サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:10%OFFクーポン

【OP】集英社コミックセット 30%OFFクーポン(~4/23)

電子書籍

壁の中の嘘と秘密【イラスト入り】 みんなのレビュー

  • 高遠琉加, 小椋ムク
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

壁の中の噓と秘密

紙の本壁の中の噓と秘密

2017/09/03 09:25

切ない。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かすみ草 - この投稿者のレビュー一覧を見る

昴の事情が、実は香司とそんな関わりがあったとは!

それを知らずに、どんどん昴への気持ちが深まる香司が切なかったです。どうなるのかとハラハラでしたが、ハッピーエンドで良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

壁の中の噓と秘密

紙の本壁の中の噓と秘密

2013/10/14 22:05

星は、すばる。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はにーとーすと - この投稿者のレビュー一覧を見る

学年一のモテ男で政治家の息子、香司(攻め)と学年一の優等生、昴(受け)のお話です。
山奥にある全寮制の名門男子校。
高校二年の夏休みの嘘と秘密の物語・・・、一言で表現するならそんなお話。
夏休みの寮でのお話がメインなので、学生らしい日常風景は一切ありません。
政治家の息子でチャラ男くん、香司視点でのお話なので本当のところは結構深刻なお話なのに
とっても軽く、さらさらーっと流れていくようにお話は進んでいきます。
お金持ちでおぼっちゃまな香司が今まで接点のなかった優等生の昴と、ある秘密を共有することに。
そこから二人の仲はどんどん近くなっていく・・・のですが、昴にはラスト近くまで明かされない
お話の要になる秘密があるのです。
このお話、昴視点だったらもっと切なくて、痛くて、とてももどかしい展開になっていたはずなのになぁ
と、ちょっともったいない気がしてしまいました。
初めての恋愛に浮かれて、でも相手の気持ちが分からないもどかしさにとまどう香司は
初恋特有のどぎまぎ感が溢れていてとても初々しく感じられました。
でも昴には香司には言えない秘密を一人で抱え込んでいて、その理由が分かった後では
香司がとてもおバカさんなおこちゃますぎてかなり残念な感じになってしまいます。
寮という外からも内からも守られている場所から出る、すなわち「大学合格」というところで
このお話は終わっています。
しかし、大学生っていうのも結局のところまだまだ親の庇護下にあるわけでラストは消化不良気味。
スピンオフが出るらしいのですが、私としてはこの二人のその後が読んでみたいなぁと思ってしまいました。
屋根裏部屋、天体観測、流れ星、夏休み・・・素材はすごく好みでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

壁の中の嘘と秘密【イラスト入り】

切ない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

せつないお話で、驚く展開になっていくんですが最終的にはハッピーエンドでおさまってくれているので、よかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

壁の中の噓と秘密

紙の本壁の中の噓と秘密

2016/07/31 21:27

遊び人のモテ男×学年一の優等生

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

全寮制男子高校を舞台に、遊び人のモテ男と学年一の優等生が人知れず恋に落ちる…だけの話ではないところが良かったです。
受けの事情と思惑が明かされてから物語を振り返ると、いろんなことがたまらなく切ない。
必死に足掻いても逆に見ないフリをしていてもまだ親の庇護下にある子供なんだと痛感させられる、そのもどかしさもまた切なかった。
だからこそ大人への一歩を踏み出す前向きなラストが印象的でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示