サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍(~8/21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 悲しみよこんにちは

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

悲しみよこんにちは(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 175件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.1
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/197p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-211828-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

悲しみよこんにちは (新潮文庫)

著者 サガン (著),河野 万里子 (訳)

セシルはもうすぐ18歳。プレイボーイ肌の父レイモン、その恋人エルザと、南仏の海辺の別荘でヴァカンスを過ごすことになる。そこで大学生のシリルとの恋も芽生えるが、父のもうひと...

もっと見る

悲しみよこんにちは (新潮文庫)

529(税込)

ポイント :4pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月11日(金)~
2017年8月17日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

セシルはもうすぐ18歳。プレイボーイ肌の父レイモン、その恋人エルザと、南仏の海辺の別荘でヴァカンスを過ごすことになる。そこで大学生のシリルとの恋も芽生えるが、父のもうひとりのガールフレンドであるアンヌが合流。父が彼女との再婚に走りはじめたことを察知したセシルは、葛藤の末にある計画を思い立つ…。20世紀仏文学界が生んだ少女小説の聖典、半世紀を経て新訳成る。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

今日は女優ジーン・セ...

ジュンク堂

今日は女優ジーン・セバークの命日。
17歳での鮮烈なデビューから20年余り、 1979年のことでした。
『悲しみよこんにちは』が、彼女のデビュー作の原作。
映画も小説も、永遠の名作です。

著者フランソワーズ・サガンもこの作品がデビュー作で、 18歳の時でした。

大人になりかけの少女が書き、そして大人になりかけの少女が演じたのも、
また大人になりかけの少女の、その無邪気な残酷性を際立たせるひと夏の物語。

【折々のHON 2010年9月8日の1冊】

みんなのレビュー175件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

サガン18歳の作品

2015/08/26 20:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とと - この投稿者のレビュー一覧を見る

まず、訳がいいです。これは、新潮文庫が出している「新訳シリーズ」の一つ。気負わず、変な当て字もなく、さらっと読める、いい作品。
中身はといえば、若い女VS年老いた女、や、若い女VS中年男、などなど、意地の張り合いがいい感じに表現されていて、本を読むページがどんどん早くなる。
これを18歳で書いたサガンはすごい。いい恋愛をしているときに読んでください。悲しい恋愛をしているときは、恋愛の不条理が身にしみて、もっと悲しくなる気がする。笑

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

けだるいような、切ないような。

2009/01/10 22:03

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:求羅 - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み終えたそばから読み返したくなる小説である。
ラストと冒頭で語られる「悲しみ」という言葉を、つき合わせてみたくて。

南仏の海辺を舞台に、若さゆえの無知と残酷さ、愛と陰謀を描き出した『悲しみよこんにちは』は、なんといってもそのしゃれたタイトルが印象的である。これは、ポール・エリュアールの詩の一節から取ったものだが、いまや出典元より有名だ。
好きな詩の一節を拝借、というのは文学少女なら一度は考えそうなもの。ただ、この言葉を完全に自分のもの(世界)にしているところに、センスを含めて作者の並々ならぬ力量を感じる。
観念の世界で生きていた感受性の強い少女が、生身の悲しみを知る。その感情を受け入れるに至ったひと夏を描いたのが、本書だ。

小説さながらのスキャンダラスな人生を送った作家・サガン。
『悲しみよこんにちは』は、彼女が18歳のときに書いた処女作である。デビュー作には作家のすべてがある、と言われるが、この若さでこの洗練さはなんなのだろう。
無邪気さと残酷さ、愛憎入り混じった感情、世の中の規範に対する反発心。それら思春期の少女の心理は、まさに同世代のサガンだからこそ書けたのだと思う。
とはいえ、感傷におぼれることなく、いたってクールに登場人物の心の動きを見つめるところなんて、とても十代とは思えない。
しかも、過去を回想するかたちで綴られているのに、現在進行形で起こっているかのような臨場感。少女が年上の女性の美しさに見惚れる場面は、スローモーション映像でもみているような鮮烈な美しさがある。

ところで、本書の翻訳が半世紀ぶりに生まれ変わった。
いまやフランスでもこんな享楽的に生きる父娘はお目にかかれないだろうが、太陽と海がきらめく夏の南仏にすっと入り込めたのは、読みやすい訳文によるところが大きかったように思う。
ただ新訳はともかく、なぜ寒さ厳しいこの時期に?これは、けだるい暑さのもとで開く一冊だと思うのだが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/09 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/29 21:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/21 18:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/19 12:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/12 01:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/06 15:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/31 22:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/07 02:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/21 05:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/13 07:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/20 18:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/13 18:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/14 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る