サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

11/1~ <honto限定!電子おまけ>3社合同・小田原みづえキャンペーン(~11/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 吉田 健一の紙の本一覧

“吉田 健一”の紙の本一覧

1912〜77年。東京生まれ。ケンブリッジ大学に学び、文芸評論、英仏文学の紹介などに活躍。晩年は小説にもその才能を発揮した。吉田茂の長男。著書に「吉田健一集成」など。

“吉田 健一”に関連する紙の本を365件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

海からの贈物 改版 (新潮文庫)(新潮文庫)

海からの贈物 改版 (新潮文庫)

酒談義 (中公文庫)(中公文庫)

酒談義 (中公文庫)

  • 税込価格:864
  • 出版社:中央公論新社
  • 発売日:2017/04/21
  • 発送可能日:1~3日
  • 少しばかり飲むというの程つまらないことはない−。酒豪で鳴らした文士が、自身の経験をふまえて、飲み方から各種酒の味、思い出の酒場、禁酒の勧めまでをユーモラスに綴る。全著作から精選した究極の酒エッセイを集成。【「TRC MARC」の商品解説】

    酒を飲む上で覚えたことや経験したことを頭に浮ぶままに書いて行ってみようかと思う――。酒豪で鳴らした文士が、飲み方から各種酒の味、思い出の酒...

新編・日本幻想文学集成 2 澁澤龍彦

新編・日本幻想文学集成 2 澁澤龍彦

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:6,264
  • 出版社:国書刊行会
  • 発売日:2016/08/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 明治以降現代までの物故作家の中から、幻想文学の小説家として重要な作家を選出し、その作品を集成。2は、澁澤龍彦、吉田健一、花田清輝、幸田露伴の作品を全46編を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

    ◎小説なのかエッセイなのか? 虚実のあわいを縫う迷宮

    澁澤龍彦[1928-87]富士川義之編
    虚空に飛ぶ能力を持った蹴鞠の名人の物語「空飛ぶ大納言」。魔道に...

汽車旅の酒 (中公文庫)(中公文庫)

汽車旅の酒 (中公文庫)

  • 評価3.6レビュー:8件
  • 税込価格:864
  • 出版社:中央公論新社
  • 発売日:2015/02/23
  • 発送可能日:1~3日
  • 旅行をする時は、気が付いて見たら汽車に乗っていたという風でありたいものである―。旅をこよなく愛する文士が美酒と美食を求めて、金沢へ、新潟、酒田へ、そして各地へ。ユーモアに満ち、ダンディズムが光る著者の汽車旅エッセイを初集成。巻末に観世栄夫の逸文を付す。【「BOOK」データベースの商品解説】

    旅をこよなく愛する文士が美酒と美食を求めて、金沢、新潟、酒田へ…。吉田健一による鉄道旅行とそれ...

酒肴酒 (光文社文庫)(光文社文庫)

酒肴酒 (光文社文庫)

  • 評価4.1レビュー:11件
  • 税込価格:778
  • 出版社:光文社
  • 発行年月:2006.2
  • 発送可能日:1~3日
  • 食べること、飲むことの喜びをゆったりと味わう—。うまい酒、うまい料理。文章そのものに酔い、読むことを味わう。“食”の幸せが溢れる名著。【「BOOK」データベースの商品解説】

    〔「酒肴酒 正・続」(1985年刊)の合本〕【「TRC MARC」の商品解説】

時間 (講談社文芸文庫)(講談社文芸文庫)

時間 (講談社文芸文庫)

父のこと (中公文庫)(中公文庫)

父のこと (中公文庫)

  • 評価5.0レビュー:4件
  • 税込価格:929
  • 出版社:中央公論新社
  • 発売日:2017/09/22
  • 発送可能日:1~3日
  • 戦後日本の礎を築いたワンマン宰相・吉田茂。長男・健一はこの父といかに接し、どのように見てきたのか。日常生活の回想から吉田内閣論まで、著作集未収録を含む父をめぐる全エッセイを収める。父子対談も併録。【「TRC MARC」の商品解説】

    ワンマン宰相はワンマン親爺だったのか。長男である著者の吉田茂に関する全エッセイと父子対談「大磯清談」を併せた待望の一冊。巻末エッセイ・吉田暁子

わが人生処方 (中公文庫)(中公文庫)

わが人生処方 (中公文庫)

  • 評価4.0レビュー:3件
  • 税込価格:929
  • 出版社:中央公論新社
  • 発売日:2017/06/22
  • 発送可能日:1~3日
  • 常識的な叡智が底流する独自の人生論、書物への惜しみない愛情を綴った読書論、著者の中核をなす佳篇「余生の文学」…。大人の風格漂う人生と読書をめぐる極上の随想を集成。吉田暁子と松浦寿輝の対談「夕暮れの美学」を併録。【「TRC MARC」の商品解説】

    常識的な叡智が底流する独自の人生論、書物への惜しみない愛情を綴った読書論、そして著者の中核をなす佳篇「余生の文学」……。大人の風格漂...

舌鼓ところどころ/私の食物誌 (中公文庫)(中公文庫)

舌鼓ところどころ/私の食物誌 (中公文庫)

  • 評価2.7レビュー:5件
  • 税込価格:994
  • 出版社:中央公論新社
  • 発売日:2017/05/23
  • 発送可能日:1~3日
  • 長年にわたり多くの読者を魅了した、吉田健一の二大食味随筆「舌鼓ところどころ」「私の食物誌」を一冊にした決定版。巻末に辻義一のエッセイ、地域別目次を付す。【「TRC MARC」の商品解説】

    グルマン吉田健一の名を広く知らしめた食べ歩きエッセイ「舌鼓ところどころ」、全国各地の旨いものを綴り全一〇〇編を数える「私の食物誌」。長年にわたり多くの読者を魅了した、この二大食味随筆を一冊に...

昔話 (講談社文芸文庫)(講談社文芸文庫)

昔話 (講談社文芸文庫)

  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,620
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2017/02/10
  • 発送可能日:1~3日
  • シェイクスピア、ナポレオン、ワイルド、清少納言、鷗外…。西欧と日本、文明と野蛮、英文学を論じてきた著者が、史実と逸話を織り交ぜ、古今東西を融通無碍に渉猟し、類稀な知性で「世界」を読み解く、最晩年の文明批評。【「TRC MARC」の商品解説】

    シェイクスピア、ワイルド、チャーチル、清少納言、鴎外…。古今東西を自在に渉猟し、類稀な知性で「世界」を読み解く最晩年の傑作。【商品解説】...

世界文学全集 1−07 ハワーズ・エンド

世界文学全集 1−07 ハワーズ・エンド

  • 評価4.1レビュー:13件
  • 税込価格:2,808
  • 出版社:河出書房新社
  • 発売日:2008/05/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 【毎日出版文化賞(第64回)】進歩的な家庭で育った2人の姉妹は、保守的なブルジョワ一家と出会う。やがて2つの家族は意外な形で交流を深めていく−。人と人とが結びつき、お互いに理解しあうことはいかにして可能になるのか。愛と寛容をめぐる名作。【「TRC MARC」の商品解説】

ロンドンの味 吉田健一未収録エッセイ (講談社文芸文庫)(講談社文芸文庫)

ロンドンの味 吉田健一未収録エッセイ (講談社文芸文庫)

  • 税込価格:1,620
  • 出版社:講談社
  • 発行年月:2007.7
  • 発送可能日:1~3日
  • 古今東西の文学に通暁し、言葉による表現の重要性を唱え、独自の豊かな文学世界を構築した天性の文人・吉田健一。その軽妙洒脱な食味随筆、紀行文、イギリス滞在記を始め、最初期のラフォルグ論、ボードレール論、鴎外論、また、後年の文学的開花に密接に繋がる厖大な翻訳の「解説」、さらには、最晩年の中島敦論まで、精緻な調査によって発見された新資料を含む、単行本未収録エッセイ六十八篇。【「BOOK」データベースの商品...

旨いものはうまい (グルメ文庫)(グルメ文庫)

旨いものはうまい (グルメ文庫)

ファニー・ヒル (河出文庫)(河出文庫)

ファニー・ヒル (河出文庫)

  • 評価3.9レビュー:10件
  • 税込価格:702
  • 出版社:河出書房新社
  • 発行年月:1997.8
  • 発送可能日:1~3日
  • 十五歳の少女ファニーはロンドンへ出ると、そうとは知らず娼婦の世界に足を踏み入れる…十八世紀のイギリス社会を背景に様々な性の遍歴を重ねて成熟してゆく美しい娼婦の告白記。性行為のよろこびをこれほど優雅に、力強く、かつやさしく描いた小説はほかにはない、とまで評されている禁断の名著を、吉田健一の流麗な訳文でおくる無削除完訳版。【本の内容】

金沢・酒宴 (講談社文芸文庫)(講談社文芸文庫)

金沢・酒宴 (講談社文芸文庫)

ほろ酔い天国 (ごきげん文藝)

ほろ酔い天国 (ごきげん文藝)

  • 評価3.5レビュー:2件
  • 税込価格:1,728
  • 出版社:河出書房新社
  • 発売日:2018/05/18
  • 発送可能日:24時間
  • 作家たちによるほろ酔いエッセイ41篇を収録。酒の流儀、日本酒のうんちく、酒友との交友など、呑まずに酔えるごきげん文藝第二弾。【「TRC MARC」の商品解説】

    時代を代表する作家たちによるほろ酔いエッセイ41篇を収録したアンソロジー。飲み方の流儀、日本酒のうんちく、酒豪自慢、酒友との交友などなど、呑まずに酔える「ごきげん文藝」第二弾。【本の内容】

精神の政治学 (中公文庫)(中公文庫)

精神の政治学 (中公文庫)

  • 評価5.0レビュー:2件
  • 税込価格:929
  • 出版社:中央公論新社
  • 発売日:2017/12/22
  • 発送可能日:1~3日
  • ヴァレリーの全作品は現代世界のひとつの無比に精緻な叙事詩である−。表題作ほか、訳者が精選した「知性に就て」「地中海の感興」「レオナルドと哲学者達」の全4篇を収める。巻末に吉田健一の単行本未収録エッセイを併録。【「TRC MARC」の商品解説】

    表題作ほか「知性に就て」「地中海の感興」など代表的な文明批評4篇を収める。吉田健一の単行本未収録エッセイを併録。《古典名訳再発見》第3...

絵空ごと/百鬼の会 (講談社文芸文庫Wide)

絵空ごと/百鬼の会 (講談社文芸文庫Wide)

  • 評価1.0レビュー:2件
  • 税込価格:1,404
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2016/03/11
  • 発送可能日:1~3日
  • 芳醇な酒と程よい会話、時の流れは静かに開かれてゆく。虚実皮膜の間に夢かの如くに現れる“至福の体験”の喜びを絶妙な文体で綴る「絵空ごと」、そして「百鬼の会」−。奔放にして優雅、独特の想像力漲る吉田健一の小説2篇。〔講談社文芸文庫 1991年刊のワイド版〕【「TRC MARC」の商品解説】

    一風変った或る男が、同じ酒場の定連客らと語らって、自分ら好みで理想のサロンをもちたいと、遂...

日本文学全集 20 吉田健一

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

日本文学全集 20 吉田健一

  • 評価3.5レビュー:6件
  • 税込価格:3,348
  • 出版社:河出書房新社
  • 発売日:2015/05/14
  • 発送可能日:1~3日
  • 池澤夏樹個人編集による日本文学全集。20は、本を愛し文学を愛した批評家・吉田健一の2大評論「文学の楽しみ」「ヨオロッパの世紀末」ほか、小説、随筆、訳詩など全19篇を収録する。解説・年譜付き。【「TRC MARC」の商品解説】

    批評という文学形式において近代日本が生んだ最も価値ある大作二つ。その傍らに巧緻な翻訳と機略の小説、洒脱のエッセーを配する。──池澤夏樹

英国に就て (ちくま学芸文庫)(ちくま学芸文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

英国に就て (ちくま学芸文庫)

  • 評価4.5
  • 税込価格:1,188
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2015/02/09
  • 発送可能日:1~3日
  • なにも絵画や彫刻、音楽だけが文化なのではない。あたりまえの日常にいちばん近い部分を発達させること。それこそが文化なのだ。吉田健一は、エリザベス朝にはすでに水洗トイレがあったことを指摘し、そこに実用性を重んじるイギリス文化の本質を見る。イギリスで他の芸術に比して文学が発達したのも、文化的であろうとしたからではなく、日常の言葉へのこだわりが、自然と、詩や小説というものになっていったからなのだ―。胡瓜の...

ピンフォールドの試練 (白水Uブックス 海外小説永遠の本棚)(白水Uブックス)

ピンフォールドの試練 (白水Uブックス 海外小説永遠の本棚)

  • 評価2.3レビュー:4件
  • 税込価格:1,404
  • 出版社:白水社
  • 発売日:2015/01/09
  • 発送可能日:1~3日
  • 転地療養の船旅に出た中年の作家ピンフォールドは、乗船早々、どこからともなく聞こえてくる騒々しい音楽や怪しげな会話に悩まされる。声はやがて作家の悪口となり、さらには襲撃計画まで…。姿なき敵に翻弄される小説家の悪戦苦闘を皮肉なユーモアをまじえて描いたウォー晩年の傑作を、吉田健一の名訳で贈る。【「BOOK」データベースの商品解説】

    転地療養の船旅に出た中年の作家ピンフォールドは、どこからと...

英国の青年 吉田健一未収録エッセイ (講談社文芸文庫)(講談社文芸文庫)

英国の青年 吉田健一未収録エッセイ (講談社文芸文庫)

  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,512
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2014/05/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 昭和12年から47年に発表された全34篇中19篇は、最初の著作『英国の文学』刊行以前の瑞々しい文章が光る。「現代文学における神の問題」は中期をなす充実の論考。名著『ヨオロッパの世紀末』前後の円熟期の「浪漫主義」「世紀末の文人たち」は最晩年への橋渡しとしても必読。その他、暁星中学の仏語教師「ストルツ先生の授業」や留学記「ケンブリッジの伝統の下に」等、魅力のエッセイ群。【「BOOK」データベースの商品...

おたのしみ弁当 吉田健一未収録エッセイ (講談社文芸文庫)(講談社文芸文庫)

おたのしみ弁当 吉田健一未収録エッセイ (講談社文芸文庫)

  • 評価5.0レビュー:2件
  • 税込価格:1,512
  • 出版社:講談社
  • 取扱開始日:2014/01/09
  • 発送可能日:1~3日
  • 該博な知識としなやかな鑑賞眼が紡ぐ、珠玉の文章を集成。三島由紀夫、伊藤整、矢田挿雲、プルースト、ゲーテ、オーウェル、マルクス論の紹介・書評から「お酒と講演旅行」「若き日の思索」「吉田内閣を弁護する」まで。単行本未収録文集。【「BOOK」データベースの商品解説】

    旅と味、若き日の回想、政治・社会批評からプルースト、ゲーテ、マルクス、三島由紀夫まで。戦後日本を生きた文人の骨太な肉声が聞こ...

葡萄酒の色 訳詩集 (岩波文庫)(岩波文庫)

葡萄酒の色 訳詩集 (岩波文庫)

  • 評価4.6レビュー:3件
  • 税込価格:972
  • 出版社:岩波書店
  • 取扱開始日:2013/06/15
  • 発送可能日:1~3日
  • 評論家、作家、翻訳家として旺盛な文筆活動をおこなった吉田健一(一九一二‐一九七七)。ベレイ、シェイクスピア、キイツ、ラフォルグ、イエイツ、ヴァレリイ、エリオツトなど、独自の審美眼で選んだ英仏の詩を個性的な文体で訳した詩選集。【「BOOK」データベースの商品解説】

    ベレイ、シェイクスピア、キイツ、ラフォルグ、イエイツ、ヴァレリイ、エリオツト…。評論家・作家・翻訳家として旺盛な文筆活動を...

ロビンソン漂流記 改版 (新潮文庫)(新潮文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ロビンソン漂流記 改版 (新潮文庫)

  • 評価4.0レビュー:19件
  • 税込価格:680
  • 出版社:新潮社
  • 取扱開始日:2013/02/27
  • 発送可能日:1~3日
  • 難船し、ひとり無人島に流れついた船乗りロビンソン・クルーソーは、絶望と不安に負けず、新しい生活をはじめる。木材をあつめて小屋を建て、鳥や獣を捕って食糧とし、忠僕フライデーを得て、困難を乗りきってゆく。社会から不意に切り離された人間が、孤独と闘いながら、神の摂理を信じ、堅実な努力をつづけてゆく姿を、リアリスティックに描いたデフォーの冒険小説である。【「BOOK」データベースの商品解説】

時間 新装版

時間 新装版

  • 税込価格:2,592
  • 出版社:青土社
  • 取扱開始日:2012/11/17
  • 発送可能日:1~3日
  • 人間にとって時の流れとはなにか。現代文明が狭く貶めてしまった時間の意味を深く考察し、ゆるぎない自由の境地に到る。透徹した人間論、文明論、哲学的思索の結晶にして、珠玉の箴言集。著者が晩年心血を注いだ代表作。〔初版:新潮社 1976年刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

変化 新装版

変化 新装版

  • 税込価格:2,592
  • 出版社:青土社
  • 取扱開始日:2012/11/16
  • 発送可能日:1~3日
  • 或る言葉、或る物、或る人間を時間のなかに照らしだし、「変化」の陰翳を楽しみながら、「変化」とはなにかを考え、生きていることの味を嚙みしめる−。著者の急逝により絶筆となった長篇評論。【「TRC MARC」の商品解説】

埋れ木 (河出文庫)(河出文庫)

埋れ木 (河出文庫)

  • 評価4.3レビュー:3件
  • 税込価格:972
  • 出版社:河出書房新社
  • 取扱開始日:2012/04/12
  • 発送可能日:1~3日
  • 生誕100年をむかえる「最後の文士」吉田健一が遺した最後の長篇小説作品。無為な日々を送る主人公が友人たちと時に飲み、語らいながら、急激に変貌していく東京を彷徨う。「ただ生きていればいいのさ、」と、自分に対して自分を偽ることなく、自在にして豊穣な言葉の彼方に生と時代への冷徹な眼差しがさえわたる、比類なき魅力をたたえた吉田文学の到達点。高く評価されてきた名品をはじめて文庫化。【「BOOK」データベース...

甘酸っぱい味 (ちくま学芸文庫)(ちくま学芸文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

甘酸っぱい味 (ちくま学芸文庫)

  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,188
  • 出版社:筑摩書房
  • 発行年月:2011.12
  • 発送可能日:1~3日
  • 毎年違う流行に身をつつんだり、評判のレストランに忙しく足を運んだり、時代の空気を自分の暮らしに取り入れてみたり—そんなこととは無縁に、不変の価値観のもと、動じることなく、かつしなやかに生きた吉田健一。近代化や戦争によって自らの愛した世界がなくなってしまっても、あきらめることなく、「ほんとう」の人間の営みが再び湧き起こってくるのを東京の片隅で見守っていた。そんな著者がおでん屋のあり方、大人のふるまい...

交遊録 (講談社文芸文庫)(講談社文芸文庫)

交遊録 (講談社文芸文庫)

  • 評価4.0レビュー:2件
  • 税込価格:1,512
  • 出版社:講談社
  • 発行年月:2011.7
  • 発送可能日:1~3日
  • 生涯に出逢った友達のことを順番に綴る交遊録。幼少の頃から親しみ、尊敬してやまなかった祖父・牧野伸顕、ケンブリッジ留学時代の恩師・ディッキンソンとルカス、文学の師・河上徹太郎はじめ、中村光夫、横光利一、福原麟太郎、石川淳、D・キーンら文士達、そして父・吉田茂。時間の流れの中で、成熟してゆく友情を見事に描いた名エッセイ。【「BOOK」データベースの商品解説】
検索結果 365 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。