サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規会員70%OFFクーポン

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 55件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日: 2022/01/12
  • 出版社: 講談社
  • ISBN:978-4-06-526381-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

黛家の兄弟

著者 砂原 浩太朗

第165回直木賞、第34回山本周五郎賞候補『高瀬庄左衛門御留書』の砂原浩太朗が描く、陥穽あり、乱刃あり、青春ありの躍動感溢れる時代小説。道は違えど、思いはひとつ。政争の嵐...

もっと見る

黛家の兄弟

税込 1,881 17pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 5.0MB
Android EPUB 5.0MB
Win EPUB 5.0MB
Mac EPUB 5.0MB

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

第165回直木賞、第34回山本周五郎賞候補『高瀬庄左衛門御留書』の砂原浩太朗が描く、陥穽あり、乱刃あり、青春ありの躍動感溢れる時代小説。

道は違えど、思いはひとつ。
政争の嵐の中、三兄弟の絆が試される。

『高瀬庄左衛門御留書』の泰然たる感動から一転、今度は17歳の武士が主人公。
神山藩で代々筆頭家老の黛家。三男の新三郎は、兄たちとは付かず離れず、道場仲間の圭蔵と穏やかな青春の日々を過ごしている。しかし人生の転機を迎え、大目付を務める黒沢家に婿入りし、政務を学び始めていた。そんな中、黛家の未来を揺るがす大事件が起こる。その理不尽な顛末に、三兄弟は翻弄されていく。

令和の時代小説の新潮流「神山藩シリーズ」第二弾!

~「神山藩シリーズ」とは~
架空の藩「神山藩」を舞台とした砂原浩太朗の時代小説シリーズ。それぞれ主人公も年代も違うので続き物ではないが、統一された世界観で物語が紡がれる。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー55件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

「ひとの心もちには応えよ」

2023/07/18 08:46

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スマートクリエイティブ - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公は、小藩の代々筆頭家老の家の三兄弟の三男。若いころとその13年後を舞台として、兄弟の結束を著した作品。
 次兄は藩を二分する次席家老の家の息子を切った責任をとり、目付の主人公が切腹を命じた。藩主の二女を嫁にもらい家老を継ぐことになる長兄との約束で大目付の家に婿にはいり、次席家老に復讐を誓う。部下として大目付の家に入った子供のころからの友が、対立する次席家老側のスパイであることをうまく利用し、次席家老の信頼を得る。嵐の日に、長兄を襲う計画であった友を切り捨てる。
 「ひとの心もちには応えよ。応えんとしているうちに、多くを得る」「だれかの夢を見るのは、そのひとがおのれのことを思うているから」この2つは、主人公が若いころ父や母から聞いたことばであるが、13年後に息子や童に伝えている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

神山藩シリーズ第2弾

2022/05/22 13:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nekodanshaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

神山藩シリーズ第2弾。代々筆頭家老の黛家の3兄弟をの絆と確執、兄弟間の心の奥底に潜んだ想いが、黛家を襲う、家の廃絶に向かうかもしれない試練に立ち向かう。侍にとって家の存続が重要であり個人の想いはないがしろにされる。一方で、個人の想いが社会を時代を動かすことも多い。時代小説の形を取りながら、幾つものミステリーが絡まり、物語が進み、驚愕の顛末に読む者は翻弄される。大目付となる主人公は、人の心持に応えよ、応えんとしているうちに多くを得る、と諭され、相対する悪意のある一族に、魂は育てられたのではないかと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

激しいながらも、やわらかい

2022/03/29 15:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作『高瀬庄左衛門御留書』で2021年の読書界を席巻した砂原浩太朗さんが、同じ神山藩(架空の藩だが)を舞台にしたシリーズ第2作となるのが本作品である。
 『高瀬庄左衛門御留書』が静だとすれば、これは動といえる。
 何人もの人が争いによって、あるいは策略の果てに死んでいく。それでいて、過激にならないのは砂原さんの抑え気味の文体ゆえだろうか。

 タイトルのままに、この作品では神山藩筆頭家老の家、黛家の三人の兄弟の姿が描かれている。
 巻頭の「花の堤」という章で、三人のまだ若い姿とそれぞれの性格、さらにはその後彼らの運命にかかわってくる次席家老漆原の姿がじつにうまく配置され、長編小説の導入として滑らかなに動き出す。
 さらには長男に藩主の娘の輿入れが決まり、本作の主人公になる三男新三郎も大目付の家への婿養子が決まっていく。
 次男はどうかといえば、父親との確執が激しく、ほとんど家にも寄り付かない。
 2部構成の第1部では、漆原の息子を斬った罪で次男が目付となった新三郎に切腹を申し渡されるまでが描かれる。

しかし、本当の物語はここからだといえる。
2部ではすでに30歳を過ぎ、織部正と名を変えたかつての黛家の三男と主席家老となって今や藩を牛耳る漆原との、目には見えない闘いが描かれる。
多くの血が流れるが、どうしてこの作品が激しないのか。それは1部で姿を消すが、次男の哀しい眼差しが底流として本作に流れているからだろう。
 父と子、兄と弟、そして彼らを支える女たち。
 本作にあった、「なにかをえらぶとは酷いものじゃ」という言葉が心に響く。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

三兄弟

2023/07/03 22:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エムチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

それぞれ個性的な三兄弟。運命は皮肉にも……。長男には藩主の娘との婚姻が、三男は大目付の家への婿養子に。しかし、 次男は、漆原の息子を斬った罪で、弟の新三郎に切腹を申し渡されます。この時代だからですが……うーん。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/12/02 11:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/10/15 15:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/01/12 20:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/01/29 07:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/01/23 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/02/06 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/08/09 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/03/08 15:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/03/12 02:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/03/25 01:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/04/01 11:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。