サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来(光文社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 356件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.9
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社新書
  • サイズ:18cm/231p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-03370-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書)

著者 城 繁幸 (著)

仕事がつまらない、先が見えない。若者が感じる閉塞感の原因はどこに? 3年で3割辞める新卒離職率、心の病を抱える30代社員の急増、ニート、フリーター問題…。若者の視点でいま...

もっと見る

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書)

756(税込)

若者はなぜ3年で辞めるのか?~年功序列が奪う日本の未来~

680 (税込)

若者はなぜ3年で辞めるのか?~年功序列が奪う日本の未来~

ポイント :6pt / 紙の本より76おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

仕事がつまらない、先が見えない。若者が感じる閉塞感の原因はどこに? 3年で3割辞める新卒離職率、心の病を抱える30代社員の急増、ニート、フリーター問題…。若者の視点でいまの若者をとりまく問題の核心に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

城 繁幸

略歴
〈城繁幸〉1973年山口県生まれ。東京大学法学部卒業。富士通を経て、人事コンサルティング「Joe’s Labo」代表。著書に「内側から見た富士通「成果主義」の崩壊」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー356件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

昭和的価値観が若者達の未来を奪う。『彼らを食わせるために,僕の人生がある訳じゃない!』これが若者の叫びである。

2006/11/03 05:55

18人中、17人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:問悶 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者は,ベストセラーとなった『内側から見た富士通「成果主義」の崩壊』で,成果主義の様々な問題点を指摘し,「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を発信し続けている方である。その彼が,「3年で3割が辞める」新卒離職率,「心の病」をかかえる30代社員の急増,ニート,フリーター問題・・・これらの社会問題に,共通した原因を見いだした。「昭和的価値観による年功序列というレールが崩壊したこと」に起因していると言うのだ。先の見えない社会の閉塞感,少子化問題や年金・社会保障問題までもが,その根底に「年功序列の崩壊」があるという。

 「辞められる側(会社側)」の論理は「わがままで我慢できない若者たち」というもの。不景気で採用が絞られる中,企業は「明確なキャリアプランを持っている優秀な新卒者」を人材として欲しい。「何でもやるので採用して下さい」という者は論外。しかし,先に述べたような優秀な人材は,「仕事に対する意識が高くなりすぎている」ため,入社後,希望していた業務と実際の業務にギャップがある場合,強烈なフラストレーションとなる。「自分がやりたかったのは,こんな仕事ではない・・・」と感じてしまうのだ。結果として,せっかくレールに乗ったのに途中下車となってしまう。「企業が認めた優秀な人材」の離職率が高いという企業のジレンマなのである。
 そもそも,新規採用者を増やせない現実には理由がある。『年功序列というレールに乗り,「現在上にいる人(高給をもらう人)」を守るため』なのである。以前は,「若いうちは辛抱しろ」と言われ,「40歳になったら蔵が建つ」「50歳になったら・・・」という話が実現されていた。そんな『年功序列のレール』に乗りたくて,「何でもやります。」が当たり前だった。しかし現在は,一生「下」のまま,「使われ損」で終わってしまう可能性がある。『年功序列のレール』は,ある日突然切れるのだ。そのような現実が,採用後3年くらいで見えてくる。『彼らを食わせるために,僕の人生がある訳じゃない!』これが若者の叫びであり,離職者を増やしている要因である。
 「年功序列」という切り口で,本筋からそれることなく論理が展開されているため読みやすく面白い。「日本の社会」は「若者にツケを回す社会」と著者は言う。これまで,政治家も,マスコミもこのことを取り上げてこなかった。それはなぜか・・・。政治家も,マスコミの有力者も『年功序列のレール』に乗っているからなのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

給料か、人間関係か、やり甲斐か

2006/12/13 22:58

9人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆきはじめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 前書きから、著者が30代前半であることをいきなり意識させられ、読み終わるまでそれは続きました。分野的にも表紙からしても、中高年の目で見た最近の若者観が述べられているものと予想していましたが、実は青年によるものだと知って、今度は若者の言い分だったのかと考え直しました。ところが、どちらも思い違いだったようです。
 本文では、若者側からの問題提起というよりは企業側の自己分析という雰囲気ながら、年功序列と成果主義が会社組織で実際にどう利用されているかを20代の若者向けに解説しています。そこには、高度成長時代の安定という幻影に惑わされず、若者には進むべき道を切り開いて行って欲しいというメッセージが込められていました。
 書名は中高年の気に留まるものですが、内容は将来を考える若者向けだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

イチ若者として。

2009/09/06 17:18

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ばー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 新書ブームだった頃に大いに売れた本の一つ。
 私はどうにもこういう社会系に疎いので未読であったが、100円だったので読んでみた。的確ではない書評、しかも時期を逸した書評になるので、若干の今更感を自分でも感じるが。

 この本のテーマは、「若年層の離職」というよりも、「年功序列制度」なのだろう。
 筆者は、年功序列制度が既に崩壊し、それによる不利益、負担が若者に負の影響を与えていると説く。成果主義を導入しても抜本的に変わっていないので、非正規雇用の増員、新卒採用減などを繰り返しても、負の連鎖は止まらない。
 そこで、我々は現在の昭和的価値観を見つめなおし、自分の本当の仕事の動機を見つけてはどうか、と婉曲的に最後を締めている。筆者は年功序列制度を完全否定するわけではない、と文中で断っているが、幾分操作的な文章である感は否めない。「仕事は根性と気合だ」的な体育会系のビジネス書とは真反対である。
 もとより上記のような主旨であるので、根源的な原因である不況への視点はほぼ無い。が、今の状態を大雑把に再確認し、更に若年層の離職率という卑近なタームへと目をつける点は優れていると思う。私のような門外漢で非常識的な人間にとっては、「なるほどね」と納得する場面が多かった。

 じゃあ実際はどうなのだろうか。
 私は80年代生まれで、徐々に景気が回復していると「された」時に就職した公務員だ。
 同期は前後の年を比べると多く、公務員を志望していた学生も多かったように思う。
 また、私の友人も公務員が多く、彼らの性格、私の交友関係にもよるが、民間に就職した友人よりも公務員の彼らの方が苦労が絶えないようだ。まああまり役には立たない情報だな、これは。
 入社(もしくは入庁)して2・3年足らずだから当たり前かもしれないが(というのが昭和的価値観なのだろうか)、彼らのモチベーションは低い。「仕事だから」という理由で毎日ひいひい言いながら、欝になりかけながらも職務に専念している。
 既に転職した人間もいるにはいるが、ごく少数のようだ。
 彼等(私も含めた)の願いは、「仕事をもっと早くできるようになりたい」、「今の仕事が嫌だ」、「人間関係が嫌だ」など。少なくとも本書で筆者が書いているようなことは誰も言っていない(腹の中は分からないが)。少なくとも、「仕事は嫌だけどやんなきゃならん」である。
 職場の上司も概ね、「仕事はしたくない」派である。ケースバイケースに偏るので恐縮だが、「この仕事は天職だ」という人間は本当に少ないように思える。

 これらの事実から何が見えてくるのか、私には分からない。
 
 ただ、私自身は筆者の主張に概ね賛成だ。だからこの本を読んだ。そして、満足した。
 
 自分をどの程度のレベルに持っていくか、また、その努力をするか。そして、自分がどれだけのレベルであるか「自分で」分かるか。個々人の問題とはいえ、皆が皆そうではないとはいえ、不断の努力は必要だと私は感じる。

 筆者の言うとおり、年功序列システムはもう限界なのだろう。だが、それを立て直す地力が、国にも、人にもあるのだろうか。普通の若者の一人である私は疑問に思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

年功序列システムの本質は「ねずみ講」だったのだ?!

2009/01/18 16:00

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SnakeHole - この投稿者のレビュー一覧を見る

刺激的な題名だが,中身は至極まともな論考。ま,かいつまんで言えば「年功序列」というシステムが壊れて久しいと言われていながら,人々の固定観念のなかにはそれが根強く残っており,そのギャップが意味するものに気づくと若者は将来に希望を失って会社を辞めていくのだ,というハナシである。……ちとかいつまみ過ぎたかな?

ご存知の通り,年功序列というのは「若いときは苦労しても年を経るごとにその苦労が報われていく」という就業スタイルである。業種によって差はあるが,若いうちは自分の働きによって会社が手にする利益の大半は自分の懐に入らない。年を経て階級があがると,若いときより多くの利益を会社に上げさせているわけぢゃないのに給料が上がる。言葉は悪いが年を取ると若いときの苦労に報いる意味で,その時点の若い人のアガリをかすめることが許されるというわけだ。

高度成長期からバブルの崩壊まで,この……言ってみれば江戸時代の丁稚制度の拡大型みたいなシステムがうまく行っていたのは実はシステムがよくできていたからではない。成長が続き,景気が基本的に右肩あがりで来たからである。著者はこのシステムの本質を「ねずみ講」だと喝破する。

「若いうちは我慢して働け,今によくなる」というのはつまり「そのうちお前がアガリをかすめることの出来る若い奴(カモ)が入ってくる」という意味であり,逆に言えば「新たなカモが来なければ永遠に自分が一番下,状況は絶対に改善しない」のである。よくおっさんたちは「今の若い奴はがまんが足りない」と言うが,「がまんしてればイイコトがある」というのがまったくの空手形になってると分からないおっさんの方が鈍いのだ……と,いうわけ。

ところで,かく言うオレも1983年に就職した最初の会社を1986年,つまり3年で辞めた口である。バブル崩壊前のことであり,「オレこそ3年で辞めちゃう若者たちの先駆者だ」と威張るつもりもないが(つうか威張っても何にもならないんだけどさ),今思えばあの時オレが考えていたのもこんなことだったような気がする。

今自分がやってる仕事がいくらになり,そのうちどんだけが自分の取り分,会社の取り分がどんだけで,どんだけが税金か,と考えることは(それを考えた末,年功序列を信じて会社を辞めないという選択をするにしても)結構重要なことだ。短時間で読める本である。当の若者だけでなく「今の若い奴はがまんが足りない」とお嘆きの貴公に是非お勧めしたい辛口のお酒……ぢゃないや,本であります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ベストセラー本。

2009/05/03 08:37

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:龍. - この投稿者のレビュー一覧を見る

ベストセラー本。

でも内容は、一般的とも言えるものです。

結論は、年功序列型の体系と中途半端な成果主義のはざまで若者の生き場がなくなっているということなのでしょう。

成果主義が必ずしもよいとは言い切れなくなっています。

たしかに業績に貢献する社員は出てきますが、一方でついていけない社員も増えます。

また、年功序列型の体系は、右肩上がりの経済状況を反映したもので、これも現代の状況にマッチしているものではありません。

しかも、「ゆとり教育世代」ともいえる現在の20代、30代は、「自分たちの権利主張」は強いものの「自分たちがやらなければならない義務」については逃げる、無視する傾向があります。

これから会社が、こういった若者を「戦力化」していくためには、もっと根本の部分から変えていかなければならないのかもしれません。

龍.

http://ameblo.jp/12484/

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

著者のお家芸である「成果主義と年功序列」からして,ほぼ予想できる内容。

2009/10/01 00:45

10人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BCKT - この投稿者のレビュー一覧を見る



はじめに 「閉塞感の正体」を見きわめる
第1章 若者はなぜ3年で辞めるのか?
第2章 やる気を失った30代社員たち
第3章 若者にツケを回す国
第4章 年功序列の光と影
第5章 日本人はなぜ年功序列を好むのか?
第6章 「働く理由」を取り戻す

著者は1973年(山口県)生まれ。東大(法)卒。富士通入社(97-04年(24-31歳),人事部)。株式会社ジョーズ・ラボ代表取締役。本書は著者が33歳の時の刊行。手許のは,三か月足らずで9刷の06年印刷分。ベストセラーに,『内側から見た富士通 「成果主義」の崩壊』。本書は著者が33歳の時の作品。


本書副題が本書の趣旨。目次を見て内容をつなげると,“新入社員の若者たちが3年で退社してしまうのは労働意欲を失ったからであり,意欲喪失の原因は年功序列が彼らにツケを回しているからだ”という論旨。中高年の賃金を若年層が稼ぎ出しているという構図だ。

「近藤君は28歳のフリーターだ。現在は都内で進学塾講師のバイトをしながら暮らしている。月収は15万ほど。家賃が6万円だから,決して楽な暮らしではない。/実は,彼は東京大学法学部卒という学歴を持っている。/卒業したのが24歳の時だから,留年して年を食いすぎたわけでもない。成績も学内で上位二割には入っていた。」(128-9頁)
「『給与も仕事内容も新人並みでかまいません。』/日本ではこういうアピールがまったく通用しない。」(144頁)

要するに,学歴優秀でも,年齢が年功序列の枠組み(新卒資格)に入っていなければ,新入社員にはなれないし,他方で,転職に満足しているのは1割で,年功序列の賃金体系が壁となってほとんどの企業には横滑り的には入れない現状を著者は指摘している。



本書のカバーしている範囲(量も含む)と,新書という性格,なによりも著者のお家芸である「成果主義と年功序列」からして,ほぼ予想できる内容。残念なのは,(新書という制約のためであろうが)何らデータ的な裏付けがなく,感想文で終わっていること。成果主義と年功序列の基本特徴の著者による定義もない。これでは,本書は優秀な若手の恨み言だともいえる。

著作として,また学歴的に著者に不満なのが,本書の構造が,水月『高学歴ワーキングプア「フリーター生産工場」としての大学院』と類似していて,破綻していることだ。最終章では,年功序列制度下でも頑張っている若者もいますよ的な結論が導かれている。論旨構造からして,こういった結論が出てくるのは破綻だろう。編集者にせっつかれたからだろうが,こういうハッピーエンドを狙うよりは,賃金構造(=年功序列)変革提案もしくは代案があるべきだろう。「働く理由」を取り戻す(第6章)とは,(若年)労働者層の主体的な意識改革の勧めなんだが,当該層の意識分析は本書には皆無だった。


僕はもう中年(おっさん)なので年齢的には著者の攻撃対象だが,本当に若年層には現在の中高齢層労働者の30年前的存在がいないのだろうか? 30年後には30年後の20歳代に同じことを言う可能性が当該若年層にはないのだろうか? 私も転職経験者なのでよく分かるが,日本社会では転職は試練だ。よほどの人生的決算を出していれば別だが,私のようなほとんどの凡人にとっては地獄への階段ではあっても,十中八九,天国への階段ではない。年金をはじめとして政府の労働市場(転職市場)変革政策には不満もある。ミクロで見ても,私の会社の50代には平気で「昭和的価値観」(209頁)で自分より若い同僚に向かって仕事を丸投げする馬鹿もいる。一方で,20歳代は,まぁまず無責任で世間知らずだ。職歴が短いから大した業績はない。仕事への自分の態度を平気で棚上げできる図々しさを備えている。相手の人当たりが良いと見れば,職歴も年齢も上の同僚に平気で説教を垂れることができる。少なくとも私の「昭和的価値観」では考えられない。


(1,553字)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/10/16 10:52

投稿元:ブクログ

年功序列について書かれた本。成果報酬型のベンチャーとの比較が参考になる。
自分の道を自分で切り開こうとする意志がないものは、人に使われて人生を終える

2007/06/09 19:24

投稿元:ブクログ

なんとなくのモヤモヤをクリアにしてもらった感じ。

感覚的には理解できていることを、人の文章でより明確化できる
って、半分気持ちよく、半分自分が情けなかったり。

「成果主義」の??
「年功序列は人に優しい」の??
「若者にツケをまわす国と企業」をわかりやすく解説。
これからの企業と役所が抱える問題を明らかに。
考えさせてくれる本です。

うちの会社もそろそろ、人の問題を考えないとね。
やっぱり、あそこに行って考えたかったな。

2009/02/21 11:17

投稿元:ブクログ

若者はなぜ3年で辞めるのか
やる気を失った30代社員たち
若者にツケを回す国
年功序列の光と影
日本人はなぜ年功序列を好むのか
 リヴァイアサン
「働く理由」を取り戻す
 コネクティ社

2007/05/25 16:58

投稿元:ブクログ

就活するにあたってよんどいた。



厳しい就職戦線を生き残ってきた
若い社員達は、その競争を勝ち抜くために
仕事とは何か、自分とは何かを
考え抜き、基礎能力を上げるというように
進化してきている。

しかし、そうした意気込みで入った会社では
あまりにもピラミッドの底辺からはじまる。

いずれ自分はピラミッドの頂点になれると
確信できれば(もしくは騙されていれば)
そのルーチンワークをこなすことも出来るだろう。

しかし
そんなものはもはや誰も保証してくれない。
給料だって上がる保証もない。

そしたらやっぱ辞めたくもなるよね。


僕らの世代は
日本が民主主義社会をむかえて以来
本気で何のために人は働くのか
考え出した世代なのかもしれない。

何のために働くなんて考えなくていい??
そんなこという人達は自分たちがただ
考えることを辞め思考停止していただけなのだ。

食べるために働くだけなら
生き物はみんなやっている。

衣食が足りれば礼節をしりたくなる。
それが人間だ。

2008/07/10 00:36

投稿元:ブクログ

 これから就職する私には面白く読めました。まだ内定先とかないけど、どっかで働くっていうことにあんまり期待をしない...って気持ちになった気がします。笑 でも面白く仕事したいよ〜

2006/12/10 02:08

投稿元:ブクログ

今の若者がいかに駄目かと問う本ではなく、若者に優しくない「昭和的価値観」による労働制度の根底を問う本で、若者の考え方に影響を与えてくれる。一億総中流の時代は終わった現在の競争社会で、いかに生き残るか。僕は別に仕事に愚痴をもらすほど不満は持っていないが、先を見据えて警戒心を持っておくことは必要だと感じた。年配の人々の利権よりも、今後の日本を考えるならば、若い世代に託すべきだ。

2007/08/07 10:14

投稿元:ブクログ

読了。年功序列に対する最近の20代の人の考え方をはじめとして、キャリアに対して、そしてその後の人生観などを取り上げている。年功序列という考え方に基づいた企業運営方式の限界と崩壊、そして国の誘導する誤った施策などに触れながら、今の日本が今後どうかわっていくのか、そしてそのなかでどのように状況を認識してキャリアや人生を考えていくのかを説いている。特に、「やる気を失った30代」の章については極めて共感する内容が多かった。ひとつのキャリア本として読むには若干弱いが、いろいろな本を読む中でも最近良く触れられているマネジメント不全の理由については、仕事で接する企業の方々を理解するのにも参考になった。

2009/10/19 00:54

投稿元:ブクログ

世間でよく言われる新入社員は3年以内に辞めることが多い・・・ということが基になって書かれた本。

「大企業に就職し、定年まで働き通せば、安定した生涯賃金が確保される」
といった、昔ながらの考え方を持った人が現在の企業の上司(上層部)であり、若者はそのような職場で輝くことができないって感じの本。

いつでも会社辞めても食っていけるように勉強しないと。。。

2011/09/04 01:17

投稿元:ブクログ

かな-り昔に買った本。やっと読んだ。
結構売れた本ですよね。

この本を読んでいる方の多くは若者だろう。
だが、本当に読むべきは、40歳以上の中高年の方々だろう。

それは、この年功序列が、実は昭和的価値観から来ているからだ。
つまり、年金制度と一緒。

要は、中高年が安定するためのツケをすべて若者に課している。
著者は、若い世代の犠牲の上に組織で中高年が安住するような年功序列システムを「ねずみ講」と呼んで批判しています。
ただ、これはいつの時代もそうだが、だまされる方も悪い。
外資系のコンサルティング会社で稼ぐ30代の言葉が心に刺さった。

「日本企業でのキャリアなんてわれわれはまったく評価しない。あれは本質的にはマックのバイトと同じだから。そういう仕事を自分の意思で何十年も続けてきた人間は、同情はしても評価はできない」。

正直、いまどき流行らないこの制度が未だに継続していること自体が信じられない。それを信じてる人たちも。

権限が能力でなく、年齢で決まる。
そりゃあ日の目を見ない下の人間は、いつまでたっても上がれないから辞めていく。

そして、おっさんだけが残っていく。

完全に少子高齢化の日本と、シンクロしてるなぁ。

僕が就職活動したのは、氷河期の2000年ですが、
そのときのグループディスカッションで、終身雇用の是非がテーマでしたが、否定の意見を述べたのは自分を含め2人だけで、残りの8人が肯定派だったことに当時はかなりの衝撃を受けたのを、なぜか思い出しました。

【目次】
はじめに 「閉塞感の正体」を見きわめる
第1章 若者はなぜ3年で辞めるのか?
第2章 やる気を失った30代社員たち
第3章 若者にツケを回す国
第4章 年功序列の光と影
第5章 日本人はなぜ年功序列を好むのか?
第6章 「働く理由」を取り戻す

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む