サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

エントリーで100名様に1000ポイントプレゼントキャンペーン ~6/30

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 413件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日: 2022/01/12
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-134957-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

白いしるし(新潮文庫)

著者 西加奈子

女32歳、独身。誰かにのめりこんで傷つくことを恐れ、恋を遠ざけていた夏目。間島の絵を一目見た瞬間、心は波立ち、持っていかれてしまう。走り出した恋に夢中の夏目と裏腹に、けし...

もっと見る

白いしるし(新潮文庫)

税込 539 4pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 2.4MB
Android EPUB 2.4MB
Win EPUB 2.4MB
Mac EPUB 2.4MB

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

女32歳、独身。誰かにのめりこんで傷つくことを恐れ、恋を遠ざけていた夏目。間島の絵を一目見た瞬間、心は波立ち、持っていかれてしまう。走り出した恋に夢中の夏目と裏腹に、けして彼女だけのものにならない間島。触れるたび、募る想いに痛みは増して、夏目は笑えなくなった──。恋の終わりを知ることは、人を強くしてくれるのだろうか? ひりつく記憶が身体を貫く、超全身恋愛小説。(解説・栗田有起)

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店福岡店

落ちたらあとは進むのみ

ジュンク堂書店福岡店さん

32歳・独身・アルバイトをしながらひたすら絵をかいて生きる女、夏目は失恋のたびに廃人のようになる。想いを身体ごと削ぎ取るように、体重がどんどん落ちていく。
だから夏目が間島に出会ったとき、恋の予感とともに、「あかん」と思った気持ちは正しい。
けれど「あかん」と感じたときには、きっともう遅いのだ。
落ちてしまった恋の穴からはいあがるのは容易なことではない。
猛スピードで走る気持ちはハンドルがきかないし、あちらこちらに激突して、ボロボロになる。たとえ届かない、と心の底で感じ取っていたとしても、相手のほうに手をのばすことをやめられない。
こんな風にがむしゃらに人を好きになってみたい、とも思うし、こんな痛い想いなんて絶対したくない、とも思う。
誰も踏み込ませない深淵を持つひとと、手の届かないそのひとを好きになってしまったひととは、一体どちらの方が孤独なのだろうか。
猛スピードでつきすすむ夏目の恋に、ついていくのにこちらも必死になる、パワーのある恋愛小説だった。

みんなのレビュー413件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

激しく、しかし真っ直ぐな恋に惹かれる

2023/08/18 18:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Takashi - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかく主人公の自分の感情に対する真っ直ぐさに共感を覚えました。失恋で塞ぎ込んでしまうくらいなのに、それでも「好き」という感情に突き動かされていく様は人間そのものであり、最後は切ない満足感で胸がいっぱいになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

西さんの本を初めて読みました。

2017/04/30 12:21

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コスモス - この投稿者のレビュー一覧を見る

西さんの本を初めて読んだので、あまり偉そうなことは書けません。
ただ一つ思うのは、ここまで全身で恋愛できる女性に、ある種の尊敬の念を覚えます。
こんな人、なかなかいないのではないでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自分と同化して…

2015/09/06 00:12

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:びん - この投稿者のレビュー一覧を見る

『サラバ』を読んですっかり西加奈子さんの作品をもっと読みたくなり、次に手に取ったのが『白いしるし』でした。「女32歳、独身、恋を遠ざけていた夏目…」という紹介文に勝手に自分を同化したのがきっかけです。純粋な夏目、葛藤する夏目、それでもやっぱり強い夏目、恋する資格は誰にでもあるんだと、勇気づけられました。タイミング的にも読むべくして読んだ一冊のような気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

実行はしないけど心の中にうずまく気持ち

2023/03/26 10:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

恋愛小説って、共感できる部分もあれば、共感できない極端な部分もある。
共感できない部分のあとに来る余韻のようなところに、ぐっと共感する部分、感情移入できるところが醍醐味かもしれない。

登場人物のキャラクターや行動は非日常的に思えるけど、現実にちょっとだけ妄想を加えた世界はこんな感じかもしれない。
現実でこのストーリーをやっている人には不要な物語かもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こういう女性もいるのかしら

2020/05/16 18:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:makiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

恋をしたら仕事にも行かず、お風呂にも入らず、自らの身体に白い絵の具を塗りたくって壁にぶつかる等、本当にこんな女性がいるのだろうかと薄気味悪いぐらいでした。社会的地位なんて物ともせず恋に身を浸せる主人公が恐ろしく、どこか羨ましい気もしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

全力の恋愛!

2018/09/20 12:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しんごろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

30代の女性が全身全霊をかけた恋愛小説でした。とにかく全身全霊、一にも二にも全身全霊、そして全力です。恋の相手はクセが強いというか、個性が強いというか、変態というか、変人というか、要するに訳わからないのですが、そこにユーモアを感じて、さらさらと読めますね。だけど、男はいかなる理由があるにせよ、女性に暴力はダメですね。西加奈子さんの作品は、なんとなく、よしもとばななさんに感じが似てる気がするなあ。恋する女性を、全身全霊をかけて応援したくなる作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

西さん5作目。

2015/08/14 14:58

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うさこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

西加奈子さんの作品5作目ですが、まったく自分には合いませんでした。描写がくどく、早く読み終えたい一心で最後まで読んだような気がします。なぜか脳内で夏目が西さんご本人に変換されてしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/08/21 13:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/04 14:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/29 12:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/07 09:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/07 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/31 20:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/11 22:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/12 23:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。