サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~5/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新書
  5. 筑摩書房
  6. ちくま新書
  7. 氏名の誕生 ――江戸時代の名前はなぜ消えたのか

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2021/04/16
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま新書
  • ISBN:978-4-480-07376-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

氏名の誕生 ――江戸時代の名前はなぜ消えたのか

著者 尾脇秀和

私たちが使う「氏名」の形は昔からの伝統だと思われがちだが、約150年前、明治新政府によって創出されたものだ。その背景には幕府と朝廷との人名をめぐる認識の齟齬があった。江戸...

もっと見る

氏名の誕生 ――江戸時代の名前はなぜ消えたのか

税込 880 8pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 28.2MB
Android EPUB 28.2MB
Win EPUB 28.2MB
Mac EPUB 28.2MB

氏名の誕生 江戸時代の名前はなぜ消えたのか (ちくま新書)

税込 1,034 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

私たちが使う「氏名」の形は昔からの伝統だと思われがちだが、約150年前、明治新政府によって創出されたものだ。その背景には幕府と朝廷との人名をめぐる認識の齟齬があった。江戸時代、人名には身分を表示する役割があったが、王政復古を機に予期せぬ形で大混乱の末に破綻。さらに新政府による場当たり的対応の果てに「氏名」が生まれ、それは国民管理のための道具へと変貌していく。気鋭の歴史研究者が、「氏名」誕生の歴史から、近世・近代移行期の実像を活写する。

目次

  • プロローグ──人名の常識をめぐって/江戸時代の人の「名前」/今、氏名と呼んでいるもの/江戸時代を起点に/本書の構成/第一章 「名前」の一般常識/1 一般通称の世界/江戸時代の“下の名前”/名前の“お尻”と頭/人名符号の定着/ルールの範囲内で/名跡化と襲名慣行/名を継ぐ意味/相応しい名前/名は体を表す/2 名前としての官名/大和守という名前/大名の場合/官名の選択/四品相当の官名/無視された“本来の意味”/叙任という手続き/侍従以上/参議以上と松平の称号/3 擬似官名とその増殖/国名と京百官/東百官/東百官の変形・増殖/恨めしきまなざし/第二章 「名前」にあらざる「姓名」/1 名乗書判の常識/「名乗」とは何か/名乗はいつ・どこで使うか/誰も知らない名乗/名乗と帰納字/書判の設定/書判とは言うけれど/名乗と印形/2 本姓と苗字/本姓と称するもの/苗字の公称/苗字の私称/武右衛門は気にしない/通称と苗字の関係/村内秩序と苗字/一般の人名常識/第三章 古代を夢みる常識/1 朝廷官位と「名前」/朝廷社会の「名前」/些末な拘泥?/江戸時代の朝廷位階/越えられぬ一線/朝廷の官名/官位相当と家格/京官の定員制限/国司に定員なし/転任と名前/庶民の叙位任官と擬似官名/2 「姓名」の用途と「名前」の正体/「姓名」こそが人名/「姓」といわれたもの/姓尸名/官位は姓名の上に接続する/小倉百人一首/称号と実名/実名を呼ぶ文化/用途に応じて/武家官位の申請手続き/長い“フルネーム”は存在しない/朝廷の人名常識/3 官名と職名/古代を夢みる者たち/職名の存在/名実の不一致/第四章 揺らぐ常識/1 正論を説く者たち/正しさはどこにあるか/何右衛門らの起源/官名僭称とその名残/官名を盗むな/紛々たる称/今世の風俗は……/武家のルールにご用心/笑わば笑え/靱負佐になりたい/御名差合/荻生徂徠の提起/名を正せ/山県大弐の正名論/2 人名部位の総整理/「名字」に注意/通称なるもの/苗字・称号・氏・姓/屋号と苗字/名前でも姓名でもないもの/3 官位の褫奪と「王政復古」/解官する常識/解官しない常識/長門宰相から毛利大膳へ/一新と復古/第五章 王政復古のはじまり/1 官位と職名/夢の実現へ向けて/新政府職制の登場
  • ほか

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

人名に関する疑問が解消

2021/08/15 16:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sherfit Baker - この投稿者のレビュー一覧を見る

これまでの、江戸・明治の人物名に関するさまざま疑問が解消した。
自分の名をどう認識していたのか、他人をどう呼んでいたのか、「~守」の国名は何の意味があるのか、「~右衛門」とは何なのか・なぜ消えたのか、など。
現在の(男性の)名前が、どう分類でき、江戸以来のどの流れに位置づけられるかなどもわかり、まさに目からウロコであった。

身近な事象について説明する歴史書で、ここまで読みやすく面白いというのはすばらしい。
江戸から明治にかけて、名前の概念が変更していくさまが、ストーリー仕立てのように語られ、このあとどうなっていくか、引き込まれるように読んだ。

紙幅があれば、西郷隆盛・後藤象二郎など、維新期の著名人がどのように自分の氏名を選択したかについても書いてほしかった。
また、中世の人名はどうであったかなども今後書いて欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

目からウロコ

2021/05/21 23:58

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じゅんべぇ - この投稿者のレビュー一覧を見る

これまで過去の人物を知るために、かなり「実名」にこだわって調べてきていたけど、当時の価値観を学んで、納得!本人すら覚えていないのに後世に伝わるはずがない。。。
そして、今の「名前の概念」もたかだか150年ということか。。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

楽しく知識を得られる本

2021/12/29 15:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トリコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

『刀の明治維新』『壱人両名』に続く、3冊目の概説書。
著者は、常に「なぜ」という感覚をゆるがせにせず、圧倒的な知識と筆力で歴史を学ぶ楽しさを教えてくれる。
なぜ、江戸時代のままでは通用しなくなったのか、明治維新を迎えてどのように「氏名」が誕生したのか。人間のアイデンティティに深くかかわるテーマを鋭く考察する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

時代が変わると名前も変わる

2021/05/04 10:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

江戸時代を通じて存在していた秩序が大政奉還によって崩壊し、明治国家という新しい秩序の中で今に至る氏名が生まれたという点や江戸時代の人名の由来については大いに参考になる。
 しかし、明治維新によって崩壊した秩序に由来する人名の世界が新しい秩序の形成の中で通用しなくなるし、また天皇を中心とした家族国家を擬態した明治国家では新しい氏名に移行したのは必然的だと思うが、そうではないようだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/07/03 16:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/04/19 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/16 09:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/04/10 00:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/06/13 00:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/21 15:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/10/12 04:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/11 18:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/20 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。