サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 鉄道と乗り物の読書生活 ~8/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.9 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.10
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文芸文庫
  • サイズ:16cm/278p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-197634-6
文庫

紙の本

時間 (講談社文芸文庫)

著者 吉田 健一 (著)

時間 (講談社文芸文庫)

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.9

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

『時間』論、こういう一書を探していました!

2019/04/10 22:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:岩波文庫愛好家 - この投稿者のレビュー一覧を見る

時間って本当の意味では一体何だろう、どういう概念なんだろう、という事は中学生から高校・大学頃にかけて興味がありました。時間…時の間って書くけど、じゃあ時間と時の違いって何? こんな疑問をずっと持ち続けていました。でも周りに聞いても今一つピンとこず、食傷気味なままでした。しかし、本書で悲願達成!やっと出逢えました。九鬼周造の時間論を以前読了しましたが、哲学的色合いが強く、これはこれでそれなりに良かったのですが、私が求めていたベクトルではありませんでした。
 本との出逢いの喜びの一つに、こういった感動を得られるのが醍醐味なんだなぁとつくづく思います。
 ちょっと読点が少ないという文体の特徴はありますが、慣れれば大丈夫です。じっくり噛みしめる様に読む事が出来て大変良かったです。あとは人間についてなんです。人間…人の間って書くけど、人と人間の違いって何? 確か、『人間について』と『人間その価値と存在』というタイトルのような本があるのですが、絶版のようで…何とか入手したい所です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

たゆたう文章の心地よさ

2001/09/04 07:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:呑如来 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 だらだら文体の将軍が蓮實重彦だとすれば吉田健一は天皇である。しかもこの本はエッセイではなく「時間論」なのであるから時間が流れるがごとく彼の弁舌が延々と続いてゆくのももっともなことと言える。そして思想は大体において闘争を孕み頭に熱を帯びさせるものであるというのに、いったん吉田健一の文体になじんでしまうと37℃に保たれた波のうねりのような快い感覚にいつまでも溺れていたいとさえ感じさせられてしまうから要注意だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

時間の豊かさ

2017/06/08 14:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:une femme - この投稿者のレビュー一覧を見る

区点が少なく、とりとめのない語りではあるが、なんとなく、その語りそのものが、筆者の述べる「時間」そのもののように思えなくはない。

プルーストなどを参照しながら、小説や詩を、時間の観点から、考察している箇所が、私は、面白かった。過去を語ること(回想を形として記すこと)について、その時間は、どんな意義があるのか、なんとなく理解でき、腑に落ちた。そして、また、物語の時間というのは、現実の時間の流れにある個人が、別の時間を体験するという、不思議で、豊かなことなのだと、改めて思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/05/17 01:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/16 13:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/20 16:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。