サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1022-25)

修正:続刊予約キャンペーン(1012-31)

電子書籍

バッド・フェミニスト みんなのレビュー

  • ロクサーヌ・ゲイ, 野中モモ
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本バッド・フェミニスト

2017/12/27 22:33

一人一人の尊厳を守るということ。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

はじめにで、女性を傷つける傲慢さを指摘し、フェミニズムに
ついて話を展開しています。ただし聖人君主を目指す
つもりはなく、たとえフェミニストたちの期待を裏切ろうとも、
バッド・フェミニストでいいから自分の意見を述べるとのことです。
それがタイトルの趣旨です。

とても正しいと思います。
もしフェミニズムが、ある価値観だけを正しいと決めつけ、
○×で考えを振り分けてしまうのであれば、
ほかのあらゆる硬直的な主義主張と同じ末路をたどるでしょう。
物事を柔軟で多面的にとらえる必要性を感じます。

著者の言葉を借りると、全員が同じフェミニズムを信じる
必要はなく、多元的なものとして存在できるということ。
力を合わせると大きな成果をもたらすが、個人の行動から
成果が生まれることもあるということ。

つまり一人一人きちんと向き合っていこうという主張であり、
それはフェミニズムだけに留まらず、人種問題や多様性の
限界にもつながっていく考え方です。

一つの章ごとに主張が細かく展開されますので、
さらさらとは読めません。しかしそれぞれの重みがあるから
自分の考えを深めることになるのです。
結局は一人一人をきちんと扱っていくという考えに
収まるように思いました。

フェミニズムを女性解放運動と思う人は古いです。
といいつつ、わたしもこの本を読むまでは、女性重視の
主張が強い運動という認識でしたが。

第一章の題は「私を感じて。私を聞いて。私をわかって。」です。
この一文にすべて詰まっている気がしてなりません。

女はこうだという画一的な決めつけが過去から続いていて、
改善はされたがまだまだですねというニュアンスを感じました。
それは、有色人種というものはこうだという言い草と同じです。

些末なところでは、有名大学出身者はこうだとか、
会社で偉い肩書の人はこうだとか、全部同じ過ちに見えますね。

人間は弱いから決めつけに頼りたくなるのでしょうし、
それがなんと多く、綿々と続いているのかということなのでしょう。
自ら肩書を持ちだす人の哀れさがにじみます。
ちゃんと考えるとはこういうことなのだと伝わりました。

昨今のブラック企業は、分かって傍若無人をやるので悪質ですが、
ちょっと昔はある意味いまよりもパワハラ全盛で、
気持ち悪い言葉使いをする人が一部にいました。
いまだに耳に残っています。この本を読みながら思い出しました。
相手を敬わない無礼さが言葉の端々からにじみ出るというやつです。
最近の会社内ではあまり見かけなくなりましたが。

そんなことを、レイプの考察の章で連想してしまいました。
わたしたちは、気軽にレイプという言葉を使いすぎると。
わたしの見た中でも、そんな表現をする人が本当にいたんですよね。

そんな重量級の話もあるので、受け付けにくい人もいると思います。
それでもなお、一読の価値は十二分にあると思うのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示