サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「人生と幸せとお金」ポイント5倍キャンペーン(~6/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

言海 復刻(ちくま学芸文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2004/04/01
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま学芸文庫
  • サイズ:15cm/1349p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-08854-7
文庫

紙の本

言海 復刻 (ちくま学芸文庫)

著者 大槻 文彦 (著)

〔初版:六合館 昭和6年刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

言海 復刻 (ちくま学芸文庫)

税込 2,376 22pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

読める辞書として絶大...

ジュンク堂

読める辞書として絶大な人気を誇る本書が、厚さ五センチメートルの文庫版で登場。必読!

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

辞書という名の「暗い森」をさまようということ

2006/10/25 14:01

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くにたち蟄居日記 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「言海」の著者である大槻文彦の人生を描いた「言葉の海へ」で本書を知った。「言葉の海へ」は 非常に感動的な本であり 読んだ途端に 本書を買いに行かせるものがある。
*
 字が小さくて見にくい、印刷も当時の復刻にてすれていること等 読みにくいことは確かであるが 「言海」の背景を知った後であれば そんなことは気にならなくなっている。改めて読んでいると これを一人で書き綴った大槻文彦の 躍動する精神が随所に感じられる。そう 本書は「読む辞書」なのだ。芥川龍之介などが「愛読」を告白した 一大文学でもあるのである。
*
 それにしても 本書執筆の苦労は 「言葉の海へ」に是非当たってほしい。近代初めての辞書を著すことが いかに 悪魔的な作業なのかがまざまざと分かる。それは「暗い森」で迷う姿を思わせる。

その上に聳える本書の価値は 比較するものが無いかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

言葉のちっちゃな宝石函

2004/06/17 11:09

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栗山光司 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今、拡大鏡を磨いている。老眼だけでは心許なく埃にまみれて引き出しに仕舞い込んだ安物の拡大鏡をやっと捜し当て息をかけながら磨いているのです。それもこれも、本書の魅力にフェチな、倒錯を感じて、拡大鏡で、もっと、もっと、知りたくなったのです。
 老眼だけでも、読めなくはない、でも、大仰な道具立てで読めば気分がもうワンランクアップして、言海の言葉の滴りが溢れ出る予感がしたので、今、一生懸命、拡大鏡を磨いているのです。
 
 1349頁の5センチのぶ厚さは子豚の愛らしさがある。印刷製本技術の進歩の証を再確認するにも良い。文庫になったからと言って、活字が小さくなったわけではない。明治37年に出た『言海』小型版の昭和6年の刷りをそのままの大きさで覆製したものである。これまで百年にわたり何百万人、何千万人かの人々が愛用したと言う。その積み重なった層の垢の匂いまで、五感を刺激しそうな、良くも悪くも、この国が詰まっているパンドラの函にも思えてくる。
 リアル書店でも平積されており、予想外に売れ行き好調らしい。重版を重ねて一万部ぐらいは売れてチクマ学芸文庫のヒット商品になってしまった。こんな覆製による出版のカタチは<私>的には大歓迎である。アンテナの向きを変えれば、発掘出来る本のデーターが、まだまだ、眠っている気がする。
 誰かがどこかで書いていたが、A版元で売れなかったB作家のものでも、版権を譲渡してC版元で売れば予想外に売れることがあるらしい。そんなダイナミックな組み合わせで過去の鉱脈から、ベストセラーは望まないが、そこそこに、末永く売れる本を発掘して、<消費者という読者>を楽しませて欲しい。そんな常日頃のぼくの不満なり要望が解消、叶えられた想いで嬉しくなって、老眼をかけた上で、拡大鏡まで、使って、読もうとしているのです。そう、この辞書は「引くため」のものでなく、「読む」ためのものとして、文庫として再生されたのです。

 無作為に引いてみる。いや読んでみる。
 たもとどけい(袂時計):時計ノ甚ダ小ク製造セルモノ、円く扁シ、衣中ニ持チテ、行クニ携フ。懐中時計。根付時計。ヲヅチ。

 「言海」はそんな世界の空間を表現する懐中時計かもしれない。セカンドバッグに電子辞書と対に携行してみようか、徒然に珈琲を飲みながら、取りとめのないことを考えています。

【葉っぱがアフォード・阿呆ダンス】

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/14 00:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/03 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/23 09:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/18 13:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/21 12:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/17 01:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/07 19:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ちくま学芸文庫 ランキング

ちくま学芸文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。