きても、辞めても、かまわない。

また、始めれば良いのだ。

人間は学びによってのみその宿命から逃れられるのだと、著者は力説する。

それは、自分にできることを挑戦してみたくなる意欲をくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

学ぶことをあきらめたくない大人に最適

2021/02/28 21:29

9人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆっきー - この投稿者のレビュー一覧を見る

読書猿さんがこれまで体系化してきた独学の方法を知ることができます。
ボリュームに圧倒されますが、少しずつしっかり読んでいきたいと思います。
学ぶことをあきらめたくない大人に最適です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

座右の書

2022/05/14 10:24

8人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:.ばっは - この投稿者のレビュー一覧を見る

書店平積みで発見するも重さに圧倒され立ち読みも難だし、図書館数か月待ちで手元に。
予想以上に有用そうで読みやすい。
自分にはできないだろう高度な技もあったが枕にもなりそうだし座右の書としたい。
重たいから通販で買った。

1部 なぜ学ぶのかに立ち返ろう
  1章 志を立てる
  2章 目標を描く
  3章 動機付けを高める
  4章 時間を確保する
  5章 継続する
  6章 環境を作る
2部 何を学べばよいかを見つけよう
  7章 知りたいことを発見する
  8章 資料を探し出す
  9章 知識への扉を使う
 10章 集めた資料を整理する
 11章 情報を吟味する
3部 どのように学べばよいかを知ろう
 12章 読む
 13章 覚える
 14章 わからないを克服する
 15章 自分の独学法を生み出す
4部 独学の「土台」を作ろう
  ・国語独学の骨法
  ・英語(外国語)独学の骨法
  ・数学独学の骨法

▼付録:技法リスト
技法01 「学びの動機付けマップ」
技法02 「可能の階梯」
技法03 「学習ルートマップ」
技法04 「1/100プランニング」
技法05 「2ミニッツ・スターター」
技法06 「行動記録表」
技法07 「グレー時間クレンジング」
技法08 「ポモドーロ・テクニック」
技法09 「逆説プランニング」
技法10 「習慣レバレッジ」
技法11 「行動デザインシート」
技法12 「ラーニングログ」
技法13 「ゲートキーパー」
技法14 「私淑」
技法15 「会読」
技法16 「カルテ・クセジュ」
技法17 「ラミのトポス」
技法18 「NDCトラバース」
技法19 「検索語みがき」
技法20 「シネクドキ探索」
技法21 「文献たぐりよせ」
技法22 「リサーチログ」
技法23 「事典」
技法24 「書誌」
技法25 「教科書」
技法26 「書籍探索」
技法27 「雑誌記事(論文)調査」
技法28 「目次マトリクス」
技法29 「引用マトリクス」
技法30 「要素マトリクス」
技法31 「タイム・スケール・マトリクス」
技法32 「4分割表」
技法33 「トゥールミン・モデル」
技法34 「転読 Flipping」【速読01】
技法35 「掬読 Skimming」【速読02】
技法36 「問読 Q&A Reading」【速読03】
技法37 「限読 Timed Reading」【速読04】
技法38 「黙読 Silent Reading」【平読01】
技法39 「音読 Reading Aloud」【平読02】
技法40 「指読 Pointing Reading」【平読03】
技法41 「刻読 Marked Reading」【精読01】
技法42 「段落要約 Paragraph Summarizing」【精読02】
技法43 「筆写 Scribing」【精読03】
技法44 「注釈 Annotating」【精読04】
技法45 「鈴木式6分割ノート」【精読05】
技法46 「レーニンノート」【精読06】
技法47 「記憶法マッチング」
技法48 「PQRST法」
技法49 「プレマップ&ポストマップ」
技法50 「記憶術(ニーモニクス)」
技法51 「35ミニッツ・モジュール」
技法52 「シンクアラウドThink Aloud」
技法53 「わからないルートマップ」
技法54 「違う解き方」
技法55 「メタノート」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一生続く学びの伴走者となる「百科事典」

2021/02/28 11:27

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:P - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は著者のライフワークである独学の技法を、「何を」「どう」学ぶのか?というレベルからそれらの技法の組み合わせ事例まで紹介した、「大全」の書名に相応しい独学の百科事典である。
困りごと索引から今の自分に必要な技法を探り当てるもよし、膨大な引用や参考文献のなかから読んだことのある良書を発見したり、55の技法から無意識にやってたな、というものを見つけて楽しむもよし。学びたいものがたくさんあるなら、一旦初心に帰ってルートマップ作成からやるのも良いだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ただ一言、すごい本

2022/04/16 03:42

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱんだ男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

すごい本だということがありきたりではありますが私の印象です。独学というテーマをここまで網羅した本はおそらくないでしょう。本当にこのような値段で入手できてよいのかという完成度です。辞書みたいな厚さなのに夢中になって読んでしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

読書猿の 書いた順番にも 一理

2023/04/05 22:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:清高 - この投稿者のレビュー一覧を見る

1.内容
 ブログ「読書猿 Classic:between/beyond readers」を主宰している読書猿が、「昼間はいち組織人として働きながら(略)独学に励」(プロフィールより)みながら「3年以上の時間を要し」(p.751)て仕上げた、独学についての方法論を書いた本。筆者(清高)は、「何を学ぶのか→どう学ぶのか→どう続けるのか」(本書でいえば第2部→第3部→第1部、の順)という順番で考えるが、読書猿は、「どう続けるのか→何を学ぶのか→どう学ぶのか」の順番で概ね説明している。そして、独学について概ね55個の方法論にまとめてある。なお、第4章は、国語、英語、数学を題材にした独学の実践。

2.評価
(1)まず感想レベルで。独「学」が大変だというのがわかる。単なる読書であれば本書のようにする必要はないと思うが、体系的に学ぶのであれば、本書のような方法論(とりわけ書籍の探し方)が重要なのだろうと思わせる本である。

(2)書かれてある方法論をすべて採用すれば理想なのだろうが、おそらく大多数の読者は興味のある(本書の方法論には興味深いものが多いことを付言しておく)一部しか用いないし、筆者もそうするであろう。一例だけ書くと、「古典ではなく教科書を読め」(p.281)はなるほどと思ったので、参考にする。筆者のアイデアに昇華させると、文学作品を読む前に国語便覧を読むがごとし。

(3)1.で、筆者と読書猿の思考の違いを表したつもりである。1.で書いた筆者の見解は、本書を読み始めたときに持ったが、読了してみると、読書猿の見解にも一理あると思った(p.37の見解に同意した)ので、点数を減らさない。

(4)以上の通りであるから、5点とする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

素晴らしい

2022/12/02 12:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:感動! - この投稿者のレビュー一覧を見る

「本当に」感動するほど素晴らしい書。
いろいろな独学メソッドが紹介されていく。
独学者はもちろん、すべての人に読んでもらいたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

続けることが大事

2022/11/14 00:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:qwerty - この投稿者のレビュー一覧を見る

勉強法を探し求めて出会った。
中でも、ミニッツモジュールが一番響いた。
モチベ維持のために、またこの本に帰って来ようと思えた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

飽きても、辞めても、かまわない。 また、始めれば良いのだ。 人間は学びによってのみその宿命から逃れられるのだと、著者は力説する。

2022/08/28 15:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mitu - この投稿者のレビュー一覧を見る

「卒業してしまえば、諸君は私が授業で教えたことなど忘れてしまうだろう。でもそれでいいのだ。学んだことを忘れてしまって、その後に残る何か。それが教育なんだ」

書店で平積みになっているベストセラーを、Amazon Audibleの「聞く読書」で学んだ。

聞きながら、冒頭の学生時代の恩師の言葉を思い出した。

自分には特技も取り柄もない。

本屋に行っては語学書やベストセラー、新書をあさり、買ってきては挫折して書棚の飾りとなる。

そんなことをずっと繰り返してきた気がする。

それは「学ぶことを諦めたくない」からだろう。

本書は、覆面ブロガーである著者が様々な具体例を持って「学び」について後押ししてくれる。

各章の冒頭では「無知くんと親父さんの対話」。

身も蓋もない二人の対話の中から、今何を具体的にするかの道しるべが示される。

独学者は一人だ。
だが、孤独ではない。

実際に会うことができない人を師と定めて学ぶ「私淑」。

偉大な先人たちの肩に乗って眺める景色。

図書館、インターネットといった誰でも無料で、もしくは安価で利用できる資源。

そして、自分自身を振り返るセルフモニタリング。

飽きても、辞めても、かまわない。

また、始めれば良いのだ。

人間は学びによってのみその宿命から逃れられるのだと、著者は力説する。

それは、自分にできることを挑戦してみたくなる意欲をくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

わかりやすい

2020/10/19 08:18

12人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

学び続けていくためのいろいろなことが、わかりやすく解説されていて、よかったです。具体的な参考にしたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

独学大全

2022/07/25 14:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:gaco - この投稿者のレビュー一覧を見る

書店などで話題になっていたため購入しました。本の厚みの割にはスムーズに読めます。ところどころ著者の言い回しが気になる箇所がありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

結局は続けられるかどうか

2021/11/26 13:32

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BB - この投稿者のレビュー一覧を見る

悩んだ末、結局購入してしまった。まさに「鈍器本」。
非常に砕けた書きぶりの本でありながら、内容は思っていた以上にまじめ。
そしてよくあるノウハウ本、ハウツー本とは違って、安易な手段ではなく、継続の必要性が伝わってくるように、「独学」の意味や手段や方法について、きっちりつづってある。
成功者の「私はこうやって成功しました」的でないところも、堅実で良い。

なぜ学ぶのか、何を学べばいいのか、どのように学べばいいか、と非常にざっくりした章立てながら、中に書かれているのは、何かを学ぶ上で非常に大事な「問い」を持つ(動機付け)ために何がができるか、ということ。

順番に読んでもいいし、適当に開いたページを読むもよし。ちゃんと索引もある。

厚みのわりに値段もお手頃(この厚みの学術書なら1万円はする)。一冊持っていて損はなし。

売れるのも納得である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

読みきれるかな…

2021/01/03 12:13

11人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もみじこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

知人に強力に勧められて購入
1/3程読みましたが、あまりしっくりきません
自分のやり方でできる人、自分のやり方ですやりたい人には必要ないのではと感じています

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

独学大全―――絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法

2024/06/09 11:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おかしなかかし - この投稿者のレビュー一覧を見る

書店で見かけたとき、鈍器のような厚さにびびり電子書籍で購入。まちがっても全部読もうとしてはいけない。必要なところを必要なだけ読みましょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

このページの先頭へ

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。