サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 33件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.2
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/672p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-111710-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

海の史劇 改版 (新潮文庫)

著者 吉村 昭 (著)

海の史劇 改版 (新潮文庫)

税込 1,210 11pt

海の史劇

税込 979 8pt

海の史劇

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 1.4MB
Android XMDF 1.4MB
Win XMDF 1.4MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

日露戦争の名参謀、秋...

ジュンク堂

日露戦争の名参謀、秋山真之は 1868年4月12日に生まれました。
日本海海戦の勝利における、秋山真之の活躍については
かの『坂の上の雲』に描かれる。
そして、勝者の光の影には必ず敗者がある。

吉村昭がバルチック艦隊側から描いたこの記録文学を合わせて読むことで、
勝者の歴史だけで無い部分に目を向けるのはいかがでしょうか。

【折々のHON 2010年4月12日の1冊】

みんなのレビュー33件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

坂の上に雲はあったか

2009/04/09 23:47

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:拾得 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「第二次世界大戦であれだけ負けておいて、いまさら戦勝気分に浸れない」という、まったくもって時制を無視した感慨から、「日本海海戦もの」は意識的に遠ざけてきた。ところが、「戦艦武蔵」「陸奥爆沈」「海軍乙事件」「大本営が震えた日」・・・と、独自の戦記物を著わしてきた吉村昭氏が、日本海海戦をとりあげていたことを遅まきながら知って、あわてて手に取った。氏の姿勢は、声高に戦争を非難するわけでも、何かの「理由」を強引に探すわけでもなく、ただ「ひたすらに書く」に尽きる。それでいて読者を考えこませる。対象への知的誠実さとはこのようなことをいうのであろう。
 本書最大の特徴は、日本海海戦を日露双方の視点から交互に描いていることである。むしろ、主人公はロシアの第二太平洋艦隊の司令官ロジェストヴェンスキー提督だといってもよいだろう。新鋭戦艦を中心とする大規模な艦隊がフィンランド湾を出航するところから本書ははじまる。そして、彼が会戦の中で傷つき、「敗軍の将」の捕虜として生き残り、どのようにして本国に帰ったか、まで書き込んである。
 かつて参考書で読んだか、それとも何かの講義で聞いたか、「なぜ日本海海戦で日本が勝ったか(ロシアが負けたか)」の理由の1つに、「ロシアの艦隊は疲れていたから」というのがあげられていた。その時は「アフリカ大陸をぐるっと回ってくれば、そりゃそうだろう」くらいにしか思っていなかったが、本書はその「大航海」を丁寧に再現する。定期的に補給しなければならない石炭と食料、北方のロシア人には不慣れな暑さ、中立国違反という理由でゆっくりと停泊できない港の数々、日本海軍の待ち伏せへの恐怖などなど。少なくない兵士がこの途中で死んでいることも初めて知った。また、この航海そのものが一大事業であったことも改めて伝えられる。アジアに着いた時は、各国の新聞が賛辞を贈ったという。
 最近は、日本海海戦での連合艦隊の「丁字戦法」が取り上げられることが多いが、本書では最小限ふれているにすぎない。むしろ、戦争全体の細部を描くことにこだわっているようだ。二〇三高地での消耗戦やポーツマス講和会議はもとより、日露両国での捕虜の態度と扱い、三笠の爆沈、日比谷焼討ち事件、ロシア捕虜内部での兵士の暴動などなど、予想以上にさまざまなことが盛り込まれている。著者が書きたかったのは、「勝ち負けの理由」などではなく、この戦争そのものなのだ。
 本書は東郷の死をもって閉じられるが、その前に、敗軍の将二人の「その後」も記している。艦隊の提督ロジェストヴェンスキーは、軍法会議で無罪となるも官位は剥奪され、3年後に死亡。旅順の司令官であったステッセルは陸軍軍事裁判で死刑宣告。のちに減刑されシベリア追放。老いて紅茶の行商人になったという。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

史劇の語ってくれること

2016/01/18 07:33

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タヌ様 - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本海海戦に向かったバルチック艦隊の日本廻航が苦難に満ちたものであったことが印象に残る。
 吉村史劇ともいうべき、淡々とした叙述は「こんな風に彼らはやってきて、闘い、そして敗れ、捕虜は厚遇された」そういうものであるが、この海戦の意義を識る日本人ならではの期待感に違わないものとなっている。
 「坂の上の雲」の日本の勃興する姿との対比は鮮やかであり、大国ロシアが敗れる状況にあったことを密に描かれている。この相手があって勝負があったのだと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

太平洋戦争の悲劇に繋がる日露戦争

2019/08/02 21:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニック - この投稿者のレビュー一覧を見る

日露戦争とその戦後処理の様子を、とくに海戦におけるロシア側人物たちの人間描写もふんだんに混じえながら描く。国家観の未成熟な日本民衆が勝利に沸き、講和条件に憤激する挿話も随所に表し、この戦争に勝ってしまったことが、太平洋戦争の悲劇に繋がっていったことが理解できる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

海戦描写はもちろん抜群の読み応え、しかし海戦終了後の展開に多くを考えさせられた

2020/05/24 18:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:大阪の北国ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

『坂の上の雲』を読了し、ロシア目線の戦記も読みたくて手に取った。
戦記としての読み応えはもちろん、司馬先生の描写とはまた違うロシア提督の人となりに感動を覚えるシーンもあった(最後の捕虜帰国時の日本側への食事要求などは全くいただけなかったが)。
戦闘の激烈な描写に一気に引き込まれ読み進めていったが、海戦が終わったあとの講和条約をめぐる両国の立場の違いを最後の最後まで埋めようと努力した両国全権の姿勢にページをめくる手が止まらず、読んでる当方まで背筋が伸びる思いがした。
また司馬先生も批判的に記述している通り、当時の一部の新聞が講和内容を屈辱的とし、全権と政府を攻撃することへ民衆を煽ったことに腹立たしさを感じざるを得なかった。その中で多くの民衆が最前線で命をかけて戦っている兵士の存在を忘れ「戦争継続」を遠い世界のこととして叫んでいるが、「それなら自分が行って武器を持って戦ってこい」という冷却的意見を唱える新聞が何故出現しなかったのかという、当時の時代背景やマスコミの責任にやはり疑問を感じざるを得なかった。戦勝気分に酔っている中で国民総愚民化が始まっており、愚劣なその後の戦争を回避できなかったことに繋がっていったというのは司馬史観そのものだが、本書を読んで正にこれを再認識した。
自国ナンバーワンという対立構造の現在の国際社会において、再度愚民を顕現させないような深い洞察と思考が必要と考えさせられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

緻密な筆致

2016/12/09 15:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ME - この投稿者のレビュー一覧を見る

やや冗長な感はあるが、日露戦争の海戦から講和条約締結、その後の経緯が緻密な筆致で書かれている。『坂の上の雲』は起伏にとんだ筆致だが、本書は平坦な筆致が多い。その中で講和条約締結に至る日露全権の緊迫したやり取りは興味深かった。
同じ作者の『ポーツマスの旗』も薦めたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/11/17 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/22 18:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/22 23:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/04 23:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/08 13:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/03 22:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/21 17:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/29 19:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/15 00:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/27 02:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。