サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~5/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. フローリスト編集部の電子書籍一覧

“フローリスト編集部”の電子書籍一覧

“フローリスト編集部”に関連する電子書籍を121件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

フローリスト2022年4月号

  • 税込価格:1,100
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2022/03/09
  • ◇第1特集:好みの色やトーンで魅せる 春色!の花合わせ

    チューリップやラナンキュラス、スイートピーなど、春は色鮮やかな花があふれる季節。
    ひとつの色にも濃淡などさまざまな色味があるから、好きな色がわかる人にはワンカラーの花束を贈り、色彩の豊かさを楽しんでもらいたい。
    豊富な色合わせを堪能するなら、ビビッド、パステル、シックといった好みにトーンを意識して。<...

フローリスト2022年6月号 新着

  • 税込価格:1,100
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2022/05/07
  • ◇第1特集:彩り豊かに表現できるから 染めの花が好き!

    染色液を吸わせたり、吹きつけることで、花弁や葉の色が変化する「染めの花」。
    苦手な人もいるけれど、自分好みの色を求めて花を染める花店や生産地が増えています。
    見慣れない色が入るだけで新鮮な驚きをもたらしてくれるから、使い方次第で表現の幅がぐっと広がります。
    染めの花を好んで使っている花店に、...

花束・ブーケの発想と作り方

  • 評価4.0レビュー:2件
  • 税込価格:2,200
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2018/10/26
  • デザイン性や用途、素材に応じた花束・ブーケの発想法と、用途に応じた基本の花束の作り方、製作時に必要なテクニックが掲載。 100以上の花束の作例を掲載し、一部には制作者の発想意図がわかりやすいデザイン画を合わせて紹介することで、 よりわかりやすいテクニックブックとなっている。 素材も生花、プリザーブドフラワー、ドライフラワー、アーティフィシャルフラワーと幅広く展開。 フラワーデザインを学ぶ人には参...

電子書籍

フローリスト2016年9月号

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

フローリスト2016年9月号

  • 税込価格:815
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2016/08/09
  • ◇特集:進化する様式 ウェディングフラワー

    年々、できることの幅がどんどん広がっているウェディング業界。
    決まりきった形式に縛られずゼロからデザインを組み立てる、持ち込み料を取らないなどさまざまな工夫をしている。
    披露宴もホテルやレストランのみならず、BBQパーク、美術館など「こんなところでも!?」と驚くような場所が会場となることも。
    今回は、1...

フローリスト2022年2月号

  • 税込価格:1,100
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2022/01/08
  • ◇第1特集:大切な人に贈りたい 思いを伝える花束

    花店にはいち早く春の花が並びはじめ、暖かい日差しが待ち遠しいこの季節。
    1月31日の「愛妻の日」やバレンタイン、卒業式や入学式といった行事が続き、花束を贈る機会も多いはず。
    せっかくだから、色とりどりの花を束ねて、愛情、感謝、労い、お祝いなど、さまざまな気持ちを託したい。
    本特集では、贈る相手を具...

フローリスト2020年3月号

  • 税込価格:815
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2020/02/07
  • ◇特集:1点モノの作品を鑑賞するか、身に着けるか アクセサリーを楽しむ

    同じ品種であっても色の入り方、形が異なる花。
    毎回、同じ花材を使ってアクセサリーを作っても完成品はちょっとずつ違いのある一点モノ。
    今回は見て楽しむアーティスティックなアクセサリーと身に着けると気分がアガるアクセサリーを紹介。
    花の使い方は作家によって千差万別。
    自...

ブーケ・アレンジメント・スワッグデザイン図鑑300

  • 評価4.0レビュー:2件
  • 税込価格:2,420
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2019/05/23
  • 流行スタイル完全網羅! プロが作った制作実例300選

    フラワーアレンジのトレンドを追う雑誌、月刊「フローリスト」が完全監修。
    グレートーンなナチュラルシックスタイルから、マルチカラーのカラフルスタイルまで、最新のブーケ(花束)、アレンジメント、スワッグのデザインを紹介。

    ギフトやブライダル、自宅用の花選びをしたい人から、最新の傾向が知...

フローリスト2021年12月号

  • 税込価格:1,100
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2021/11/08
  • ◇特集:クリスマスリース大集合

    毎年、冬の気配とともに街角のディスプレーや家々の玄関に飾られるリース。
    木々や葉を輪につなぎ、配色や花材のバランスを捉えながら、一つひとつの作品を粛々と形作っていく作業そのものが、店主の祈りのようにも思えます。
    個性あふれるクリスマスリースと、それぞれの花店が制作に込めた思いを紹介します。

    ■とっておき...

フローリスト2021年10月号

  • 税込価格:1,100
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2021/09/08
  • ◇特集:花贈りの喜びが増す 花店のパッケージ&ラッピング

    贈り物のパッケージやラッピングペーパーが気に入ってとっておくことがあります。
    お菓子ではよくあるけれど、お花では少ないように思います。
    とはいえ、最近ではオリジナルの資材やバッグを作る花店が増えています。
    店主の思いが込められた資材を目的にオーダーするお客様も多いと聞きます。
    ...

フローリスト2021年8月号

  • 税込価格:1,100
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2021/07/08
  • ◇特集:自然を身近に感じられる 観葉植物と暮らす提案

    外出自粛やテレワークの普及により、家で過ごす時間が増えるにつれ、部屋に飾る観葉植物の需要も高まっています。
    一方で生花とは異なり、扱い方が難しい、売り方がわからないというお店もあるのではないでしょうか?
    8月号では観葉植物を上手に販売するお店を取材し、おすすめの観葉植物をはじめ、花店や生活にインドアグ...

フローリスト2021年6月号

  • 税込価格:1,100
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2021/05/08
  • ◇特集:あの人に作ってほしい花束&アレンジメント

    隔月刊化に伴い、内容もデザインも生まれ変わったリニューアル第1号。
    普段使いなら近所のお花屋さんで買いたいけれど、特別なギフトなら気になっていたあの店、あの人にお願いしたい。
    今回はさまざまなメディアが注目する、人気の花店やフラワーアーティストにそれぞれの持ち味や好みを活かした作品を作っていただきました。...

フローリスト2021年5月号

  • 税込価格:815
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2021/04/08
  • ◇特集:東 信、花樹研究所/JARDINS des FLEURS:覚悟

    フルオーダーメイドの花店「ジャルダン・デ・フルール」を営み、フラワーアーティストとしても活躍する東信。
    本特集では国内外で発表してきた作品から「生と死」「摩擦」「祈り」「希望」というキーワードをもとに抜粋し、美しい写真と解説で紹介しています。
    「ジャルダン・デ・フルール」の1日も追い...

フローリスト2021年4月号

  • 税込価格:815
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2021/03/08
  • ◇特集:いいところを互いに引き立て合う 花と器の相性

    花束にもアレンジメントにも必要な器。
    花を家で楽しむ機会が増えている今、とくに一輪挿しや花瓶の人気が高まっています。
    花を飾ることに慣れていない人でも扱いやすく、場所も選ばないシンプルな花器を揃えている花屋さんが多いけれど、ちょっと遊んだ花器も扱ってみたくなりませんか?
    そこで、さまざまな花...

フローリスト2021年3月号

  • 税込価格:815
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2021/02/08
  • ◇特集:大切なあの人が喜ぶ花を贈りたい 元気を届けるアレンジメント

    年末年始や人生の節目に会いたい人に、会いに行くのが難しいこのご時世。
    春の花をいっぱいに集めたアレンジメントを贈って、相手を思う気持ちを伝えませんか?
    せっかくならとびきり喜んでほしいから、好みのテイストや色に合わせた花を届けたい。
    そんな要望を想定して、いろいろなお花屋さんに...

フローリスト2021年2月号

  • 税込価格:815
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2021/01/08
  • ◇特集:思いが伝わってあたたかな気持ちになる 花束が連れてくる春

    花の色や種類の幅がぐんと広がる春は、歓送迎会などなにかと花束のオーダーが増えてくる季節です。
    球根花を使ってみよう、最新品種を取り入れてトレンドを押さえよう、などやってみたいことが次々と湧いてくるのと同時に、「あの人気のお店はどんな花束を作るのかな?」と気になってきます。
    今回は春の花束が...

フローリスト2021年1月号

  • 税込価格:815
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2020/12/11
  • ◇特集:はじめましてだったり、あれ? 知ってるゾな顔だったり 最近気になるNEW! 花屋さん

    どこにでも気軽に足を運べた2019年、コロナでなかなか外出ができなくなった2020年。
    この間にオープン&リニューアルした花屋さんが実は結構あったり。
    今も遠くの花屋さんへ足を運ぶのはちょっとためらってしまうから、誌面でこの1、2年でオープンまたはリニューアルした...

フローリスト2020年12月号

  • 税込価格:815
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2020/11/09
  • ◇特集:今年こそバッチリ飾って盛り上げよう! クリスマスを楽しむ! リース40

    気合いの入ったクリスマスの装飾にワクワクするシーズン。
    でも、そんな装飾の仕事がどうなるのか見えないのが今の状況です。
    今年は家でイベントを楽しむことが多くなりそうだから、室内の雰囲気が変わるクリスマスのアイテムをお客様には取り入れてほしい。
    今回も40点のさまざま...

フローリスト2020年11月号

  • 税込価格:815
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2020/10/08
  • ◇特集:花屋さんのためのショップデザイン・アイデア

    花屋さんが開業、移転、リニューアルするにあたり、一番ワクワクするのが予算に頭を痛めつつ自分好みの内装、インテリアなどショップデザインを考えるとき。
    今回は人気花店の細部に目を向けて、オーナーがこだわった部分を紹介します。
    理想のショップデザインを形にするのに欠かせないのは、デザイナー。
    花屋さん...

フローリスト2020年10月号

  • 税込価格:815
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2020/09/08
  • ◇特集:部屋にひとつあるだけで、お気に入りの場所になる
    暮らしにもっとドライフラワー

    おしゃれなインテリアアイテムとして、すっかり定着しているドライフラワー。
    専門店もドライフラワーを扱う生花店も増えました。
    特に今年は家で過ごす時間が増えた人のために、部屋に飾ることを想定して撮影。
    さらにドライフラワーに手を加え、ハーバリウムやキャン...

フローリスト2020年9月号

  • 税込価格:815
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2020/08/07
  • ◇特集:どんなオーナーも悩んできたから今がある
    3、7、10年以上、お店を続けられる力

    店を構えたけれど、思ったよりも客足が伸びないと感じている人。
    一人だと余裕がないけれど、スタッフを増やすことに躊躇している人。
    開業の年月に関係なく悩みは尽きないもの。
    あの憧れの店はどうやって人気店になっていったのだろう?と気になりませんか。

フローリスト2020年8月号

  • 税込価格:815
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2020/07/08
  • ◇特集:夏だからグリーン使いを見直して、暮らしに爽やかな彩りを
    葉物を極める!

    花束やアレンジメントに欠かせない葉物。
    とくに暑い季節には、グリーンが視覚的に清涼感を与えるため、使用頻度が高まるのでは?
    いつも何気なく使っている、同じ葉ばかり選んでしまう、という人に向けて、基本に立ち返り、葉物の使い方を見直します。
    まずは葉がもたらす...

フローリスト2020年7月号

  • 税込価格:815
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2020/06/08
  • ◇特集:おうち時間に花を飾って、退屈してきた気持ちをリフレッシュ STAY HOME

    家にいる時間が長くなると、植物が恋しくなってくる。
    そんな人には家で飾りやすく、季節感を感じられる花束やアレンジメントを届けたい。
    今回は、21件の花屋さんがみずみずしい初夏の花を使った花束、アレンジメントを制作。
    誌面で一足先に夏をお届けします。
    4...

フローリスト2020年6月号

  • 税込価格:815
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2020/05/08
  • ◇特集:めまぐるしい毎日に花の魅力で気力をUP!  私をワクワクさせる花屋さん

    初夏に向けて気分が高揚していくこの季節。
    気軽に出かけることもままならないから、誌上で花屋探訪を楽しめるよう、それぞれの地域に根差し、地元の人たちに愛されている花屋さんを取材しました。
    店へのこだわりや作風はさまざまですが、登場する誰もが信じているのは、人の心を和ませ、前向きに...

フローリスト2020年5月号

  • 税込価格:815
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2020/04/08
  • ◇特集:花の色合いを揃えてオーダーにバッチリ応える トーンで作る花のかわいい・かっこいいスタイル

    同じ花材を使っていても合わせる花のトーン(色の調子)を上げればかわいらしく、下げればモダンにと、雰囲気はガラッと変化する。
    今回は、ペール(白をたくさん含んだ色)、ビビッド(混じり気のない鮮やかな色)、ダーク(黒をたくさん含んだ色)の3つのトーンを使った作品を50点紹介...

フローリスト2020年4月号

  • 税込価格:815
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2020/03/06
  • ◇特集:定番に一工夫、どんどん出てくるアイデア 作りたい! 贈りたい! 春の花ギフト

    花を贈る機会の多い春。
    「意外な色の組み合わせをしてみたい」「いつもと違うスタイルのギフトがないかな……」と考えている花屋さん必見!
    人気の花屋さんに春の花を使ったギフトを提案してもらいました。
    また、最近オーダーが多いのは「長い間楽しめる」もの。
    き...

フローリスト2020年2月号

  • 税込価格:815
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2020/01/08
  • ◇特集:忘れられない場面に彩りを添える 春の訪れを告げる花束

    チューリップ、ラナンキュラス、ミモザ……。
    この時季にしか楽しめない愛らしい形や鮮やかな色に心が踊る。
    そんなかわいい花をたくさん使えるくらい春はイベントごとの多い季節。
    新しい場所で頑張る人を見送るときに、緊張の瞬間に応援の気持ちを伝えるために、さまざまなシーンで花束は欠かせない。<...

フローリスト2020年1月号

  • 税込価格:815
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2019/12/07
  • ◇特集:いつもと違う資材、これまでと違う活動にチャレンジ! 注目のアイテムを使ってみる

    いつも花束に使っているペーパー、レッスンで使っている定番の器。
    使い勝手はいいし、価格も抑えられているけれど、ワンパターンでそろそろ変化がほしくなっていませんか?
    今回は新しい資材を花屋さんに使ってもらいその使い心地を聞いてみました。
    新しい資材は取り入れてみ...

フローリスト2019年12月号

  • 税込価格:815
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2019/11/08
  • ※デジタル版には、別冊付録「メモカレンダー」は付いておりません。

    ◇特集:イベントシーズンに気分がアガる! 41点
    「飾りたい」クリスマスリース集めました

    12月の風物詩といえば、家々の玄関を彩るロマンチックなクリスマスリース。
    今回は、フローリストやフラワーデザイナーが考えるいちおしのリースアイデア41点分を紹介します。
    ...

フローリスト2019年11月号

  • 税込価格:815
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2019/10/08
  • ◇特集:新しい・映える組み合わせを発見 ハートをつかむ! 秋色使い

    花材が豊かに揃い、花一つ見るだけで「この花をどういう商品に生かそうか」と、アイデアがいろいろ浮かんでくる秋。
    クリエーターの心をくすぐる季節にせっかくなら、この時期にしか楽しめない、表現できない秋らしい色合いを研究してみては?
    今回は、秋色や秋にまつわるテーマを花店に渡して制作をお願いした...

フローリスト2019年10月号

  • 税込価格:815
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 販売開始日:2019/09/06
  • ◇特集:甘いだけじゃない。クールやポップな顔もある ドライフラワーの人気、拡大中!

    80年代はカントリー調がおもだったドライフラワー。
    今では、乾燥方法も広まり、花材の色、種類も増えたことで、スタイルも大きく変化。
    ナチュラル、クール、ガーリーなど、贈る人にばっちりハマるテイストが見つけられるようになりました。
    ドライを取り扱う店も増加!
検索結果 121 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。