サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. パラレルワールド・ラブストーリー

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

パラレルワールド・ラブストーリー(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 818件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.3
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/449p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-263725-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)

著者 東野 圭吾 (著)

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)

810(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー818件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

?

2013/07/03 21:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆみぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんだろう、また 読み返したくなる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ストーリーに無理があったのでは?

2014/08/15 11:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BACO - この投稿者のレビュー一覧を見る

記憶操作?を題材にした作品だったが、何も惹きつけられるところがなく、恋愛小説にもミステリー小説にもなりきれず中途半端に終わってしまった感じがした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不思議な話でした。

2015/09/06 12:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

不思議な話でしたが、どこか説得力がありました。また、理系?の話なのに、ファンタジーのようだとも感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すれ違う想いと時間

2001/01/16 04:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:品川夏見 - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルにもあるとおり、
この作品はラブストーリーだ。

ある区間だけ併走する二本の電車。
その片方で通学する主人公は、
向かいの電車に見える女性に恋をする。
そんな冒頭の小さなラブストーリーから話は始まる。

だが、ここから先は小さなすれ違いではおさまらない。
現実の主人公の記憶と、真実の過去にはズレがあるのだ。

とにかく全編通して
「どうなるの?」「どうしてなの?」の連続。
すっ飛ばしてラストを読んでしまいたくなる衝動を抑えて読むのが大変だった。
主人公と恋人の女性のラブストーリーの結末は?
埋まっていく真実の記憶とは?
結末は?
もう疑問符がてんこ盛り。
是非一読を。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

記憶

2001/05/28 01:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 現実の世界と記憶の世界が交錯し、自分の記憶に疑問を持つ主人公。親友の女性に好意を抱いて悩んだりするところはタイトル通り「ラブストーリー」かも。結末もこの作者らしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

息つく暇もない展開

2002/05/14 19:46

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:某亜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 二つの物語が並行して進む。
テクニックというより、作品の良さを発揮させるためにはこうせざるを得なかったのであろう。
二つの世界が徐々につながっていく様子は、読者に本を閉じることを許さない。
悲劇的な恋愛とも相まって、東野作品の中でも上位に位置する傑作である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

パラレルワールド・ラブストーリー

2002/06/05 23:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tallarico - この投稿者のレビュー一覧を見る

本のタイトルの通り、パラレル=平行に二つのストーリーが書かれている。
敦賀崇史と三輪智彦は幼馴染。電車に乗っていて見かける津野麻由子に恋心を持つ。しかし、ある時親友の三輪智彦が彼女だと紹介した女性は津野麻由子だった。二人を祝福しながらも、智彦から麻由子を奪ってしまいたい気持ちで二人と接する崇史。
その一方、平行して別の崇史は麻由子と同棲して、すでに恋人同士である。
二つのラブストーリーはしだいに結末に近づくにつれてつながっていき、この不思議な世界の意味が見えてくる。結末はなんとなく悲しいような、ほっとしたようななんともいえない気持ちになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不思議な感覚

2002/11/22 22:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DAI - この投稿者のレビュー一覧を見る

始めはタイトル通りパラレル(平行)な世界で描かれるラブストーリーなのかなと思って読み進めたが
次第に描かれていく記憶をたどる主人公の不思議な感覚に
自分が今記憶している事
自分が今当たり前だと思っている事などが
どれだけ確かなのか疑い
また不安になりながら一気に読みきってしまった。
読みきったのちタイトルを眺めると作品の深さが分かると思う。
ただし読む前に人間の記憶のシステムを簡単に調べておくとさらに楽しく読めると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何が真実か?

2002/12/29 01:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ALMOND - この投稿者のレビュー一覧を見る

人の記憶はあいまいだ。が、確固たるものでもある。
忘れたいことは忘れられず、覚えていたいことが記憶から抜け落ちてしまったりする。
だが、もし今、自分が真実だと思い込んでいる「記憶」そのものが嘘だったら? そして、そのことに気付いてしまったら?

真実を知ることは恐ろしい。
それは、自分自身に対面することと同じだからだ。
それでも、人は真実を知りたがる。

なぜだろう?
真実を知ったとき、待っているものは大抵大きな衝撃なのに。
知らなければよかった、と思うことがほとんどなのに。

この小説は、これがテーマだ。
「記憶」と「真実」、そして「嘘」。
もしも、の世界が現実だったら……?


あなたは、自分の記憶に自信がもてますか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

別れが有るから出会いがある

2004/07/04 20:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:luke - この投稿者のレビュー一覧を見る

「パラレルワールド・ラブストーリー」東野圭吾。どうなのでしょう、東野圭吾は本格物と言われているものより、こういったミステリアスなエンターティメントの方が素晴らしいような気がしますけど。記憶が改ざんされたのは真実なのか、現実との整合性を確認しながらその謎に迫るミステリーは、題名にあるように実はラブストーリーなんですね。簡単に言えば三角関係なのですが、誰もが被害者でもあり加害者でもあるように上手く設定されています。この均衡があるからこそ成り立つ物語でもあるわけです。

 敦賀崇史は大学院在学中に電車で同じ曜日の同じ時間に必ず会う女性に恋をした。1年間、声も掛けずに来たのだが、卒業で逢えなくなる為に最後の日に逢おうとするがすれ違いで終わるのだ。敦賀崇史は親友三輪智彦と共に世界をリードしている米国バイテック社に入社、研究部門のMACへ配属され、直接神経に働きかけて仮想現実を作る研究をする事になった。入社して1年後、三輪智彦から自分の付き合っている女性を紹介したいと言われ待ち合わせ場所に出かけた。敦賀崇史がそこで逢ったのは学生中に恋いこがれた電車の女性だった。彼女(津野真由子)もMACへ来る事になったと聞かされる。…朝、目覚めた敦賀崇史は朝食を作っている津野真由子を見る。一緒に暮らしているのだ。…何が現実なのか? 記憶を探る敦賀崇史は真実に出会えるのであろうか…。

…と、まあこんな感じで過去の事実と記憶の壊れた現在とが並行し交差を繰り返しながら語られていくのです。真実とは…難しい定義ですね。いろいろな側面から検証すべき命題ですが記憶という面から見ると実に不安定で危ういようです。嘘を言っている内に本当に嘘が真実と思えてきたり、完全に思いこんでしまったりしてしまう例は少なくないようです。嘘は事実ではないですから前後の整合性が取れなくなるはずですが、どうもぼくらの脳にはその前後まで替えて整合性を取れるように自動的に変換しているようです。そんな、脳の分野にテクノロジーを持って記憶のメカニズムを研究している登場人物たちなわけですが、実は一人の女性を巡る二人の男性の愛と友情の苦悩の物語でもあるのです。この三者三すくみの設定があるからこそ苦悩のストーリーはバーチャルからリアリティーへ読者は引き込まれるのです。記憶の真実を求めていく先に待っているのは哀しい現実なのかも知れませんが、そこから救うのも原因となった研究とは皮肉なものです。しかし、どうなのでしょうか? 哀しい過去、辛い過去、を記憶から取り除いて何もなかったように生きていくのは本当に幸せな事でしょうか? 哀しくとも、辛くても、乗り越えて行かなければこそ見えない大切な物が有るはずです。実は友情も恋愛もそこまで行ってこそ成就するのです。人は忘れるという防御装置を持っています。装置が作動するまで頑張らなきゃ。辛い坂を登らせてボクを泣かせ欲しかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

蘇る記憶は偽物?本物?

2005/10/29 22:36

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

このお話はなんだか不思議な感じ。本当に実現したらとても怖い「記憶の改変」がベースになっているんです。過去の記憶が自分の本当の過去と変わってしまっていたら・・・。しかも、その変わる前の記憶&変えたという事実を覚えていないとしたら。想像すると、とっても怖いことだと思います。
主人公は自分の記憶がおかしいことに気がつきます。時々夢で見る不思議な記憶。自分の彼女が、実は親友の彼女だったというもの。そして、その親友の彼女に片思いして、親友に嫉妬している自分がいるというもの。目覚めてから、その夢を否定するたびに沸き起こる不安と罪悪感。それが一体何なのか、気になっているうちにだんだん過去の記憶が蘇ってくるんです。なぜ自分の記憶が2つあるのか不安になります。
今ここにいる自分は本当の自分なのか。
自分の知っている今の生活は、本物なのか。
最後はとても優しい終わり方なので、決して怖い話ではないんですけどね。私は読み終わって、本当に過去の記憶を変えられる技術が開発されてそれが使われるようになったら・・・、とても恐ろしいことだと感じました。だって、誰かにとって不都合な過去を、勝手に消してしまうことができるから。もちろん自分にとってもそうだけど。
確かにそういう過去の記憶を改変する必要がある人もいると思う。何かの事件とかでトラウマになっている記憶を消すというのは有効な使い方なのかも。でも、私は自分の過去で消してしまいたいようなことはないかなぁ。今の自分を作ってきたものだから。過去が変わってしまったら、今の私じゃなくなっちゃう気がする。
私が私じゃなくなる・・・。
それって怖いことですよね?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

身近な罪と罰

2006/01/24 11:21

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おと - この投稿者のレビュー一覧を見る

「記憶の改変」を巡って、二つの物語がタイトルどおり、平行に描かれる。幾つかの東野圭吾の作品の中でも「献身的な愛」と「罪と罰」は大枠のテーマとしてある気がするのだが、この作品は、最もこのテーマを分かりやすい設定で魅せてくれる。つまり、「親友の彼女に恋愛感情を抱く」という、ふとすれば、私たちの身近にも、自分自身にも有り得たり思いあたったりする感情なので、主人公の苦悩にも共感しやすく、「記憶の改変」を取り巻く、化学・物理的な難しい用語が出てきても、割合すんなりと楽しく読める。ただ、分かりやすい分、展開がだいたい予想がついた点は、ミステリとして、少し不満が残る。「容疑者Xの献身」に通じるものがあり、こちらの作品を先に読んだ方が、あっと驚く、ことが出来ただろうな、とは思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

古典的な冬ソナパターンを東野圭吾がやるとこうなる!

2007/05/20 09:42

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yostos - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイムスリップものと間違えて買った東野圭吾の作品。
毎日東海道本線の電車から、決まって品川辺りで並走する京浜東北線に乗っている女性に恋してしまう主人公。出だしはさわやかに始まるが、その後自身の記憶と異なるフラッシュバックが起こり始め、自身の記憶を疑り始める。ストーリーは、過去に実際にあった事象と、現在の異なる記憶持った主人公がギャップを感じる状況が交互に描かれて行く。
記憶喪失と恋愛、特に三角関係というのは冬ソナなどでも扱われて定番だ。
この手のストリートしては古典的な枠組みだが、新しいのはまず主人公の視点で描かれていること。通常は、記憶を失っている恋人を見守る主人公という構図なのだが、この本では主人公が記憶を失っている(改ざんされている)。これはこれでよいのだが、この主人公がジェラシーに燃えるので感情移入し難いのが難点。この手のストーリーのミソは、ある二人に取って印象的なシーンが記憶を取り戻すときに如何に効果的に使われるかだ。その点では確かに並行に走るJRのシーンなど印象的に描かれている。だが、描かれる三角関係がドロドロしていてちょっと台無しだ。
そして、記憶喪失でなく記憶を意図を持って改ざんされるという設定であること。
この設定にリアリティを持たせるために、いろいろと科学的な用語や設定が持ち出されている。そこはまずまず成功しているように思う。が、これが描かれたのが1995年、もう10年以上前だ。中にフロッピーとか、データを記録したMDなんてのが出てきて笑ってしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

怖いロマンチック

2007/08/28 00:54

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ロマンチックで切なくて、怖くて苦しい。
そんな諸々の感情を呼び覚まされる作品でした。
SFだけど現実感もしっかりあります。皮肉もたっぷり。
単純なラブストーリーでないのは相変わらずです。
最後はホッとします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/05 18:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る