サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

コミックセット30%OFFクーポン 帯バナー&メール用看板作成(~9/24)

電子書籍

日経新聞の「本当の読み方」がわかる本 みんなのレビュー

  • 小宮一慶 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

日経新聞の「本当の読み方」がわかる本 ニュースを関連づければ知識に変わる

新聞は未来の予測と分析のために読む

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

『日経新聞の数字がわかる本』の姉妹本。
経営コンサルタントの小宮さんが
日経新聞の読み方を解説した本です。

日経新聞を毎日、ただ記事を読むだけではなく
ほかの記事との関連づけをすると
より世の中の動きがわかるというもの。

でも、それには経済、会計、政治など
いろいろな分野の知識が必要です。
これはすぐに真似できません。
それらを勉強しつつ、
まずは日経新聞だけで完結する「数字」について学びたい。

例えば、数字の基準を覚えます。
アメリカの新車販売台数は1500万台くらいが妥当。
新聞の記事だけでは、新車販売が1000万台を
割り込んだ後、1000万台を回復すれば
「大台を回復」と書かれてしまいます。
でも、それは経済が好調になってきているわけではありません。

住宅着工件数は180万戸で絶好調。
100万戸を割り込み、それが100万戸を回復したら
やはり同じような記事が出て、
経済が回復しているような氣になってしまいます。
でも、本当は違います。

そのために、月曜日の「経済指標」をとっておき
ほかの曜日に記事が出てきた時
その数字を検証してみます。
すると、本当にその記事が正しいかどうか、
あるいは経済がどのような状況なのかがわかります。

さらに参考になったのは、小宮さんの日経新聞のなかの
コラムで読んでいるものをピックアップした「日経新聞の1週間」。
やはり日経新聞はコラムが充実しています。
比較的、土・日曜日はコラムをあまり重視していなかったのですが
小宮さんはしっかり読んでいるんですね。

自分なりの仮説を立てるためにも
土日の日経新聞は役に立つことがわかりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示