サイト内検索

詳細
検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

エントリーで100名様に1000ポイントプレゼントキャンペーン ~7/31 ※未ログインのみ

  1. 電子書籍ストア hontoトップ
  2. BL(ボーイズラブ)
  3. BL小説
  4. 笠倉出版社
  5. Cross novels
  6. 森の神様と強がり花嫁【特別版】(イラスト付き)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日: 2021/04/01
  • 出版社: 笠倉出版社
  • レーベル: Cross novels
  • ISBN:978-4-7730-6080-5
一般書

森の神様と強がり花嫁【特別版】(イラスト付き)

著者 葵居ゆゆ , 小椋ムク

【特別版/書籍発売時、一部書店用に書き下ろされた番外編を追加収録!】「亜耶はね、私に、とても素敵なものをくれたんだ」額に森の主の花嫁の印を持つ亜耶は、幼い頃の記憶がなく、...

もっと見る

森の神様と強がり花嫁【特別版】(イラスト付き)

税込 990 9pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 12.8MB
Android EPUB 12.8MB
Win EPUB 12.8MB
Mac EPUB 12.8MB

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

【特別版/書籍発売時、一部書店用に書き下ろされた番外編を追加収録!】

「亜耶はね、私に、とても素敵なものをくれたんだ」
額に森の主の花嫁の印を持つ亜耶は、幼い頃の記憶がなく、いつも孤独で役目から解放される日を夢見ていた。
ついに来た嫁入りの日、出迎えた森の主・蒼星は想像とは違って、優しく亜耶をあまやかしてくれる。
知らなかった優しさや愛情を注がれ続けるうちに、亜耶も蒼星のことが好きになってしまって……。
けれど、蒼星が亜耶の幸せを願うがゆえの行動で、再び亜耶の記憶が!?

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

「大好きだから、きみには幸せになってほしい」本文より。

2022/06/30 23:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やまだち - この投稿者のレビュー一覧を見る

あとがきによると、「森の奥深くを舞台」にした「神様と人間の恋物語」です。

ネタバレがあります。

●大きな森の奥に暮らす森の主攻め・蒼星
●幼い頃に額に印を付けられたため森の主に嫁ぐ受け・亜耶
○本編は受け視点、番外編は攻め視点

幼い頃、森で保護され森の主・蒼星と暮らしたことのある亜耶。ところがその一年後、記憶を消され村に帰された亜耶ですが、「主さまの花嫁の証」である印を付けられたため、十三年も自由のない隔離生活を余儀なくされることに。その間、村人から必要最低限の世話と花嫁修行を施され、いつしか亜耶は「自由」を欲します。そして嫁いだ亜耶は蒼星をたぶらかし、移動を制限する額の印を消して「自由」になろうとしますが・・・

愛しているからこそ相手が望むなら手放せる覚悟をしていた蒼星と、自由になりたかったはずなのに恋をして離れがたくなった亜耶。お料理したりお出掛けしたりと幸せに暮らしていたはずなのに、案の定すれ違いが発生。亜耶は再び記憶を蒼星に消されてしまいます。そりゃないぜ神様!と叫ぶところですが、蒼星の事情や思いがわかると断腸の思いだったんだなぁと泣けてきました。

孤独とぬくもり、その両方を知った二人はもう二度と離れることはないでしょう。

そして小椋先生のかわいらしいイラストと作中のエロさのギャップが!!この作品における攻めの優しさとエロさは比例する、と定義したいです。言葉責めはもちろん、結◯への中出し、潮◯き、騎◯位と大充実。また、すけべに協力的な動物たち(笑)。

そんな和風BLファンタジー、いかがでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

糖度200%

2022/02/18 06:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やじやじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレあり

思っていた以上の甘さでした。

額に森の主の花嫁の印を持つ亜耶
森の主である蒼星のお話

幼い頃の記憶がなく花嫁の印を持っていたので飢えや暴力は受けないまでも
軟禁され疎まれて成人まで過ごし、印を消して自由になることを夢見ている亜耶
で花嫁として行った森で迎えてくれた蒼星は激甘やかしさん・・・。
(ここは亜耶同様に「え?」な感じになりました)

溺愛故に相手の幸せになるように望むようにって思っての行動だけれど
これがちょっと独りよがりというかずれていたりするんですよね。
このずれ具合がすれ違いを起こして。
(途中、こんな目にあわせて良いのか?な感じになってしまったり・・・
こんな目にあうとは思わなかったのか・・・とかぐるぐるしました)
その点では亜耶の強さが地についていて愛らしかったです。
(歪んだ生育環境でありながら、素直で柔軟性が高い子に育ってました)

この世界(この国)はどんなところ?とか
結局亜耶父は何をしたかったのかとか
色々???も残ってはいるのですが、
これは甘々になる二人を楽しむ作品なのですね。
ということで、読後は口の中にじゃりじゃりと砂糖が残るような感じでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

大切だから

2021/05/27 09:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつゆき - この投稿者のレビュー一覧を見る

森の神様の花嫁の印を付けた亜耶は13年間も閉じ込められて生活していて、それを衣食住に困らず大事にされていたと思っている神様に違和感を感じた。
しかし村の貧しい生活から考えれると衣食住に不自由しなかったのは恵まれているとも言えるのかも知れないが、神様には亜耶の寂しさ孤独さなどの気持ちは分からなかったのだろう。
だから亜耶の幸せだからと記憶を消して放り出すような真似ができたのか。
亜耶を大切に思うあまりすれ違うのが切なかった。
だがこれからはずっと一緒に仕獣たちと仲良く幸せに暮らすことだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/04/17 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/27 09:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

このページの先頭へ

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。