サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 新しい日常を探して ポイント5倍キャンペーン  ~3/24

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. 文芸春秋の通販
  6. 文春文庫の通販
  7. 粗にして野だが卑ではない 石田礼助の生涯の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 90件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:1992/06/10
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-713918-9
文庫

紙の本

粗にして野だが卑ではない 石田礼助の生涯 (文春文庫)

著者 城山 三郎 (著)

三井物産に三十五年間在職、華々しい業績をあげた後、七十八歳で財界人から初めて国鉄総裁になった“ヤング・ソルジャー”の堂々たる人生を描く大ベストセラー長篇。(佐高信)【商品...

もっと見る

粗にして野だが卑ではない 石田礼助の生涯 (文春文庫)

税込 660 6pt
ポイント40倍

「粗にして野だが卑ではない」 石田禮助の生涯

03/18まで4pt

税込 519 188pt

「粗にして野だが卑ではない」 石田禮助の生涯

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 4.0MB
Android EPUB 4.0MB
Win EPUB 4.0MB
Mac EPUB 4.0MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

三井物産に三十五年間在職、華々しい業績をあげた後、七十八歳で財界人から初めて国鉄総裁になった“ヤング・ソルジャー”の堂々たる人生を描く大ベストセラー長篇。(佐高信)【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー90件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

天性の相場師・石田礼助

2008/09/22 11:07

11人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

石田が「個人的蓄財には全く関心がなかった」がごとき、まるで石田という人物を理解していない書評が載っていたので、こうした誤解が蔓延するのを防止するため、あえて書評を投稿する。

石田礼助は東京商科大学(現一橋大学)を卒業し、三井物産に入社した、今でいう超エリートだった。総合商社の雄といえば今では三菱商事だが、戦前は違った。三菱商事なぞ、戦前の三井物産のライバルでもなんでもなかったくらい三井物産は他を圧するがごとき大商社だった(ちなみに商社などという汚らわしい会社は持たないことを家訓としていた住友財閥は、貿易はすべて三井物産に委託していたのである、戦前は)。だから三井物産に入社することは当時も超エリート大学だった東京商科大学といえどもそう簡単には就職できなかったのである。当時の三井物産のプレゼンスはそんじょそこらの会社とは違ったという。「ミツイ、インザマーケット」という噂が広まったとたん、世界の大豆相場が乱高下を始めたというくらい、三井物産の市場支配力は高かったのである。

超エリート大学から超名門企業三井物産に就職した石田だったが、石田は物産の中でも異質な存在だった。常に「動くものが好き」と公言し、小豆でも大豆でも小麦でも鉄でも相場なら何でもやった。そして破竹の快進撃を続けた。石田がその名を歴史に残したのは、三井物産のシアトル支店長として第一次大戦のアメリカに赴任した時である。ドイツによる無制限潜水艦戦争宣言を知るや否や、世界中で無差別に輸送船が撃沈され船腹の相場が跳ね上がると予見した石田は、当時零細な一支店にすぎなかったアメリカの片田舎のシアトルから世界に号令を発する。「世界中の船という船を借り上げろ」「世界中の造船会社に船の製造注文をだせ」

この石田の相場は大当たりする。なにしろ三井物産全体の利益の多くを石田のシアトル支店が上げ続けたのだから。しかも撤退も見事だった。戦争の終了をいち早く予見し、船で相場を張るのを早めに手じまいしたのだから。

しかし、「エイブルマンはいないか」を合言葉に「俺が相手にする奴は仕事のできるやつだけだ」と社内で放言する石田を物産は冷遇する。石田は結局三井物産の社長にはなれないのである。そして石田は引退し、国府津に広大な山林を購入し「悠々自適」の隠居生活に入る。

物産を退職したあと、当時はまだ優良企業だった日本国有鉄道の総裁に「民間から」就任した石田礼助なる人物を発掘したことは、城山の功績である。
城山三郎の悪いところは小説の主人公を西郷南州ばりの「地位もいらずお金もいらず」みたいな人物像に「粉飾」することである。広田弘毅みたいな反米反白人のアジア主義者で軍部の中国侵略に大アマで日本を国際社会における孤立へと導いた「無責任政治家」を「清廉で潔白。従容と東京裁判の不当判決を受け入れて死を選んだ大政治家」みたいに描いてしまう。

確かに石田は引退したが、彼の相場好き、ギャンブル好きからは生涯卒業できなかった。隠居しながらも彼は証券会社に電話し続け株で儲け続けるのである。経団連で財界の集まりがあってある会社の社長から今度の有望な新規事業についての内訳話を聞いたりすると「今の話ホントか」と叫んでは席を立ち、公衆電話から証券会社に電話してその会社の株を大量に買ったりしていたという(今ならインサイダー取引でしょ、これ)。それに当時の三井物産の管理職の退職金は我々の想像を絶するもので、退職金で家が20軒買えて、それを貸家にして家賃で暮らしたという話もあるくらいだ。まして物産の副社長まで上り詰めた石田は、ありあまる金を身にまとって老後を送っていたことは想像に難くないのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ベストセラー小説。文庫化されていたので

2008/09/21 09:48

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:龍. - この投稿者のレビュー一覧を見る

ベストセラー小説。文庫化されていたので、読んでみました。

第5代国鉄総裁石田禮助の物語。

ビジネスマンとしても人生を考えても晩年と言える78才総裁職に就任し、国鉄の経営に心血をそそいだ人物伝。

正直言って、石田という人物を、この小説を読むまでは知りませんでした。ビジネスマンとして決して有名というわけでもないようです。しかし、小説を読んでみると「昔の日本のビジネスマンは骨太の人が多かった」という印象が残ります。

「勲章を断るのは・・・マンキーが勲章を下げた姿、見らせやせんよ」

つまり、粗にして野なのだそう。しかし、卑ではないということ。卑というと、卑屈なという意味。人間としての生き方がこの言葉に凝縮されているような気がします。

個人的な蓄財は、当たり前のように無関心。さらに名誉欲もなく、ただひたすらに仕事をする。人のため国のため。

私を含め現代のビジネスマンにこのような意識をもっている人がどのくらいいるか?とても疑問です。「昔はよかった」というフレーズは使いたくないけれど、今のビジネスマンの成功は、お金に裏打ちされたものが多いのが事実。

かっこ見た目は悪いけど、中身は堂々としていたい

http://blog.livedoor.jp/c12484000/

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心を鉄筋にするということ

2007/04/21 20:20

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くにたち蟄居日記 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 出張の機内で読み始めた。大変読みやすい本で あっという間に読み終えた。


 読んでいて 最近人気の白川次郎を思い出した。白川ほどのエリート生まれではない分 石田の方が泥臭い。但し その泥くささは 実は「泥をかぶってきた」という面が見えて大変面白かった。白川の方が やはりお坊ちゃんであったのだと思う。


 本当の石田が かように格好良い人であったかどうかは 僕にして知りようが無い。但し 読んでいて 石田が 本書に書かれていた通りの人であることを強く祈ったものである。それほど 明治生まれの気骨を強く感じた次第だ。


 最近 「骨太」「鉄骨」等 骨という感じを使うものが増えた。それだけ僕らに骨がなくなってきたのだと思う。体の骨は時として脆くなるが 心の「骨」は 骨粗症になるべきではない。そんな城山のメッセージを強く感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

生き様

2016/11/24 12:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東行 - この投稿者のレビュー一覧を見る

すべての政治家に読んでほしい本です。 弊員は会社員ですが、当方にとっても大いに参考になる本です。 社会人全般にお勧めできる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

姿勢を正す1冊

2013/06/26 22:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:igie - この投稿者のレビュー一覧を見る

三井物産の代表取締役、国鉄第5代の総裁、早々たる肩書きを持つ石田さんの1本筋の通った生涯を綴った人物伝。社会人としての生活を送っていると希薄になりがちな「志(こころざし)」を思い出させてくれる貴重な1冊であり、自然と姿勢が正される。同じ時代に生まれていたら、一も二もなく一緒に仕事がしたい魅力にあふれた人物です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そんな人もいる

2019/07/04 13:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:井沢ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦前の三井物産の社長、戦後の国鉄総裁だった石田禮助の半生記。著者と同じ一橋大学の前身を卒業。そのせいもあるのかOBの活躍に注目したのかもしれない。戦前戦後と激動の時代に活躍した人で、特に国鉄総裁の時に国鉄の内部改革に着手し活躍したという内容。一時、GHQから公職追放を受けたものの、乞われて国鉄総裁になり無給で改革を断行したということが周りから評価された。さらに質素倹約、質実剛健をポリシーとして自ら実践した有徳の人として描かれている。また、政府からの叙位叙勲を断った稀有の人ということで、出世すると部下に手を回せてさらに上の叙位叙勲を獲得するという世の中にあっては珍しいと言わざるを得ない。一生懸命に働いて出世したが、それに満足せず、引退後は世のために尽くす社会貢献をして人生を全うした。人はパンのみを得るにあらず、という生き方ではあるが、パンを得るのにも一苦労している晩年を生きる身にとって、敬意は表するが、足元にも及ばない。微小ではあるが手本としたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/11/04 21:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/29 18:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/11 03:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/25 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/21 12:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/14 22:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

1999/11/01 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/26 15:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/24 13:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。